Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 07日

【私事のお話し】 老け作りやめます。

【私事のお話し】 老け作りやめます


今までにないタイトルです。渋谷です。
本日は眼鏡の話とは全く関係のない、非常に個人的なお話ですので
了承頂いた方だけ下へお願いします。





先日、常連のお客様に言われました
「渋谷君。。。ちょっと痩せたか?」
と。

そう、実は一番太っていた時から考えると10㎏ほど痩せました。
それでも、入社時よりは15㎏くらい重いわけですので、
今でも、十分太ってはいます。

太ったのは、私の場合、もちろんただの怠惰なのですが

言い訳をすると、一つございまして
「年齢いっているように見せなくては」と思い立ったという部分があります。


24歳で現在の会社に入社。
25歳で店長
26~7歳の時に眼鏡事業部統括。この時に2店舗目になるノイエキッズを開店
28~9歳で代表取締役となりました。

その統括と代表取締役の間ぐらい、
または遅くとも代表取締役になった時に
「老けて見えなきゃ」と思いたちました。

この頃に似合いもしないのに、髭を生やし始めます。

眼鏡業界というのは、多分皆様のご想像通り、
若手というのは非常に少ない業界でして
37歳の今でも「若いね!若手だね!」と同業の皆さまから時々言われます。

業界歴15年で、若手という表現が通じるのは
「お笑い芸人か 眼鏡屋だけなのではないだろうか。。。」と比較的真剣に思うほどに
年齢が上の方が多い業界です。



流石に今はないのですが、やはり統括や代表になった当初は
概ね優しい先輩ばかりでしたが、
時々「若造が」と、軽く扱われることも。

そこは20代。
事実、若造、または単純に若かったわけでして、

しかも、今考えても生意気なこと、この上ない若造でしたので

私の眼鏡の師匠曰く
「メガネに対して真摯で真面目じゃなかったら、どうしてやろうかと思う風貌だった」
と言われるほど。

その扱いは、今思えば当然の事なのですが、


当時、部下も居た身ですので
それに指くわえているというわけにも参りませんで
中身つくりは勿論のこと、
並行して思い立ったのが「老け作り」「貫禄つくり」
どうにか年齢がいっているように見えないか?と日々考えていました


そんな若さへの抵抗から約十年。
現在は立派に(?)アラフォーとなりまして、
白髪も生え 老け作りをする必要もなく、
何もしなくても、それなりに老けている年齢になりました。

なので「老け作り、もうやめよう」
段階的に。と。

その最初がもうすぐ爆発するんじゃないか?と心配されるレベルの体重で
髭も剃ろうかと思ってはいるものの、
我が子は物心ついた時には「お父さんは髭が生えているもの」でして
剃るといったら「嫌だ」と言われ、そちらは考え中でございます。

戻りまして、
序文の「痩せた?」と指摘のお客様、

顔を神妙にされながら、私に小声で耳打ち


「どこか体悪くしたんか?大丈夫なんか?」



あ、これはいけない。思わぬ心配をお客様にかけている」と。
で、必死の説明をさしあげてました。

はい、渋谷大丈夫です。
元気ですので、皆様ご安心ください。

今日は、そんなごく個人的な、お話しでした。

by koji-shibuya | 2018-10-07 10:49 | 眼鏡(雑事) | Comments(2)
Commented by めっちゃ痩せましたよね! at 2018-10-09 11:27 x
お久ぶりです。
覚えてはいらっしゃらないかとは思いますが、あまりのイケメンへの変身ぶりにコメントしちゃいました。
二見にいつも通りレスザンヒューマンのメガネを見に行ったら、いらっしゃらなかったので、ブログを拝見した限りではお元気そうで良かったです(^ω^)<また行きまーす!
Commented by koji-shibuya at 2018-10-10 17:42
コメントありがとうございます。イケメン?にはそもそも、程遠いですし、やせたと言っても少しマシになった程度の体重ではございますが、仰っていただけてうれしいです。
またのご来店心よりお待ち申し上げております。


<< 10月12日(金) 西神戸店 ...      台風接近による 9月30日 各... >>