Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年 10月 15日 ( 1 )


2016年 10月 15日

第三世代のBLUE TECH

「ターブル」が出ません。渋谷です。

息子がハマっているアーケードゲーム「ドラゴンボールヒーロ―ズ」のカードのお話しなのですが、
ターブルというのは、ベジータの実弟なのだそう。

「弟いましたっけ?」等と35歳の私は思わなくはないのですが
ともあれ、カードとしては非常に強力でして、

休みの日中、小学生の皆さんが学校に行っている間
世間の白い目を背に、おじさん(私)ゲーム機の前に大抵座ってます。

諦めて、カードショップで買えばいい話なのですが
排出可能性があるなら、機械から出したいと思って頑張っている今日この頃です。



さて、そのゲームもそうなのですが、
テレビ・パソコン、世の中はとかくモニター画面を見ていることが多くなります。

その画面を見るとき、裸眼だとやはり明るさにつらくなるもの、
以前ご紹介した「低偏光レンズ」はそういう意味では最も優れた能力は発揮しますが
やや色が濃いという欠点は場合によっては、ビジネス上は残るとは思います。


かくいう私、プライベートでは低偏光ですが、仕事場では

a0150916_9211057.jpg


BLUE TECHを使用しています。

UV420という第三世代のUVカット。

UVの波長というのは1970年代は380nmあれば十分と言われていました。
これが、400が必要と言われ始めたのが1990年代。

そして現代では、400でも殆どカットはできるが、420nmのカットもできれば尚
というのが叫ばれるようになりました。

渋谷の感覚としては、380でも400でも、
概ね問題はないという見解をもってますが

それよりも個人的には画面を見た時の楽さが、
無色と定義できるものでは、最も効果的
と感じています。

あくまで個人の効果にはなりますが、
是非お試しくださいませ。

by koji-shibuya | 2016-10-15 09:30 | 眼鏡(商品) | Comments(0)