Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 21日

岡山 展示会&レンズ勉強会&小売店研究会

岡山展示会に行ってきました。
理由はヤブシタさん(眼鏡卸兼メーカーさん)の展示会+NIKONレンズ勉強会+小売店研究会の為です。
こちらがその展示会の様子。
a0150916_9241699.jpg

画像上はお昼中であまり人がいないように感じますが、かなり混み合っていました。
スペースとしてはそう大きな物ではありませんでしたが、私の担当、岡山営業所所長Uさん(いわば今回の一番のホスト)も目を血走らせなふがらバタバタしていました。ご苦労様でした・・・。

さて忙しそうなUさんをほっておきながら(?)一人で自由に商品をみてきた店長ですが
今回は小スペースながら、「EGFとも同レベルの商材発掘」ができましたので、また入荷次第こちらで紹介致します。もちろん既存ブランドの新作も続々入荷しますが、特に新規獲得ブランドが凄いです。
是非ご期待下さい。(買いすぎ・・・ですねぇ・・・以後控えます・・・)

次にNIKONのレンズ勉強会
岡山には眼鏡を見に行くけど、同時開催だし、ついでだし(失礼)話を伺おう。とか思っていきました。
当初NIKON担当さんも「そんなつもりでもかまわないので、ぜひ来て下さいね」という感じでした、
甘かったです・・・
こちらも凄い人、ついた時にはもはや満員、イスを後ろのスペースに無理矢理置かしてもらい拝聴しました。
普段はHOYAのレンズがメインの当店ですが、お客様からどう違うの?ときかれれば答えれないといけません。また、レンズそのものだけの問題ではなく、会社自体がどういう考え方なのかということが店長の中では重要なことなので、触れることは重要です。お金とモノのドライな関係ではなく、人同士の問題であると店長は泥臭くも、考えます。同時に、これは完全な受け売りですが、「眼鏡業界は、メーカーも卸も小売店もエンドユーザーであるお客様も幸せになれなければ何かが間違っている」とは店長も思います。

次に小売店研究会。基本的に店長はその会に会費を払っていないので「飛び入り、無理矢理参加」したわけなのですが(本当におじゃましました)、これがまた、凄いメンバー。
所謂各方面での一流店の代表・責任者の方々、ヤブシタ社長・会長、各営業所社長、責任者でいっぱいでした。
何故か、自己紹介が回ってきたのですが、「正直何話して良いのかまったくわからなかったので」

「自分は今日のメンバーではおそらく一番若輩だが、若いということはそれだけで純粋なパワーだと思います。また年齢がいっているというのは経験という強い力を持っている。ということは若くて経験がある人間は最高なんだと思います、是非私に知恵を頂きたく本日無理やり参りました。よろしくお願いします」
と今考えるとどうしようもなくらい「無礼な挨拶」をしてしまいました。
お許し下さい・・・

でも逆に「何だ、この茶髪の小僧は?」と思って頂けたようで、また話すと「ああ、本当に眼鏡好きなんだね」ということが理解して頂けて(じゃなければ、ただのイタイ奴になるところでした)よかったような、やっぱり失礼したような感じでした。

「もういい加減、小売店同士がいがみ合っても仕方がない、助け合えるところは助け合う。お互いを高め合う」
との目的の為に作られた研究会です。

店長の理想に近く、充実した時間でした。延々と熱く語りすぎたY先生・中部営業所長Sさん(また酔っぱらって話の流れでSさんが興奮して電話しちゃったデザイナーM様、本当すいません)、社長Yさん、また皆さん本当にすいませんでした、そしてありがとうございます。

追記
のどぐろ(魚、正式名はアカムツというらしいです) 
黄ニラのお寿司(テレビで岡山でしか食べないと言うのをみて凄い気になっていました)
両方初めて食べましたが、ものすごくおいしかったです。
タコは・・・おいしいけど、明石のタコの方が店長は好きです。

by koji-shibuya | 2010-05-21 10:19 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2010年 05月 17日

ジュニアフレーム強度 パート2

その大分別でいうところの、第3のパターンとは
どんなフレームであれ、お子様はフレームを壊す事」を前提条件においたフレームです。

その中での小分類では2つあって、
1つは眼科の先生からは時々フレーム指定のあるコーキ(KOOKI)

こちらの商品は
「各部品を単品で注文できる」為、
お子様のサイズ的なカスタマイズもできます。(そのあたりが指定のある理由の一つだと思います)
そして今回の本題である
壊れたときに壊れた部位のみの注文ができます。
壊れることが多い鼻パッドの部位の場合、前枠を替えないといけないので「定価の半額」です。
売価の半額ではありません、定価の半額です。修理の方が安いですね・・・

こちらはノイエには数本あります。ちなみそれはサイズカスタマイズはできません(やればできるのか・・・聞いてみます、そのサイズカスタマイズには少し懐疑的)
でもサイズカスタマイズできるコーキは、基本的に素性の良い商品だとは思います。


もう1つは非常に安価な商品、所謂セット物です。

KOOKIの部品代ぐらいでフレーム一式が買えたりしますので「壊れること前提なら確かに経済的」です。
でも店長的には「これはお子様にはまずいだろう・・・」という商品は非常に横行しています。
商品自体がダメという理由でなくても「お子様の使い方にはきっとついていけない」という商品が多いです。
こちらはノイエにはありません。

何がよくて、何がダメなのか、これは非常に難しい問題です。
前回の光と影と満足度ギミック付の話です)の話のように
当店のやり方が全て正しいとはとてもじゃありませんがいえません。

ただ店長の考えでは
第一義 壊れにくいこと
僅差で第二義 オシャレな事
であって、「壊すことを前提」は第三か、またはそれ以下です。

しかし
大人に比べればでも壊れやすい状況におかれる事、これは十分に含まねばなりません。

是非ご相談下さい。私の考えでよろしければ全てお伝え致します。
正しいかどうかは正直を言えば、わかりません、きっと誰にもわかりません。
だからこそ、重要な問題です。真剣に一緒に考えさせてください。

尚、明日から店長は3日間いません。理由はまたアップ致します、が
1日は公休ですが2日は仕事です。
でもまた「どこに遊びに行ってたん?」と喫茶店常連さんにいわれそうです・・・。
「(眼鏡で)遊んでるけど、遊んでませんよ(?)」です。

雑談(眼鏡とは全く関係ない話)も、別に絶対しないと決めているわけではありませんのでまた何かあればアップします。

by koji-shibuya | 2010-05-17 14:45 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2010年 05月 16日

ジュニアフレーム強度 パート1

「君のブログには雑談がないよね」と指摘されました店長です。
または、
「なんでも眼鏡に繋げようという根性は認めるけども、そろそろ人格を疑われるよ?」と心配された店長でもOKです。

確かに・・・
他店の眼鏡屋さんのブログも覗くと
「基本眼鏡関連の記事 時々○○行った、とか、○○食べたとかいう日常の記事」という方が多いようです。
その点店長は
バンクーバーオリンピックの時ですら眼鏡の話に繋げていました。

「凄い商魂、そして眼鏡に対する純粋な執着、結果としての人格に対する疑いの可能性
納得です。



そんな店長、今日も眼鏡の話題です。しかも二回に渡ります。

当店はジュニア用フレームが多いお店です、とは何度か記事にしました。
そこで何かのアクシデントでフレームが曲がり、その調整時、時々仰られることなのですが
「何度も調整にくるのは面倒。というかこれも形状記憶合金じゃなかったっけ?特に鼻元もっと曲がらないフレームはない?」
との旨を聞かれます。

一つずつお答えすると

・何度も調整にくるのは面倒
→本当に申し訳ありません、でも時々見せて頂いた方が店長的には安心ではあるのですが・・・でも申し訳ありません。

・これは形状記憶合金じゃなかったっけ?
→仰るとおりです。ただフレームの全てを形状記憶合金にするとレンズ自体はまらなかったり、グラグラの眼鏡になったりしますので、必要箇所が形状記憶合金です。

・鼻元もっとまがらないフレームはない?
→申し訳ありません、当店にはございません。ただこれぐらい曲がる勢いで何かにぶつかっていて、逆にもし曲がってくれなかったら、鼻に刺さっていると思います。車の事故対応装甲みたいなものでしょうか?あえて曲がりしろがあります。(このあたり店長的解釈が多分にあり、少し誤解を生む場合があるので慎重にお話しします)
重要なのは、素材が何か、何度も戻してもとれにくいしっかりした溶接(ロー付け)をしてあるかだと思います。

となります。
そういう考えの基「強さを重視したフレーム」も常時おかさせていただいています。

「強さ重視フレーム」と
前回のGOSHミキハウスのような「オシャレ重視フレーム」と大別すると、当店には2パターンのフレームがあります。

ただノイエにはあまりないだけで第3のパターンが存在します。
それはまた次回とさせていただきます。

by koji-shibuya | 2010-05-16 16:54 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2010年 05月 14日

ギミック付 

眼鏡はよくも悪くも自由な業界です。
また店長はその自由さがこの職業を愛する理由です。同様にダメだな、と思う部分もあります。

前述の認定眼鏡士国家資格化論議の時も似たような理由から私感を述べていました。

そんな自由な業界の為いろんな商品があります。
例えば
勝手に「ギミック付」と呼びますが、古くは「バネ丁番(眼鏡の手が外側に動いてバネの力でもどる仕掛け)」のような、なにか仕掛けや動きが付いた眼鏡は沢山あります。

ただ良いところがあれば悪いところがあるのが世の中の常です。
バネ丁番で言えば油をさす必要があったり、中のバネが切れたりすると「二本の手では治すのに往生」したりします。

他社の製品で言えば

W社の鼻パッドが上下に動くことで遠近両用の必要な距離な部分を目の前に持ってくる商品。
画期的です。ただしフィッティングは?上げた時(手元見るとき)の見た目がとっても格好悪いということもありますし。でも使いこなせば確かに画期的。

V社の耳の後ろがワンタッチで巻き込んでくれる商品。
確かにずれません。でもしつこいようですが、フィッティングは?あとは値段が高い。600円のズレロックで対応できるのに・・・とかもあります。

でも両方とも(特に後者)お客様によっては「最高なんだよ、これ、お宅ないの?」とか言われることもあります。もちろん置かない理由も説明は致します。

全ての商品は光と影があり
その光がお客様に適していれば、どんな影を持とうとお客様にとっては最高の商品
だと思います。
このあたり男女の恋愛関係に似ていることから「眼鏡選びは彼氏(彼女)選びみたいなものですよ」という眼鏡屋さんを知っています。なかなか、面白く、的を得た見方だとは思うのですが、いかんせん、店長が言うととっても気持ち悪いので口が裂けてもいえません。

さて本題です。皆様は「ドライアイの方向けの眼鏡」ってご存じですか?これです。
a0150916_1458627.jpg

ノイエにはありません。あしからずです。これは名古屋眼鏡さんのカタログです。


形状で近い物で言えば花粉症用眼鏡や、白内障等術後用眼鏡に近く、その上部に水をためるタンクがついています。それで目の回りの保湿を高めよう、と・・・・

最初見たときはインパクトが強すぎて声でなかったです。
でも、効能効果がずっと気になっています。

もしドライアイの方でお使いの方がいらっしゃったら、レポート下さい。
当店のコーヒーでしたら店長権限でサービス致します。

業界は自由でやっぱりいいと思います。
こういうある種の奇抜な発想の元、「これはすごい・・・」というものが生まれると思います。

by koji-shibuya | 2010-05-14 15:10 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2010年 05月 12日

(予告) ルディプロジェクト 日本限定モデル

a0150916_124695.jpg

露出してOKですというルディプロジェクトさんの許可
そして「ノイエ予約分とれました」の確認がとれました、ので発表致します。
作成画像が少しやっつけっぽいのは「画像作成素人店長作成」だから、とあくまで予告なのでお許し下さい・・・。

ルディプロジェクト日本限定モデル エクセプション 予約完了」しました。
全国で各100本限定 そのうちの各1本が当店にも来ます!!
「ちょっと遅れた注文になり、もしかしたらこないかも・・・」と思っていたのですが、予約なんとかとれました。


今回の限定モデルはエクセプションなので眼鏡屋さんにしかありません。
フレーム色は人気のフローズンクリスタル テンプルラバー・鼻パッドはレンズカラーに合わせた仕様となっています。
レンズは画像上がレーザーブラック 画像下がレーシングレッド 各にクリアレンズが付属です。
販売開始時期の夏にぴったりな一本となること間違いなしです。

もうルディさんには在庫はあまりないとのこと、
ですので入荷したその各1本のみしか手にするチャンスはありません。

入荷予定はまだ未定ですが、入荷次第また投稿致します。


現在のルディ在庫状況
a0150916_1222313.jpg

マグスターとジオンが欠品中です。特にマグスタークリスタルは欠品がかなり長い・・・
担当Sさん曰く
「世界的人気で・・・入荷のお約束はできません・・・」とのこと。
注文自体かかっていますのでこちらも入荷次第アップ致します。

クリスタル・クリア系のフレームは本当にかっこよく、人気があります。
今回の日本限定エクセプションにも是非ご期待下さい。

今日は重複投稿でした・・・。

by koji-shibuya | 2010-05-12 12:27 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2010年 05月 12日

サークル型 プラスチックフレーム

「こんなの探しているですけど」とかけられた眼鏡を指さす お客様

それはプラスチックのサークル(丸)フレームでした。

(あ、それは店舗には必ず必要・・・しまったな・・・)と正直、店長心の中で思いました。

お客様には
・現在店舗にはない旨
・ただ、商品知識の中から出てきた商品カタログをお見せしながら、その商品のレベル、だいたいの値段
をお話しました。

「ん、まぁとりあえず色々回ってみます。実は今使っているのが壊れててすぐに欲しくて。」
とのお客様帰られました。「本当に申し訳ありません」と思いながらお見送りしました。

入荷しております。
a0150916_9302893.jpg

違う角度からもう一枚
a0150916_9305183.jpg


前回、金属のサークルフレームをご紹介した際。と重複するのですが。

こだわりの商品です。
またそれがお客様の顔の一部となりやすいフレームなので「数は少なくとも、切らしてはダメな商材」です。

売れ線商品ではないため、所謂一般店にはないことが多いでしょう。でも当店は専門店。
これは店長の失敗でした。

お探しの方いらっしゃいましたら、是非当店へご相談下さい。

by koji-shibuya | 2010-05-12 09:37 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2010年 05月 10日

遺憾千万

「ねぇ渋ちゃん!!(その人は私をこう呼ぶ)先月の月刊D読んだ!!?」

と勢いのあるメールが知人同業者Iさんから来たのは先月でした。
月刊Dと一応伏せていますが誰でもご存じの経済誌です。

「ええ、噂に聞いて読みましたよ。立ち読みで。いろんな意味でおもしろかったですよね~」

「うわ、意外にも大人な回答・・・アレ見たら渋ちゃんなら激ギレかとおもった」

「はぁ・・・まぁ、思うところがなかったわけではないですけど」

「ブログ書いてるやん!!少しでも声上げて糾弾しなきゃ」

「んー、考えておきます」
といった会話。

ちなみに業界紙の「月刊 眼鏡」4月号巻頭にもその月刊Dの記事に対して
メガネの本質を知ってもらうために喜んで取材協力したが、でた記事の内容があまりに食い違う
との旨をはっきり書いていました。業界紙なので「コアだけど、やんわりした記事」が多い中「はっきりと怒りを感じてます」という意思表示に店長には見えました。


その雑誌の題材・主な内容は「メガネ業界のユニクロの御三家の登場でますます単価は下がる」との内容。
このあたりに月刊眼鏡は怒っていらっしゃると思うのですが、店長的には「それはいいです」

記事の中身ですが
一枚400円二枚800円のレンズ 一本400円のフレームで1200円それを5000円で売るという内容。

個人的には「その値段でノイエにも卸してくれないかな」とは思いましたが、まぁ商材内容を見る限り400円でもいらないですが・・・。(芯なしセルフレームを軽いよ、曲がるよ~はいただけない)

あと卸値を一般公開しないのは業界の最低限のルールです。
眼鏡屋ではない、というか商売人としても稚拙だ。あ、ヒートアップしてきてますね。

でもお客様にできるだけ安く提供できるように頑張るというのは私も同じなので、まぁそれはそれでいいです。

・・・問題は最後・・・
だから眼鏡屋は儲かる。軽くて楽な商売だ」というニュアンスの内容。
なぜ最後がニュアンスなのかはちょっと怒ってて覚えていないから

いままでのは「まぁそれはそれだから・・・」だったのですが
さすがにこれには「ふざけるなよ」っと、でした。

書いちゃったので消さないですが、こういう言葉を書きたくなかったので、また怒っちゃうのが見えていたので知人との会話の最後が「考えておきます」でした。

眼鏡の本質がどう、という議論は難しいので業界内の偉い方におまかせ、この場では割愛しますし
当店でも色々なメガネの使い方の提案として、セットフレームは販売ございます(入荷額1200円ではないですが。)
ただ逆に、それだけに

さすがに「自分の仕事を軽くて楽な商売だ」と一般公開できる人間とは同じ職業とは思いたくないとは思います。
私が尊敬する人はどんな職業でも「誇りをもって従事している」ハズです。


やっぱり怒ってしまった・・・
このあたり「関係ないさ」と言えれば大人なのですが・・・

Iさんへ 「やっぱり私、怒ってました。冷めたふりしてゴメンナサイ」

by koji-shibuya | 2010-05-10 08:59 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2010年 05月 09日

仕事仲間 相棒

すごく手前みそですが
「店長がかけてる眼鏡似合ってるわね」とか「その眼鏡かっこいいね」とお客様から言われることがあります。

これは、店員としてはある種の最大の讃辞だと思っています。
また正直言えば「狙って選んでいる部分」も私を含めて多くの眼鏡(アパレルもでしょう)店員にはあります。

眼鏡の展示会にいくと他店舗店員さんはみんな凄い眼鏡をかけています。その点店長は敢えて裸眼にして、すぐにその輪からは降りてしまうのですが・・・それも事情があったりはします。それはまた後日に・・・

話を戻しますが、そんなよく誉められる私の相棒を紹介します。
Masaki Matsushima 1093 カラー2 ダークブラウン です。
a0150916_10392426.jpg


私がMasaki Matsushimaを入れるきっかけになったフレームです。
調べると買ったのが2007年末なので 2年半弱使用しているということになります。
その間多分10本近くはフレームは購入してるかと思いますが、結局仕事はずっとこれをかけています。

前回のEGF Masaki Matsushimaをもっているサンリーブ社ブースに行ったときに、まだこれが展示されていました。この当時の品番は相当「廃番品番」になっているハズです・・・

「これ、私もかけているんですけど、かなり古い、ですよね?展示して売れますか?」と店長
するとサンリーブ担当さんは
「そうなんですよ、でもこれ人気があって、再作の要望が多くて、いまも一線級に動いてくれるので、作っているんですよ」とのこと
「見る目あるね、私」と心の中で思ったのは言うまでもありません。

その証拠に(?)某プライスショップに入った時この品番の偽物を見つけました。
もちろん本物の半分以下の値段でしたが・・・
「これやばいんじゃないですか?だってデザインそのままですよ?」と店員に思わず言ってしまいました。
その時のアルバイト店員君、ごめんなさい。大手にはよくある話なので怒る必要も本当はなかったのかもしれませんが、わりと思い入れの深いフレームでしたので・・・

このフレームの凄いところは、「ある程度の立体造形とかけ心地」にあると思います。同じブランドの中でも一番といっていいくらいテンプルに弾力性があります。

「店長は自分にだけ探して良い物を着ける」と喫茶の職員に言われたことがあります。
ただこれは大きな勘違いです。
テスト用として先行して使用していることはたまにありますが、基本的には販売しているものを着けるようにしています。

また、このフレーム品番は男性用としては「当店で一番リピート頂いている商品」ですので
つまり「一番お客様にご紹介している商品」です。
基本的にはお客様に尋ねられたら、自分で良いと思った物を薦める(場合にはもちろんよります)
ので、自分だけにということはありませんのであしからず、です。

そんな相棒とも2年半~と思うと「そろそろ休ませてやった方がいいかなぁ・・・」と思ったりもしています。
あと少しつきあったら、その時にまた考えようとおもっています。

さて長々と語ったこの眼鏡ですが、現在は店舗在庫がありません。理由はでも前述通り「一番リピートかけているので同じ物ばっかり仕入れるのはやや億劫なので」でも仕入れればやはり前述通りありそうな気配なので気になった方は一声お掛け下さいませ。

また、本日は喫茶は臨時休業をいただいております。
また明日より元気いっぱいオープンしておりますので、。よろしくお願い申し上げます。

by koji-shibuya | 2010-05-09 11:18 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2010年 05月 08日

士?師?

おもしろい記事をみつけました。

内容は
「職業や資格の末に ○○ としが付くが それの士と師の差について」

店長の身近な職業で言えば
医師は師  視能訓練士は士 認定眼鏡士は士です。

漢字的な意味では
師は「弟子をもって教える人」
士は「サムライ」
となるようです。

サムライという言葉に諸処のイメージはあるでしょうが、店長のイメージは
士道というくらいなのだから求道者、現代風に言うなら専門職的。
また誇り高く、曲がったことをしない、後期的には幕府に仕える公僕とも言える という感じ。

なるほど・・・「店長(眼鏡士)はサムライか、悪くない響きですね」とか思ったのですが
金儲けにいそしむサムライとは武士の風上にもおけぬ、士道不覚悟である。
とのニュアンスでかかれていました。
無駄に暴利は貪りませんが、適正な値段がついた商売であることは事実なので
「ううむ、サムライ無理」
と思った次第です。技術面においてのみ、その精神を受け継げればと思います。

その点、視能訓練士は真のサムライか、なんかかっこいい・・・

また
教師・宣教師あたりの師はともかくとして、医師の師はこれいかに?と思ってちょっと調べると
「医師は昔は学校がなく(鳴滝塾のような特例はあります)、先人の医師の弟子入りをして学ぶものだった」とのこと。その名残で師とのこと。

なるほど・・・では現在の医師は多くの場合(いや、指導医という方もいらっしゃるのでしょうが)
現実的には医師ではなく医士であるのかもしれません。そういえば医学博士は士ですね・・・。

消防士は士 弁護士は士 演歌師は師 
なんか合っているような気がする・・・とか思って勝手に納得していたのですが
その事を友人に話すと(店長はサムライなんだぜ、的な自慢)

「じゃ詐欺師は?」

「んー、弟子とかとるんじゃない?」

・・・やっぱりあまり意味はないようです。

by koji-shibuya | 2010-05-08 16:07 | その他 | Comments(0)
2010年 05月 07日

METAL WORK新作入荷

店長就任以来、当店を支え続けている一本 
METAL WORK 新作 入荷致しました。
a0150916_14542134.jpg


私がノイエに来た当初、当店には「上質なチタンの廉価商材」がありませんでした。
店長の中で「お店を影でささえる事になるフレーム」となる商材ラインなのですが、それが当時はありません。

「それは絶対あかんわ!!」っと(当時はちょっと若かった)
当時探し回って出てきた商品がこちら METALWORKです。

入れ始めた当初は「とにかく上質なチタンを使用していて、きっちり仕事(作り)をこなしてくれて、高すぎない」ということだけが、入荷理由でしたが、ここ数年でもっとも「苦悩・葛藤 そして進化」が見えるフレームです。

当初はチタンを使用している日本製 だけ だったのが
チタン、テンプルβチタンへ → フロントがやや立体造形に → メタルワークという名前なのに、セルとか作ってみた
→ いやいややっぱり色気を出さずβチタン

そして今回のは横から包み込む造形のβチタンテンプルへ(フロントは強度重視の平面造形)
a0150916_15358.jpg


パワーアップしすぎて取り扱い当初よりはワンランク上のクラスの商材になってしまいました。
ちなみに当初から値段は変わりません。(性能から言えば当初よりは値段上げてもいいくらいですが、ビジネス的には必要ないんです、すごい企業努力です・・・)

「モノづくり」の原点を見据えた確固たるポリシー、そして、ひとつ一つのフレームに刻み込まれる職人の技と情熱があります。流されず、動じずに、続いていく進化のために。変化する未来への挑戦をやめない純国産メーカーとして万進を続けます
これがこのMETALWORKを作っている福井めがね工業さんのコンセプトの末文です。このコンセプトを地でいっているのがこのMETALWORKだと思います。

このフレームのパワーアップを見るに「店員も頑張って 苦悩・葛藤の末の進化をしてみろ」と言われているような気さえします。

手に取ればそれが本物だとご理解いただけます。お試し下さい。

by koji-shibuya | 2010-05-07 15:10 | 眼鏡(商品) | Comments(0)