Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 04月 02日

二見ノイエとノイエキッズ の 子どもメガネ在庫状況

世の中には、コンテンツとしての流行り方が二つあって

「流行った年齢が加齢すると、コンテンツ自身もエイジングして ずっとついていく手法」

「流行った年齢が加齢したら、次の世代で勝負する。コンテンツ自体はエイジングしない手法」

後者はアニメ「アンパンマン」 とでも申し上げましょうか。

惜しまれながらも、3月で終わったお昼のあのテレビ番組は
後者のように見えて、実は、揺るかやな前者であった為 終了を余儀なくされた、
という部分はあった、と見ています。


ノイエキッズが後者なのは間違いないのですが、二見ノイエはどうかな。。。と考えます。

贅沢にも全方位型なんていうパッケージングには、いずれ無理が来るとは本当に思っています。
しかし、それを可能にするほど弊社扱いのブランドは奥行きがあったりします。

後者にしても、ではどの年代と共にエイジングするのか、
とても難しい問題です。

いつも、そんなこと考えています。






その二見とキッズ。

キッズでは公式ホームページでも記載があります通り約700本の在庫を誇ります。
「キッズ用」という意味では、ほぼ網羅していると自負しております。

そして、二見。
現状は「明石キッズでは人気があった品番」を中心に約200本の在庫がございます。
そして、その「人気があった品番」は概ね「強さ、装用感」重視のものです。

ですので、そちらを重視されるお客様には、
ノイエキッズほどではないにしても一定以上のご提案ができるかと存じます。

が、逆に、
「かっこよさ、かわいさ」重視であれば、ノイエキッズに大きく軍配があがります。

是非双方の店舗を上手くご利用いただけましたら、と思います。

by koji-shibuya | 2014-04-02 15:02 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)


<< 先月の一番記事      ZEAL 2014 New M... >>