Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 12月 28日 ( 1 )


2014年 12月 28日

年内最終営業日について と 今年を思う(一人忘年会)

もういくつ寝るとお正月。

忘年会は出れてません、
渋谷です。

⦅年内営業日のお知らせ⦆

●喫茶&メガネ工房ノイエ(明石・二見)

年内は12月29日(月)18時まで営業いたしております。
新年は1月4日(日)より通常通り営業致しております。


●こどもメガネ専門店ノイエ・キッズ(神戸・元町商店街)

年内は12月30日(火)19時まで営業いたしております。
新年は1月3日(土)より通常通り営業致しております。

何卒よろしくお願い申し上げます。




⦅今年を思う。一人忘年会⦆

今年といえば、念願の海外展示会へ。。。

しかし
正直 近々の記憶で言うと12月は何かしら体調不良が続いてていた記憶でいっぱいです。

元から体が強い方ではないことは自覚はしていましたが、
年末に関しては ここまでとは思いませんでした。
皆様の迷惑をかけないように裏方仕事をしたり、単純にお休みを頂いたり。


そんな頼りない社長ではありましたが、
スタッフは個々が当千の働きをしてくれていました。

弊社各店舗には各を代表する店長がいます

二見店長の港さんは まさにリアル・アイアンマン。

ロバート・ダウニー・Jrにお顔似ているとか、そういう話ではございません。
鋼の精神と肉体を持った、という話です。

似ている芸能人と言えば、
お客様からは「あの、根津甚八に似た人は?今日はいないの?」とお聞きいただき
「なるほど!」と咄嗟に声を上げてしまったのはここだけの秘密です(?)

お客様の前で声をあげるなどということは、接客サービス業としてあってはならぬことですが、
今年一度だけがこの時でした、しかし、怒ったとかではなく、もちろんいい意味で。

気になる方は水・日以外で二見までどうぞ。


さて、そんな港店長

今年から本格的なデビューとなりました。

アビットには今までいないタイプ。初期のころにそう書いた記憶があります。
それは最も良い意味において、間違いありません。

それだけに新しい風をどんどん吹き込んでくれました。

プライベートでは自転車・空手師範・ゴルフetc...
ネタバレをすると正月にはマラソンにもチャレンジするそうです。

健全な精神は 健全な肉体に宿るとは言いますが
仕事面はもちろんですが、特に精神面 私も見習わなくてはいけません。
(肉体面は無理です、堪忍して下さい)

お客様のお子さんからも「メガネのおじさんは?」と聞かれることがすごく増えました。
渋谷は「今日はこっちのおじさん(渋谷)で我慢してね」とお返事さしあげつつ
とても心強く思っています。

歴代最高の二見店長。
今年一年 二見はとてもよいお店に変わりました。




そしてキッズの店長清水さん。
スタッフ全体からいっても実は若手(眼鏡スタッフでは下から2番目)
「そうはいうても、30代やもんね」というと「あの、まだ20代です!」と私控えめに怒られます。

そんな彼も来年で遂に30代グループに差し掛かります。

元々眼科領域での知識量が豊富で、真面目で実直。
眼鏡屋としては渋谷が無理やり放り出したに近いとは 今でも笑いますが

彼は20代ではもっともポテンシャルの高い眼鏡屋の一人であったと思います。

手前味噌ながら、渋谷自身20代最後のころはも「20代では全国レベルでもいい線いってるよ」と自意識過剰に思っておりましたが、(と尊敬する 眼鏡の大先生に言われていい気になっていた)

そんな風におだてられつつ、渋谷は必死でとった眼鏡学校 首席だったはずですが、
数年後 彼は超余裕で首席で通ってしまい、渋谷も思わず苦笑い。

今、冷静に見て その自意識過剰な29歳当時の渋谷を 現在の彼は余裕で凌ぎます。
ということはたぶん くやしいけど彼がナンバーワンなんでしょう。

彼の首席が決まった時、明石時代の彼のロッカーに
ドラゴンボールのベジータが孫悟空に向けて言った
「お前がナンバー1だ!」
という絵を張ったのは 何を隠そう、この私です。

「あの時はごめんなさい。よくやったな、と褒めたかったんだ。
私の前頭部がヤバいことをベジータで表現したかったわけでは決してないんだ」
ということを忘年会で 彼に伝えたかったです。

29歳の渋谷は頭の色も茶色から金髪に近い色で「誰だろうと負けません精神」でしたが
現在33歳の渋谷は頭皮に優しい黒髪、頭皮に優しくないパーマ・髭のぽっちゃり系で 少しだけ大人です(?)
今年? 戦略的撤退という言葉を覚えました。

社会科の先生のように、すぐ話が脱線するのですが、

そうでした、キッズと清水店長に話を戻しますと


もっと若い時から 明石、
そして今年春先に元町移転と各店舗の黎明期店長を歴任。

明石も良い店でしたと自認していましたが、
元町は今春からの短期間でもう一回りいい店になりました。

もちろん店長が引っ張ったということもありますが、

現状スタッフ各位が各々持っている力を活かしきることができているので、
よい店になっているということが多いにあります。

キャラクターや経歴・年齢はバラバラですが、それだけに足りないところがフォローし合える
質の良いグループワーク、そして理想的な いい店、もっと言えば専門店になりました。

眼鏡のブログですので詳細は書きませんが、実は喫茶も今年度はとても頑張っていて

「諸君、今年は皆よく頑張った、特別に希望者にはハグしてやる。よし、ここに並べ」
とお酒を酌み交わしながら、飲めないスタッフは美味しものでも食べながら

そんなとてもありがた迷惑な話を忘年会でスタッフにする予定でしたが、

残念ながら(?)できませんでしたので、ここに記します。





お客様におかれましては「なんの一人語り?自慢なのか冗談なのかよくわからない」
という内容になっているかもしれません。
確かに冗談を挟みすぎて、何やらよくわからないことにもなているかもしれません。



私から申し上げさせていただきたいのは

各ノイエはとても良い店になったと自負しております。
今年以上に 来年も、皆様に愛されるお店になるために
各店長、各スタッフ、私。尽力致します。

来年もよろしくお願いもうしあげます。

  
                          株式会社アビット  代表 渋谷

by koji-shibuya | 2014-12-28 14:51 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)