Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 08日

メガネ購入時 誰を連れていくべきか?という考察

上海眼鏡展示会やmido(イタリア)のレポートをみて、
これは、春の展示会も楽しみだ、と思っている渋谷です。

今月から個展レベルでは、日本でも展示会が始まります。
本番は4月中盤の東京にはなるのですが、

想像するに 東京は歩き疲れ、夕方には目が飛んでいるので(?)
事前情報精査を入れつつ臨む事 はとても重要です。





さて、本日のお話は、眼鏡屋行くとき、誰を連れていくべきか?

眼鏡だけではなく、服を買いに行くときもそうなのですが、

眼鏡は特に
「光学品(場合によっては治療の為に使う場合も」と「顔に着けるファッションアイテム」
という側面を持ちますので、分かりやすいです。



これは渋谷の経験則ですが、
『ご家族と来られると、普遍的で特に前回と変わらない物を選びがち』
と思っています。

ご家族というのは、大体の場合、その人に「大きな変化」を望みません。
それは根底が安定にあり、「和」ということを本質に考えるからです。
また「そんなに変わったのにして。誰かに何かいわれたら」という守りの姿勢もあります。
心のどこかにある家族としての責任の裏返しでもちろん悪い事ではございません。


これがご夫婦だと元は他人だったという経緯がありますので、難しいところですが
これもおおむねほとんどの場合は「変化あり」「変化なし」で伺うと、変化なしを指さされます。

もしもお客様が「今回は思い切ってイメージチェンジ」
または「メガネをファッションアイテムとして考えてかけたい」というご希望がありましたら
ご家族がどういうご性格か考えたうえで、ご同伴は避けられた方が無難です。




次に恋人。
ここは半々

根底としては「彼氏・彼女にはかっこよく(可愛く)あってほしい」と思っています。

あくまで経験則ですが、「似合うけれど、前回のメガネとは違うタイプの物」をかけられたとき
大抵彼女は「いいじゃない。かっこいいよ」と仰います。

男性もそうではあるのですが、
「基本男性は女性の買い物におつきあいするのが好きじゃない」
方がおおいので、

そこがやや投げやりな言い方になってたり、なかったり。。。
もちろん真剣に考えられる方も大勢いらっしゃいますが。。。(フォロー)


あと根源的なことですが、
男性はスペック重視、女性は雰囲気重視のセレクトが多いです。
ですので、「男性は ファッション的には、女性の意見をどんどん聞くべき」
だと渋谷は思っています。

女性は、彼氏次第でしょうか。。。。
ただスペック重視のセレクトもメガネの一つの条件だとは渋谷も思います。



そして余談ですが、ご家族という範囲にありながら、セレクト方向が変わるのが お子様

お母様、お父様が「このメガネどう?」とお子様に聞くと、
おおむね帰ってくる返答は「優しく見える方」を指さされます。

心の中の希望として「優しいご両親であってほしい」という希望でしょう。

ただ、一度、
4~5歳のお子様が常に「デザインが尖がっているフレーム」を指さし
返す言葉が「え?だってかっこいいし!」だった時には

渋谷がそのお子様にシンパシーを感じたのは ここだけの内緒です。




ということですので、渋谷は場合によってではありますが、
基本的には一人の来店をお勧めしてます。

眼鏡屋は入りにくい雰囲気という世界をつくった業界がよくないのですが
本来は、誰の意見もなく自分で雰囲気だけ意見を作って、プロに聞いてみるというのが良いと思います。
もちろん何もプランなしで、プロに投げるのもありだと思います。

たとえば美容院行くのに、ご両親ついてこられるかた、一定年齢以上なら少ないと思います。
そういう形です。
(同様の意味で、弊社キッズの場合は光学的・医学的側面、ファッション的側面、総合的にご説明さしあげますので、当然ですが、保護者の方とご一緒に)


あと、ゆっくり決めていただきたいというご希望があります。
ご帯同の方がいらっしゃると、長い時間お待たせすると 気を使ってしまいますね。。。
そういう理由もございます。

ただ、
渋谷いつも申し上げますが「向こう3~4年のお顔のイメージを決めるセレクトです」
是非ゆっくりお考えいただければと思います。
(複数もつと、色々解決いたしますが。右から左とはいかないとは渋谷も思っております)


が、ご家族の事情、一人では出れない、など色々あると思います。
「この人の意見が聞きたい」という方がいらっしゃたら、是非ご帯同されるべきだとも思います。

もちろん全て、お客様の求められる範囲にて
よりよいセレクトのお手伝いをさせていただきます



「今日はカッコいいの(可愛いの)が欲しい」と決められたら、是非おひとりで。

渋谷のおススメです。

by koji-shibuya | 2015-03-08 12:10 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)


<< テレビ番組で メガネの特集      眼鏡屋 というお仕事について >>