Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

春東京展示会 TEC と おまけ話

トランプの「神経衰弱」というネーミングにどうしても嫌悪感を覚える渋谷です。

息子4歳は、トランプで遊びたがります。 が、細かいルールのゲームはまだ出来ませんので
「絵合わせ」にあたる「神経衰弱」等を興じます。

しかし

ねぇ、パパ、神経衰弱しよ
という4歳の言葉にどうしても違和感を覚えます。

しつこいよう ですが、
神経衰弱 です。
ゲームというのは 本来楽しいものを指すと思いますので、
仕事が終わったあと、尚、更に、神経を衰弱させたくはないという意向があります。

が頼まれればもちろん興じます。
私が、手抜きは一切しないせいか、息子は案外強いです。



さて、どうでも良い話はさておかさせていただき
既に新作も続々入荷中ですので、最終回のTECだけ。

春東京展示会 TEC と おまけ話_a0150916_17394747.jpg


ここでは谷口眼鏡さん、三工光学さんなど、
福井鯖江の一流メーカーが集う展示会です。

が、ここでの補充はキッズ

春東京展示会 TEC と おまけ話_a0150916_17382548.jpg


gosh
オリジナルのカラーリングを用いれる、数少ないメーカー。
お子様の明るい表情が更に映えます。

春東京展示会 TEC と おまけ話_a0150916_17392258.jpg

入荷後、ぜひお試しくださいませ。



そして、心に残った話。

前回は「眼鏡屋(小売店)」のなり手が少ない、というお話をしました。

同様に、メガネデザイナーのなり手というのも少ないのです。

「アパレルはね、どんどん若いデザイナーが出てきて。ドメスティックな物も出てくるんですけど。ほら眼鏡ってデザイン学校ないじゃないですか?
とおっしゃったのはseaceret remedy小向さん。

続けて「外山(ush/seacret remedyデザイナー)が最若手、いうのもおかしな話なんですよ」とも笑いながらおっしゃっていました。
今はそれで良い、しかし、、これは長期的には、とても怖いことです。

メガネは作るときに少ないロットではできない。
だから、新規参入が若い人にはしにくい、

上記通り学校もない、教える人もいない。

こういうのって解決できないのかなぁ、と渋谷はぼんやり考えます。

あのピースと、このピースを合わせると。。。あ、いや、、まだちょっとたりなくて。
今年はかなり長期的な課題を与えられてような、気がした、東京でした。

by koji-shibuya | 2014-04-30 17:45 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2014年 04月 28日

春東京展示会 LESS THAN HUMAN

所謂、眼鏡業界の良い時代、というのは知らない、渋谷です。

渋谷は眼鏡屋になって10年。
眼鏡に限らず販売業全般ですが、
10年前が一番良くて、本年までずっと右肩下がりというのが 全体の傾向だそうです。

今年はついに底を打ったということで、これから期待も掛かりますが、

「雑誌に眼鏡が出たから、その眼鏡を50本 100本と同じものを売った」
という経験は社会人1年目の10年前で ギリギリひっかるか、かからないか、という世代です。

新鋭の弊社は
その一時代をつくったブランド様とはお付き合いがほとんどない、というが実情ですが、
弊社にも一つだけございます。


それがLESS THAN HUMAN
春東京展示会 LESS THAN HUMAN_a0150916_1182141.jpg


う、うん。。。というマークがついてます。

こんなマーク出しておいて、ですが、
キッズでも人気のLESS by Kodomo新色

春東京展示会 LESS THAN HUMAN_a0150916_1192370.jpg

も出てます。もちろんフルチェック済。


そして、本家LESS THAN HUMAN
春東京展示会 LESS THAN HUMAN_a0150916_11102294.jpg

その当時人気のあった品番の復活。

当時、雑誌を見て、「こういうトンガったの売りたいな」
などと、社会人1年目の渋谷は思ってました。

今はそういう時代ではないとはいっても、(当時はフレームに女性物の下着がついていたらしいですし。。)
一時代を作るフレームというのは、伊達じゃありません。
是非お試し下さい。



その後、
春東京展示会 LESS THAN HUMAN_a0150916_11124548.jpg

SLITさんですとか、
春東京展示会 LESS THAN HUMAN_a0150916_1113746.jpg

Gさんとかで、徘徊はしましたが、お付き合いがないので割愛。






以下余談ですが、

32歳の私で その良い時代をギリギリ知ってるか知らないかという世代。
つまり、それより若い世代は「まったく知らない」世代であり、

もっと申し上げれば
「眼鏡屋は仕事としては、儲かりはしないし、面白くもない。しかも辛くて、サービス残業満載」
という安易な認識を 若い方にはもたれやすい状況が続いています。

そんなものは「外だけで本質を見ない若者のせい」「根性がないんだ」
と、断罪するのは とても簡単なことなのですが、

いや、若い時って、そういうものだと渋谷は理解してます。

渋谷とて、上記通り雑誌でLess見て「かっこいいなぁ」と思い、「ウチ(当時勤めていた会社)こういうのないんだよなぁ。。。」と思い

某尊敬する販売店を見て「かっこいい!ああ、なりたいな」 と感じ、
大手から外に出ました。

成功者の一部分だけを見ての判断。
精査があまりに浅はかではありますが、実は動機はそんなもので十分だとも思います。
(実際、LESSはかっこよくて、尊敬する販売店は今もやっぱりかっこいいわけですから)


では、今後はどうするか?
それは

実はとても面白い仕事だ、という現実を魅せる。
しかない、と思ってます。

私は楽しいし、外向きに楽しそうにしなきゃダメ。
贅沢はしなくてもいいけど、別に困ってもないよ、という姿は見せなきゃダメ。

楽な仕事ではないけれど、極端に体を壊すような仕事ではないし、
60歳引退が決められる職業ではなく、むしろ60歳超えないとできない販売というのがあります。

しかも
こちらがお代を頂いているのに、それがよく見える為のものだから 時々
「ありがとう、本当に助かったわ」と言われるような仕事で

何よりも
そしてやや俗的にいうと「ちゃんと家族と自分が、食べれる仕事だ」と。

今回の展示会でも、そんなことは何回かお話し、
多分、最若手に位置する弊社は責任重大、とも思ったりもしてます。

理想的には、高校生、大学生のみなさんの、口から
「俺(私)眼鏡屋になりたいんだ」という声を聞くこと。
そうなれば、業界はとても安泰です。


次回東京展示会最終回。

by koji-shibuya | 2014-04-28 01:10 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2014年 04月 27日

春展示会レポート seacret remedy/DJUAL

そろそろ、新作のご紹介も差し上げたいので、どんどん行きます。



お次は目黒川で行われた
春展示会レポート seacret remedy/DJUAL_a0150916_1017053.jpg


seacretremedy/DJUAL


まずはseacret remedy
春展示会レポート seacret remedy/DJUAL_a0150916_10185398.jpg


過不足なくて、もしっかりレメディー。

春展示会レポート seacret remedy/DJUAL_a0150916_10305075.jpg


今回の展示会で大人用としては唯一
春展示会レポート seacret remedy/DJUAL_a0150916_10311329.jpg

全部ください、とご注文。





そしてDJUAL

今回は
春展示会レポート seacret remedy/DJUAL_a0150916_1032146.jpg

ブロー。

春展示会レポート seacret remedy/DJUAL_a0150916_10323444.jpg

すこし潰れた円形(デザイナー柳さん談 そのまま引用)

サークルやブローが流行っているのは間違いないのですが、
「かけている人が少ないし、敷居が高い。。。」というのはあると思います。

渋谷などは、 「誰もしてないから、いいんじゃないですか」「東京とかじゃ見慣れすぎて、逆にかけれない」

とか思う、奇特な人ですが

ブローはもちろんですが、このサークルは是非「初めてのサークル」にご使用いただきたい形。

是非お試し下さい。
実際、サークルなどはかけると、もう外せません


その後、いくつか展示会は回りましたが
春展示会レポート seacret remedy/DJUAL_a0150916_10362847.jpg

お付き合いがありませんので、割愛。

そして再度渋谷へ。。。

by koji-shibuya | 2014-04-27 10:37 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2014年 04月 23日

春展示会レポート Rumble(ZEAL・immature)

販売業で重要なのは
「時として、自分捨てて、どこまで馬鹿になりきれるか」
だと思う渋谷です。

上記は実はとても真面目な話なのですが、
そうでもない部分においても、確認がとれて(?)とてもスッキリしています。



さて、展示会レポート、あまり長々とするのも。。。ですが、
あと2,3回はお付き合い下さい。

今回は

春展示会レポート Rumble(ZEAL・immature)_a0150916_972585.jpg

Rumble

渋谷が思うに、もっとも肩の力を抜きつつ、
ゆったりお話ができる展示会です。

最初がAKITTOが展示会スイッチオンだとすると、Rumbleはスイッチオフ(?)
みたいな感じです。

まずは、ZEAL
春展示会レポート Rumble(ZEAL・immature)_a0150916_9111993.jpg

春展示会レポート Rumble(ZEAL・immature)_a0150916_9113063.jpg

展示会限定VERO2nd もちろん入荷ございます。

他も、ZEALの現物確認ができるよい機会なので吟味。
面白みのあるフレーム、新作。続々入荷します。




そしてimmature
ここでは私の心のボス三須さん(immature職人・ショップ 島根 グラスバレオーナー)から
「あ、社長。いらっしゃいませ」
社長弄りが恒例。

さすがに、就任後にお知り合いになった方に、社長と呼ばれることには慣れましたが
就任前、もっとずっと若く何も知らない頃からお付き合いいただいている方から仰られると
とても気恥ずかしいです。


新作は
春展示会レポート Rumble(ZEAL・immature)_a0150916_9164211.jpg

すごくソリッド。

あえて機械磨きを少なくし、手磨きを多くすることで、角が丸くならないフレームになっています。
小ロット ハンドメイドだからできる造形です。

デザインは、もうすぐ個人用として納車となるあの車の
スパルタンな部分からイメージをした、とのこと。

納品が、楽しみすぎます。

by koji-shibuya | 2014-04-23 09:20 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2014年 04月 21日

春展示会レポート Lafont

春展示会レポート Lafont_a0150916_1452054.jpg

渋谷on渋谷ヒカリエです。 渋谷です。

本当は写真には顔もあったのですが、
縦長で、ブログ全体の幅をとるため、カットverにしたところ、
前頭部が気になる仕様になりました。

大丈夫です。
まだ、美容院では「髪の毛おおいですね」って言っていただけます。





さて、ヒカリエで行われているのはCOME
春展示会レポート Lafont_a0150916_14551164.jpg


弊社ブランドではLafont。

まずはキッズ
春展示会レポート Lafont_a0150916_14561492.jpg

春展示会レポート Lafont_a0150916_14562769.jpg


相変わらず、日本製では作りにくいカラーリング、シェイプをピンポイントで表現してくれます。
まだ全バリエーションは、展示されていませんでしたので、全ての発注は5月大阪で、となります。



そして、大人
春展示会レポート Lafont_a0150916_1459593.jpg

絶対に外さない造形。

インポートがほぼないノイエにとって、
「それでもLafontだけは」と入れた理由はここにあります。

運動靴じゃなくて、ハイヒール。
機能美ではない「純粋美」
また楽しんでいただけるフレーム入荷いたします。


こちらのCOMEではその後、あれこれブランドは拝見してますが
そちらは割愛。

そして同じ渋谷で行われているRumbleへ。

by koji-shibuya | 2014-04-21 01:30 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2014年 04月 20日

春展示会 レポート AKITTO

東京展示会は、最近は「渋谷」での開催が多く

「渋谷on渋谷」というベタな写真投稿を、数度
しかし既に本人が若干飽き気味でして

「もうこれで最後にします」と発言すると、
「負けないで!!」という声援をいただいた渋谷です。

私としたことが、自分自身に負けるところでした(?)

暖かい業界関係者のI様 ありがとうございます。
また来秋、 渋谷、もう少し頑張ります(?)




さて遅れましたが、渋谷、東京の展示会に行ってきました。
3日間。

正直3日目はあまるかなぁ?という感じでしたが、会場に行けばそれはそれ、
取り扱いブランド以外はレポートはできませんが

色々いい物みせていただき、今後の展開に有効な情報を得てきてます。



そしてAKITTO。

展示会ではAKITTOを皮切りに各ブランドを回るということがパターン化しています。

それは、

今この形態の店になった経緯のブランドであり、
ブランドとして単純に基幹になるので最初に見たい であり
性質から、華やかな気分になり「そうだ!今日から展示会だ!」のスイッチ であったりもします。


春展示会 レポート AKITTO_a0150916_1101836.jpg

入場してすぐに
「あ、メジャーリーガー来た!」
「メジャーリーガーさん こんにちわ」
「よりメジャーリーガーっぽくなりましたね」

単語『メジャーリーガー』の多投入のデザイナー川上さん、と奥様。

※メジャーリーガー=太ってしまった渋谷を最大限賛辞する川上さん夫妻の形容語



シャンパンをこちらで頂くと、後歩けないという過去の経験から(?)
すごく可愛い、りんごジュース頂いてます。



そして新作。
春展示会 レポート AKITTO_a0150916_11171862.jpg

人気のあるfitnessシリーズの サングラス

あの軽さ、でAKITTOシェイプのサングラス。
正直欲しかったラインです。



そして、フレーム
春展示会 レポート AKITTO_a0150916_11173622.jpg

名番 beeのメタルタイプ。

サイドの構造は、初期的にuty等で渋谷が導入の決め手にしたカタチ。

さすがにこのカタチは模倣品が増えすぎて~~、というのも事実ではあるのですが、
本家は本家。1枚も2枚も質感が違います。
入荷後是非見ていただきたい。



そして
春展示会 レポート AKITTO_a0150916_1195765.jpg

AKITTOだなぁ・・・というシェイプ。とカタチ

サイドは
春展示会 レポート AKITTO_a0150916_11103889.jpg

控えめではありますが、非常に綺麗な造形。
質感は写真では伝わらないので、入荷後、是非ご覧下さい。


あと恒例のラスト1コレクションからも、当店では人気があって、既に在庫ない品番も補充。
楽しみにしていてください。

あまりの出来に速攻チョイス

そして、渋谷は渋谷ヒカリエに向かいました。

by koji-shibuya | 2014-04-20 11:15 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2014年 04月 13日

ゴールドを選ぶ勇気 と 恩恵(二見)

展示会前まで髪を切るのを我慢していた渋谷です。

そこに立つ自分は、
まがいなりにも社の代表として出ています。

なので、
カッコよくすることは不可能でも、一応身だしなみは。。。などとは考える年にはなりました。





さて、15日からの展示会前、最後の投稿は
二見ノイエでは、地味ながらも常に売上上位のドゥアン。

そして初入荷のゴールド

ゴールドを選ぶ勇気 と 恩恵(二見)_a0150916_1018883.jpg



こちらのブランドを、どの世代の方向けの商品と考えるか、によって、
このカラーは入れるかどうか悩みます。

ゴールド。
変な話ですが、メガネとしてはありがちな色ですが、
弊社店舗ノイエキッズではもっとも少ない色といって構いません。

理由は「そのカラーリングイメージが 紳士用だから」



同時に、このカラーをどう うまく使うか?
最近申し上げ続けていますが、渋谷のメインテーマだったりします。

「年齢が上に見える、というイメージをデメリトットイメージではなく、メリットイメージに見せる」
つまり「余裕があり、気品がある、大人であること」


ゴールドを選ぶ勇気 と 恩恵(二見)_a0150916_1022331.jpg

まずは、過不足のない、形でなくてはいけません。

造形も、ぼんやりとはしてはダメ。でもとんがり過ぎもダメ。
シャープで、雑味のない造形。


ゴールドを選ぶ勇気 と 恩恵(二見)_a0150916_10244065.jpg

主張性は、派手すぎず、しかし鮮やかに

道具としての要素は、最高のかけここちであり、高い耐久性であること。


累進レンズももちろん可能。



全ての要素を兼ね備えると
「若々しさ、ゴールド」
これはあると思います。

是非お試し下さい。

by koji-shibuya | 2014-04-13 10:26 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2014年 04月 09日

プラスチックフレームの必定

ついにモバイルPC買いました 渋谷です。
プラスチックフレームの必定_a0150916_12491360.jpg


正確には、一応PC作業もできるタブレットというのが正しいようですが
このレベルでも十分使いこなせていませんので、これでもオーバースペックなくらいです。

でも、店のPCのほうが画面大きくて使いやすいです。





さて、タイトルのプラスチックフレーム
本日は、2度同じ依頼にていただきました。

「つかっていないけど、なんか曲がっているみたいなの」
とのこと。

プラスチックフレームの多くにあたるアセテート。
これは、実は場合によっては、感覚的には高確率で
「触らなくても、曲がります」

各社曲がりにくい工夫や、曲がりにくい素材の合わせ
眼鏡屋的には、曲がりにくいように加工など、いろいろしてはいますが

「元が綿花 の可塑剤が入った樹脂」である以上、大なり小なり。。。はございます。

お店においてあるフレームも時々補正をかけているという事実もございます。

その補正ですが、ご自宅でされたい!というのは承知いたしておりますが
まげてお願いいたします。ぜひお持ちくださいませ。

今日はそんな、小話でした。

by koji-shibuya | 2014-04-09 12:58 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2014年 04月 06日

先月の一番記事

どうも、鼻の下が真赤の渋谷です。

花粉症で鼻がつまる⇒口呼吸が増える⇒喉が痛む⇒繋がっているので鼻も痛む
⇒更に鼻水の出方が悪化⇒鼻をかむ回数が増える⇒鼻の下が荒野

というありがちなパターンに陥っております。

『真赤』『荒野』
言葉自体は、なにやらかっこいいのですが、
内実はとてもかっこ悪いことになっております。





先月の一番記事ですが
もはやポールポジションが定位置となっているAKITTO
でした。

やはり評判いいです。

是非お試しくださいませ。

by koji-shibuya | 2014-04-06 11:47 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2014年 04月 02日

二見ノイエとノイエキッズ の 子どもメガネ在庫状況

世の中には、コンテンツとしての流行り方が二つあって

「流行った年齢が加齢すると、コンテンツ自身もエイジングして ずっとついていく手法」

「流行った年齢が加齢したら、次の世代で勝負する。コンテンツ自体はエイジングしない手法」

後者はアニメ「アンパンマン」 とでも申し上げましょうか。

惜しまれながらも、3月で終わったお昼のあのテレビ番組は
後者のように見えて、実は、揺るかやな前者であった為 終了を余儀なくされた、
という部分はあった、と見ています。


ノイエキッズが後者なのは間違いないのですが、二見ノイエはどうかな。。。と考えます。

贅沢にも全方位型なんていうパッケージングには、いずれ無理が来るとは本当に思っています。
しかし、それを可能にするほど弊社扱いのブランドは奥行きがあったりします。

後者にしても、ではどの年代と共にエイジングするのか、
とても難しい問題です。

いつも、そんなこと考えています。






その二見とキッズ。

キッズでは公式ホームページでも記載があります通り約700本の在庫を誇ります。
「キッズ用」という意味では、ほぼ網羅していると自負しております。

そして、二見。
現状は「明石キッズでは人気があった品番」を中心に約200本の在庫がございます。
そして、その「人気があった品番」は概ね「強さ、装用感」重視のものです。

ですので、そちらを重視されるお客様には、
ノイエキッズほどではないにしても一定以上のご提案ができるかと存じます。

が、逆に、
「かっこよさ、かわいさ」重視であれば、ノイエキッズに大きく軍配があがります。

是非双方の店舗を上手くご利用いただけましたら、と思います。

by koji-shibuya | 2014-04-02 15:02 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)