Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 11日

待っていた seacret remedy(二見)

年々、着る服の色が派手になる渋谷です。

昔昔、私が眼科勤めをしていた頃、
先輩に「渋谷は黒しか着ないよね」と言われたことがあります。

スボンが黒で、インナーシャツが黒だったので、帰宅のその瞬間、
上下黒のおかしな格好になっている ということでしたが。

それはさておいても、当時、確かにクローゼットの中は黒系がほとんどでした。
「黒なら無難」そういう考えがどこかで働いていたのでしょう。



また別の話。某ショップに買い物に行き。そこは革のベルトが豊富なセレクトショップなのですが
定価の分とワゴンセールになっている分にわけられて、
ワゴンセールになっているのは単色の黒ベルトでした。

黒のベルトは生活していれば必要なものにはなりますが、
セレクトショップに赴き、ポジティブな意味での新規購入で黒は選ばない。
そういう方が増えた(だから売れ残る)という意味に感じました。


ちなみに、渋谷。現在は服は 黒はあまり着ません。年々、ピンクなど派手な色が増えてます。
メガネもその流れはあると思います。




色で遊ぶ。

弊社ではいくつもブランドがありますが、その女性最先方は
a0150916_15365041.jpg

seacret remedy



a0150916_15381667.jpg


待ってました!のカラーリング。

「中心的におすすめができる白系」



メガネとしてはかなり派手な部類に入る色で、
はっきりと意見がわかれるカラーです。

しかしこれは、「中心的におすすめ可能」な白。


a0150916_15453231.jpg

カラーリングが砂糖菓子みたい。
seacret remedyの共通事項。


a0150916_1546276.jpg

プラフレームとしては薄く、軽い構造。

a0150916_15465977.jpg

テンプルエンドはアイコン付き。


ふんわり系のレメディ。。。
新しいレメディのファンをつくりそうな予感がとてもします。

やっと入った新色、
是非

by koji-shibuya | 2014-06-11 01:00 | 眼鏡(商品) | Comments(0)


<< ZEAL VERO 2nd 限...      王道 AMIPARIS (二見) >>