Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 11月 06日

DJUAL OH-03  「艶・軽」 (二見)

車のシンクロ(部品の一種)がどうにも不調らしい、渋谷です。
「部品代はともかく、工賃が・・・」と思いつつ

「そういえば、眼鏡って工賃(現場お治しの場合)とらないなぁ。。。 ※ノイエの場合。他社様は請求がある場合もございます」

うーん、何が他業界と違うんだろう。
等と冷静に考えたりもいたします。

僕ら眼鏡屋は手前味噌な話なので、ともかく
眼鏡フレームを作る方々の工賃は無視できないと。

じゃあ、やっぱり車の工賃もしっかり払わないと、という部分に戻ったりもします。

技術はタダじゃない。
またタダであってはいけない。と。

しかし ここまで言っておいて

ノイエはこれからも 店頭調整でお金を頂く予定はありません
頑張れノイエスタッフ!!と熱いエールを(?)





さて、大好きなDJUAL OH-03届きました。
a0150916_10292942.jpg

3色ございます。


DJUALといえば、セルロイド
a0150916_10324557.jpg

HANDMADE IN JAPAN  celluloid の刻印。

まずは艶をご覧下さい。

a0150916_10353279.jpg

a0150916_10354613.jpg

a0150916_1036241.jpg

a0150916_10361793.jpg

a0150916_10365868.jpg

a0150916_10371746.jpg


セルロイドでのみ出る「艶」
シンプルで長く使うことができます。


弊社扱いブランドの中では デザイナーを指して 「設計者」
という言葉が似合うDJUAL


a0150916_10392832.jpg

セルロイドの弱点である「比重」の高さ。
これを設計で打ち消しています。

店内でもトップを争う掛け心地

セルロイドでそれを実現するのは、設計の妙
そして設計者が対話の相手とする職人。

日本が持つ 最高の職人技術が このフレームに注がれています。

是非お試し下さい。

by koji-shibuya | 2013-11-06 10:41 | 眼鏡(商品) | Comments(0)


<< Lafont LEGENDE ...      先月の1番記事 >>