Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 11月 19日 ( 1 )


2011年 11月 19日

英語力

どうも、周りには「買わない宣言」を出し続けていたのに
結局Nintendo 3DSは、家内の分と2台購入した、渋谷です。

これで この狩人ゲーム(3DS版のものへのリンク)

の為だけに、ゲーム本体を買うのは
●PSP(家内と2台) ●Wii  ●Xbox360
そして3DSの4台目・・・。

完全にカプコンさんの策略にはまっています。

ただ、良い子の皆さんには3DSはあまりオススメできません(眼鏡屋らしく)
おじさんも3DSなのに2Dモードで頑張るから、皆もご両親と相談しよう!!(?)




さて英語力というものが最近気になると、先日キッズスタッフ竹田と雑談をしました。

最初は2年前のSLIT。
そう、FLEYE by AKITTOとの運命的な出会いの時
(その時は大人の事情で即導入とはならなかったけれど)

アポイントメントなんて、とっていない私はデザイナー川上氏に無理を言って
閉展間際にお時間を頂き、その際はデザイナーアネットさん・ともこ夫人(今思えば多分夫人だったと思います)が登場

ともこ夫人「英語は大丈夫ですか?」
渋谷「(そんな質問をうけるような商談は初めて)えええっと、すいません(汗)全然だめで」
ともこ夫人「(笑顔)そうですか、じゃあ私が通訳しますね」

そしてアネットさんもずっと笑顔で身振り手振りを交えながら、説明をしてくれました。

その時はもどかしさは感じていなかったんです。
「ああ、エライ人と商談しちゃったな・・・こんなの初めてだよ・・・」
と感動しきりなだけで、それで十分満足でした。



それから、数年が過ぎ、それなりに成長したはずの私。


今年のIOFT、私はある香港の有名な業界の方とお知り合いになりました。
当然英語でのお話。

三須さんや、新井さんが、通訳をしてくれて、会話にはなっているわけですが
その時感じた違和感。

「もっと強く肌で感じる為には、英語力が必要なのでは?」
ということ。


別の話ではありますが、三須さんがこう仰りました。

「渋谷さんは、ここ数年で一気に、今までは雑誌の中の人だった人とお話する機会が増えたし、それに着いてきてレベルアップもしてるとは思う。だけど、多分向こう数年で今の状況では満足できない、つまり頭打ちをすると思います。そしてそれを頭打ちだとは感じない感覚が一番危ないんです」

「日本の眼鏡はとっても素晴らしいけど、日本だけの展示会に出て満足する、ということにだけはならないようにしてください」

と。
これは、某関西の有名眼鏡屋様で伺った話もそうでした。
その時は「風を感じる為に、もう一段階レベルを上げる為には、シルモ(フランス)には行くといい」でしたが、内容はほぼ同じです。
(その時のアドバイスは鯖江とシルモでした、で、すぐ鯖江に行こうって私言い出したんです)

そこでひっかかるのは英語力・・・


地方の眼鏡屋で永年続けていこうと思っていた私
英語は・・・いらないんじゃないの?って思っていた、今でも実は思っているかもしれない
私にとっては、思わぬ課題でした。

英語というのは必要性にかられなければ覚えない。
ので、どこかで私も考え方を変えなければいけないのかもしれない。

と、最近は常に思考しています。

某予備校の先生のCM
「英語なんて言葉なんだ、やれば誰だってできる!!」
納得と疑問が半々な言葉ですw

by koji-shibuya | 2011-11-19 11:15 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)