Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 08月 07日

アイウェアオブザイヤー2014グランプリ作品 DJUAL G01(二見) 

希に
いい意味で、本来出てはいけないスペックなのに、ロールアウトしてしまった孤高・異端の商品」
が出回ることがございます。

車でいえばEK9。(公道が走れる、メーカー純正レーシングカーみたいなものです)
渋谷、詳しくはないですが、多分、バイクにもカメラにも、パソコンにもあるのでは?と考えます。

汎用的かといえば、疑問符がつきますが、
それを超える性能を有した 完全プロ(マニア)仕様。

そういう意味の流れでいうと、今回の商品もそれにあたります。
多分1回だけの生産。
今後はございません、 とんがり過ぎています。

a0150916_1017568.jpg

アイウェアオブザイヤー2014 グランプリ受賞作品
「DJUAL G01」遂に入荷致しました。

DJUALと言えばセルロイドフレームとしてのプロダクトを追求し続けるブランド。
派手ではない、しかし細部しっかり考えられた構造で、長く使っていただきやすい、
最高の日本ブランド。

そのコンセプトを踏襲。
ただし、今までとは違うやり方で。

a0150916_10261311.jpg

ヒンジ、ございません。
メガネの弦の部分を折りたたむ部分です。 それが、ないです。

a0150916_1027716.jpg

セルロイドの強靭さ、逆に薄く削ることででる柔軟さ
「この2つの論理を一つのフレームに」
確かにDJUALの本質ではありましたが、
究極的にはこういうことになるのかもしれません。


a0150916_10284080.jpg

発表は2013年のIOFT(参考画像は、その時の物)
大方10ヶ月経っています。

納品自体は各社ばらつきはありますが、通常の日本セレクトブランドでいうと
約3倍以上は時間がかかったイメージです。

工場さんから漏れ聴こえてくるお話を総括すると。
「本当に作成難しかった」模様です。

a0150916_10313138.jpg

せっかくのオーバースペック商品ですので、ブラック・デミブラウンの2つ仕入れております。

勘のよい方はお気づきですね。
渋谷は残った方買おうかな、と思ってます。
永久保存用として

写真の通りサングラスが入っておりますが、
度つきも、無色も可能になります。


a0150916_1032226.jpg

上から見るとこういう形です。
かけた感じは、とても良好です。2013のプロトの時よりもしっくりきます。


a0150916_10331039.jpg

ケースはこうです。
畳めませんので、自然こうなってしまいます。
所謂、携帯性は0点に近いです。

が、それでも・・・
ヒンジという当たり前の概念を捨てる、異次元のかけ心地へ という商品になります。

各色1本。計2本のみ。
是非。

by koji-shibuya | 2014-08-07 10:34 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)


<< AKITTO gents 到着...      先月の一番記事 と お盆休みの... >>