Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 10月 05日 ( 1 )


2014年 10月 05日

金属なのか、プラなのか、それが問題

いくつか、したいことが増えてきて 嬉しくなってしまっている、渋谷です。

「片っ端から、片づけてやるぜ!」等と、少年誌のようなことを言うてしまうと
だいたい、どれも中途半端に終わってしまいますので、プライオリティを決めて
行動できればと思います。

もちろん、プライオリティって言葉を使ってみたかっただけです(優先順位の意)





さて、本業の眼鏡の話題。


本日も何人かのお客様に「フレームは金属にするべきか、プラスチックにするべきか」
とてもお悩み頂きました。

最近はプラスチックフレームの市民権が かなり強くなり
ビジネスでもプラスチックフレームは、ほとんど問題になることはなくなりました。

最終は、好みです。
という結論は一応先に書かせていただきつつも、

基本的には
●強度(耐久度)●シャープさ ●軽さ 
はおおむね金属

○色の豊富さ ○優しく見える印象 ○値段
はおおむねプラスチックフレームに分があります。

デザイナー物って大抵プラスチックフレームが多いですが、上記の理由もいくらかは
絡んでいるかもしれません
(プラスチックフレームの方が、初期投資が低い等という事情もあったりなかったりは致しますが。。。)


世間的な、セレクトショップでは「プラスチックフレームを自在に販売できるようにならなければ」
という流れはございます。

色が自在に操れて、お客様にご提案できるというのは、やはり専門店たる強みです。

そうは認めつつも、天邪鬼渋谷は
「じゃ、金属で、それを超える提案を」などと考えますが、
基本的にはプラフレームの華やかさは間違いがございません。


大人はもちろんですが、少年期、少女期もこれは重要なお話です。

変な言い方ですが、
是非お悩みくださいませ。

メガネ購入は、向こう数年の「お顔の印象・方向性」を決める作業。
相違ございません。

by koji-shibuya | 2014-10-05 15:51 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)