Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 12月 17日

メガネ産地 鯖江へ

先日、少し久しぶりに、眼鏡の産地 福井県鯖江市に行ってまいりました。

a0150916_12152642.jpg























鯖江駅前のモニュメントは以前は銀でしたが、赤く塗り替えられていました。
今は行政や団体を上げて、鯖江をアピールしているそうです。

産地には年一度くらいは行かないと。。。
と言い続けている私ですが、今回はお久しぶり。

且つ見たことのない工場様ばかり伺うことができました。

販売店側からの情報共有は日々していますが
実際の作成の現場からからの話はとても貴重。

鯖江ではどういう傾向のメガネを作ることが増えていて、
海外ではこういう傾向がでてきた
現場では実際はこう動いている

この3つの精査が重要でして
鯖江はその一つです。


今回完全に始めてみたのは
a0150916_12153687.jpg























金型自体を作る工程。

メガネというのは、金型からできるもので、
金属製品は、部品細部にわたるまで、金型が必要になります。

大量生産品は金型にもお金をかけることができ
小ロット品はできない。

それでもこだわった商品を小ロットで作るには。。。

一連の流れが分かっている必要は、現場では必ずしもありませんが
「知らないよりは知っている方がいい」
というのは、当然かと存じます。


今回も
a0150916_12154254.jpg























プラスチック生地は沢山拝見しました。
イタリア製、日本製
それぞれに良いところが会って、何をどの部品に、どういうコンセプトでつけるか。

プロダクトをする人には本当に頭が下がります。

沢山勉強させていただいた結果、というのは
いずれ発表はさせていただきますが、

今回はこの辺で、とご報告とさせていただいます。


by koji-shibuya | 2017-12-17 12:29 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)


<< 各店舗 年末年始営業のお知らせ      Rudy Project FO... >>