Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 07月 02日 ( 1 )


2010年 07月 02日

LINEAR FLEX Hybrid ジュニア用入荷

お久しぶりです。店長です。
この投稿のなかった間の話題で言うとワールドカップの決勝トーナメントの惜敗。

・よく頑張った ・胸を張って帰ってこい ・日本にとっては歴史的な大会になったーー

っとテレビを見ると繰り返されてます。誰一人悲観的な言葉を聞きませんでした。
まさに店長もそう思うのですが(ここ重要です)そう繰り替えされると少し違和感を覚えます

凄くマニアックな話ですが、某マンガ、ちょい役の、しかも敵のキャラクターの誰かが
最初から負けてもいいと思ってやる戦いなんてありはしない
みたいな事を言っていました。アレには漫画ながら、感銘をうけました。

「真剣な試合の経験値を、もっと」というニュアンスを監督はおっしゃっていましたね。
その為には「誉めるだけではなく、膿だしだっていりませんか?」とナナメから見ちゃう店長は思います。

オリンピックの浅田真央選手の銀メダルの時も同じ違和感を感じました。
「あんな小さな真央ちゃんが、頑張って頑張って、悔しくて泣いているじゃないか!!」
とか、スケートファンの方には言われそうです。
確かにそうですが、
「頑張ったし、健闘を褒め称えたい、けれど、みんな同じ事をいってていいのかな・・・」と

飾れて美化されただけのヒロインなんてまさに漫画。

覚悟もなく、イヤなら目も耳も塞いで暮らせ、それぐらいは日本では許される。
と何かで聞きました。

勝ち負けは武門のならいだから仕方ないこと、敗者をいたぶらない、これは日本人の美徳と店長は信じています。
でも超現実主義者の店長「よくやった日本!!」が多い報道に違和感を覚えます。
石にかじりついてでも勝つ!!という精神は、この報道からは生まれない気もしたり、やっぱり生まれることもあるのかな、と思っています。

「どっちやねん」というつっこみを甘んじてお受けさせていただいて、
でもよくやった日本と思っています。本当に感動しました。

追記(7月4日)
今朝のニュース番組(喝・あっぱれをつけるコーナー)で大沢親分(元野球監督)が
サッカー、よく頑張ったけど、これは・・・激励の喝だな」と仰っていました。
司会者は「え、喝ですか?」という反応でしたが、
それぐらいの表現に愛と厳しさの両面を感じ、私は同調できました。


さてどっちつかずの、長い前置きでしたが商品の紹介を致します。
大人用としては以前よりご好評いただいています、LINEAR FLEXのジュニア版が入荷致しました。
a0150916_14594890.jpg


その名もLinearFlex Hybrid(リニアフレックス ハイブリッド

車の流行を狙ったんでしょうが、
ネーミングセンスは赤点のような気もしますが(ヤブシタさんごめんなさい)
内容はジュニア用大好きノイエとしては「非常にいいです」

メッキの具合も間違いのないカラーリング
肝心の手のフレキシブル構造は
a0150916_1572954.jpg


素材自体の強さと、ヒンジ部の柔軟性の二段構え・・・つまり

まさにハイブリッド!!

ハイ、非難ばかりではなく、一応商品コンセプトにのっておきました。

冗談はさておき、商品自体は改良がくわわって、イイ仕上がりになっています。
是非手に取りご確認下さいませ。

今日の一曲
人は必ず最後には死にます。だけど人はみんな続いていきます。
記憶は生き続けます。残された人が生き続ける限りです。
大まかにはそんな意味の歌です。
洋楽が好きな方のなかでは、数年前非常にはやりました。

前向きな、だけど死をテーマにした、ロック。
ひたすらに明るいだけがロック、ではないと愚考します。


by koji-shibuya | 2010-07-02 15:13 | 眼鏡(商品) | Comments(0)