Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 12月 10日 ( 1 )


2011年 12月 10日

EXタイプレンズについてのお願い

昨日の金曜ロードショーの「天空の城ラピュタ」で
たっぷり「ムスカ様の小男ショー」をたっぷり堪能した渋谷です。

北斗の拳の「ジャギ」(知らない人はお父さんに聞こう)
と「ムスカ」は個人的には、非常に高レベルな「小悪役」です。



今日はちょっと真面目なお話。


二見ノイエでは数年に一度、
ノイエキッズでは、数ヶ月に一回くらいの頻度で (最近は続きました)
非屈折性調節性内斜視 等によりEXレンズの指定があります。


元は老眼になった方用の遠近両用の一種で
a0150916_11554680.jpg

(画像は日本レンズ CR-EX)
下4割ぐらいが近方の度数、上6割ほどが遠方の度数がはいるレンズです。

このレンズを、先生からは時々ご指示をいただくのですが
私が知る限り(=弊社で扱えるレンズであり、多分ほとんどが該当)では
このCR-EX、又は会社により名前が変わった物しかありません。

つまり、ほぼ一択。

そしてこのレンズは強度には対応が難しいレンズです。
理由は専門的なところでいくつかありますが、大きくは屈折率1.5
汎用レンズの中では最も厚い部類のレンズなのです。

「でも、できるんならそれでいいよね?」
ではできればすまさないでください。

お子様の場合、「厚い=重い」ということがどれほど苦痛か。
重くなればなるほど眼鏡としてのバランスを崩します。

それをフィッティングでなんとかするのが眼鏡屋の仕事だとはわかっていても
絶対量を無視して、全て眼鏡のフィッティングに押し付けるのはやや無理が残ります。


EXタイプはあまり数がでないから廃止(昔は種類がそこそこありました)
として眼鏡業界に一抹の問題はあるのは承知してますが

現実問題バイフォーカル(同じく元は遠近両用レンズ、ドラえもんのポケットみたいなのがついてます)
にしても
a0150916_1271432.jpg

(HOYA バイフォーカル1.6より)

あまり数が豊富にあるとは言えません。
ただ、バイフォーカルならまだ薄く出来る方法がいくつか残されています


先生から何か意図があってのこと、最大限対応させていただきたくは思っていますが
作成して、曇るお子様の顔を見ると
「なんとかできないものか?」と思う次第の眼鏡屋です。

せめてバイフォーカルでも可にしていただければ、お子様の負担も減るのですが・・・。




補足
EXタイプの眼鏡は「ないなら自作する」という手もありますが、
それをしていいのは大人の場合、強度的な意味で、私は認識しています。

こうやって投げかけて「実はEXタイプレンズの薄型やってるよ」という会社があったら
教えていただきたい、とも思っています。

by koji-shibuya | 2011-12-10 12:12 | 眼鏡(雑事) | Comments(4)