Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 11月 12日 ( 1 )


2011年 11月 12日

寄れば、なんとやら。(キッズ)

体に巻いている固定バンド(肋軟骨骨折の)が、すごく体を固定している為
見る角度によっては動きが北斗の拳のようになっている渋谷です。

またこれが凄くずれるわけですが、あるなしで動きやすさが違うので
装着状態で頑張ります。




さて、ノイエキッズは兵庫県初のこどもメガネ専門店として
もちろん、一般の近視のお子様から、弱視治療のお子様、お子様であれば全ての対応が効く
を目標として頑張っています。


ごく当初、清水店長(視能訓練士)が
「渋谷さん、これいれましょうよ」と提案してきた商品がこれ
a0150916_13274370.jpg

ハセガワビコーさんのBiBa

渋谷の反応は「これいる~~?」と消極的
(営業のK様ごめんなさい、当時はお知り合いじゃなかったけど・・・)

今思えば、やはりあの清水店長の提案は非常に正しかったと思います。

特徴は
a0150916_13304813.jpg

場合により可変ができる点や、ずれにくい等の点です。

私の否定的な意見は「ここまで必要か?」だったわけですが、結果としては「必要」
時々、「これでも足りません」という場合すらあります。

確かに数は売れません。年に一本~二本のペースです。
しかし、その年に一回を「提案できなければ、返してしまうのか?」ということです。
こどもメガネにおいて、できません、という言葉は一種の敗北だと考えています。

そんな中私の経験だけでは足りなくても
清水店長の医学的な側面からみた判断が必要で もしそれが足りない時も
正井君の私とは違うメガネ屋の意見や、竹田さんの女性としての意見も重要だったりします。
(なんの差別でもなく、男性だけで話が込み合うと、時としてベストとはいえない判断をする場合も往々にして多い、とは個人的な真理です)

今日は何が言いたいのかは、私も分からなくなってきましたが
きっと言いたいのは

「チームとしてのノイエキッズを誇りに思います」
そして
「必ず、考え抜いて役にたってみせます」
という決意。です。

by koji-shibuya | 2011-11-12 13:36 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)