Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 12月 01日 ( 1 )


2010年 12月 01日

新 KOOKI入荷

YAHOOの検索急上昇ワードに「アマツマガツチ」という
いかにも凶悪そうなワードが上がってきたり。

仮面ライダーの変身ベルト入荷日以来「アスピア・トイザらスに人が並んでいる」のを見たり。

そんな12月1日。モンハン発売日。
そして今年もあと一ヶ月。
今年やりのこしたことを考えながらすごします。


それはさておき。


KOOKI。
眼科医や視能訓練士からも信頼があついフレームとして知られ、
メリットはカスタマイズできる豊富なサイズと、破損時の早い部品交換。

というのがすこーしだけ眼科で働いたことのある、私が見た
説明文書(教科書?)でした。

「なるほどなぁ・・・やっぱりこっちの世界では有名なんだなぁ・・・」
と20代前半の私は思ったものです。

現在20代最後半の眼鏡屋から言うと
「すばらしい、フレーム。しかし、おもしろみがあるとは言いにくい。しかし、何かに特化するとは、このこと」
というのが印象。

そんなKOOKIを出す増永眼鏡さんから KOOKI入荷してます。

a0150916_15473656.jpg

「KOOKI?」これが第一印象。
二つ目に思ったのは入ったブースを間違えたのかと思いました

「日本製の本気を見せたくて」とはKOOKIの担当。
私のような若輩にも、その気概は感じます。

「まぁ色は遊びです。でも色で白がいいとか、いわれません?」

いや、その通り

現場では得てして、お子様から「白~」「みどり~」と言われます。
だいたい保護者の方も「えーー白??」という反応。
実際、白のフレームはなかったので別の色になっていました。

でもお子様の第一希望の通りをそのまま出せたら
私的にはかっこいい眼鏡屋なのです。

で、白かけて「やっぱり目立つね」でもそれはそれで、構わないんです


a0150916_1557636.jpg

こちらはシック。
従来の日本製には少ない渋さ。
だけど、中身はKOOKI。
適正な値段で、ハイクオリティ。

いわゆるKOOKI(のプリティーシリーズと言われる、眼科医から時折指定のあるフレーム)
ほど在庫数が豊富ではありませんが、
こういうKOOKIの形があっても
「いいじゃないんですか?」
イレギュラー眼鏡屋・最近のお気にいりは不良眼鏡士(悪いってことじゃありません)
の私は思います。

またノイエキッズに悩ましいフレーム(?)が増えました。
お客様から「こんなにあったら逆に悩むわ~」と言われるのがうれしい今日この頃です。

でも眼鏡は昔っからこれぐらいにはおもしろい ものなんです。

by koji-shibuya | 2010-12-01 16:04 | 眼鏡(商品) | Comments(0)