Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 02月 07日

眼鏡の価格について

ノイエはこの2月で、二見開店10周年なのですが、

「ああ、じゃあ、Neue Decadeですね」と某卸さんに言われた渋谷です。

「ノイエ…ディケイド…か、、、かっこいい(?)」
単純な社長(私)は考えます。

そんな言葉、思いつきもしなかったので、
10th Anniversary言い続けていたのですが

何か、その、仮面ライダー的な感じにすればよかった
と思ったりしております。






さて、本日のお題は「眼鏡のお値段」

キッズでお買い上げいただいているお客様も、二見でお買い上げいただいているお客様も
時折いただく、お話。

お客様からすれば「メガネって、値段がよく分からない」物だと思われます。

確かに、5000円セットの眼鏡もあれば、
某社のように店内全て、20000円弱で~という形もあります。

弊社のように、フレームとレンズが別々で~という形もあれば

百貨店さんや高級店のように「10万以下での作成は難しい」というお店も。



何が差があるの?のお答えは「レンズもフレームも違います」となるのですが
どう違うのと言うと、説明が長尺化します。




他社様のことはよく分かりませんので、弊社では

キッズは最低価格はセット20000円~です。
これは、私が思う「お子様にかけていただける商品の最安値商品の売価」
がそうだったから、でありまして。

今後もずっとそうかと問われますと、わかりません。

ただ、色々なレンズメーカーさん、またそのシステムの根源
から考えるに、フレームは、特に新素材系で多少安価でノイエの意向に沿ったものが出てきたとしても
レンズは難しい、と考えています。

多くの弱視での度数にあたる遠視、その度数がある程度ある方
作り比べていただければ、一目瞭然です
もちろん、同じ屈折率で作っても、です。

(どうも最近、屈折率という言葉が一人走りしている気がしてなりません、確かに数字がが大きい方が薄いのは間違いないですが、ようは使用の仕方です)

ちなみに、
もっと安い値段の商品というのは世の中には沢山ございます。

ですので、弊社もその気になれば全て5000円セットの店にできなくはないのです
というよりも事実感として、ノイエ10年の初期1~2年はそういう商品もありました。

そういう商品が、コンタクト殆どで、メガネは一日に1時間するぐらい
という方には、あってよい商品だと思います。
ただ、ノイエでは辞めてしまいました、という形にはなります。



逆に、高ければよいのかというと、
それはそうでもありません。等と渋谷は考えます。


お客様を惑わせるのは「人によって条件が違うから」というところだと思います。
なので、「何を作っても、○○円均一というのは分かりやすい」とも考える次第です。

「均一商品は人によって無理がある?」というのも場合によっては感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

尚事実としてですが、
均一商品をメインにする眼鏡屋は、大手含めて減ってきてます

何故か、
それはやはり、どこかに歪みが出てくるからです。


私たち、小規模の店は、それでも真面目にやる以外には方法はないのですが
皆様の疑問はごもっともだとも思いますので、
一つ一つご説明をさしあげれればと思う次第です



久々の今日の一曲


私の子の世代のライダーではないので、あまり良くは知らないのですが、
映画版では、主要キャラでチョコチョコ出てくるので知っています。

顔面は。。。バーコードですよね。。。(苦笑)

by koji-shibuya | 2016-02-07 13:52 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)


<< オーバーサイズでもデフォルメし...      Turning step &q... >>