Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 07月 02日 ( 1 )


2011年 07月 02日

色んな見方

先日の金曜ロードショーで「もののけ姫」をまた、全編見てしまった渋谷です。

ジブリのアニメは「自然との共存」みたいな壮大なテーマであることが多い
のは、皆さんご存知だと思います。

ただ、「もののけ姫」に関して言えば「アシタカ(主人公)のイケメンっぷりを堪能
するという見方もあり、そうすると数回目の視聴でも楽しく見れます。

何がイケメンかというと
●サン(ヒロイン)と初対面時、彼女の口周りは血だらけ、アシタカは堂々と名乗るが「去れ」とこっぴどく一蹴されたにもかかわらず、あの手この手で近づき仲良くなっていく。

●出身の村で女の子(妹?)から「私だと思って」と貰ったペンダントを、あっさりサンにプレゼントしてしまうテクニック
→普通、これは非難の嵐だと思います。

●タタラ場で出会う女性(ご婦人と思われる)は大方の人数を惚れさせて行き、血まみれながらも、颯爽と出て行く

●エンディングにて仲良くなったサンとは一緒に住むという手もあったと思われるが
都合の良いことをいって「別々に住む」という決断をする。(仲良くなればもう用はないと予想)

このアシタカ流テクニック、私はもう既婚者ですが、
独身の殿方には見習って(?)欲しいものです。
「草食系?ってなに?」ってぐらい緻密でパワーのある肉食系男子です。





さて非常に長い前置きでしたが
今回のテーマは前置き同様に、「そんな、見方もできる」


バーゲンシーズンです。
そこで時々聞かれるのは「バーゲンなんで、安くしないんですか?」というご質問。

一流店の方は「そんなこと話題にするな」ってとこかもしれませんが、
まだまだ、これからの弊社では「あえて話題にしてみます」

まず第一に「割引できない商品がたくさんあります」
ですので、例えば最近の考え方の具現化体であるノイエキッズでは
「お客様に企業努力でお安く出来る商品は最初から安く表示しています」ので、これ以上というのはフレームではいたしかねます。

もし安くなることがあれば、
さらなる企業努力で「全般的に下がるべき」であって、「あるシーズンだけ下げる」というのは不自然です。

あるとすれば
●デットストックをアウトレット価格として
●ある品番を大量に買って、ボリュームディスカウントを狙う
というとこでしょうが、特に後者は大手ではありませんので、不可能な選択肢です。

ただレンズに関して言えば、とくに下げてはならないというルールが一部を除いてはございません。
が、これも「緻密に計算した結果、グレードを下げずにご提供ができる最安値」を常につけています。

事実、先月あるレンズの値段が下がりました。
ただ、私含め、二見本店・キッズブログでも、ご紹介はしてません。
別に指示したわけでもございません、が
「とにかくその時出せる最安値を表示、且つグレードは最高のままで」
が弊社にとっての当たり前なので、恐らく誰も書かなかったのかと思います。

弊社も「多少パワープレイに出れるくらい、大きな店になりたい」という気持ちと
「それをすると、細やかな仕事ができなくなるのではないか」、
という不安が、入り混じっておりますが、

弊社もアシタカのように「すごいパワープレイをしながらも緻密に計算」
できるような企業になれれば(?)と思います。

冗談はさておき
とにかくは弊社にできる最大限のことを常に目指しますので、宜しくお願いします。

by koji-shibuya | 2011-07-02 13:06 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)