Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 17日

アセテートフレームのオモシロさ(二見)

大分暖かくなりましたね~

たまには普通の序文も書く渋谷です。

仲良くさせていただいているお店のブログを拝見してると

私と同じように「うわーーー(勢い的表現)」って書いておられる方もおられますし
あくまで冷静にしっかり書かれる方もいらして、

冷静にしっかり書かれている方が同い年だったりすると、
ちょっと私恥ずかしくなったりも、人並みに致します

でも私には多分無理なので、
また次から「何処で飲んだ(飲んでない)」とか「ムスカ大佐がどう~」とか書きます(?)




本題の、アセテートフレーム。
お客様には「何それ?」とおっしゃられるかもしれません。

もっともポピュラーなプラスチックフレームの素材がアセテートです。

ちなみに、アセテート以外でプラスチックフレームだと、
セルロイドですとか (光沢がすばらしい。弊社だとDJUAL!!)
TR-90ですとか (柔軟性に優れている 弊社だとキッズでタンバリンキッズ!!)
とかもあるのですけれど、それはまたその内ということで

本日はアセテートフレームのご紹介。

各素材に長所がございますが、
アセテートフレームの長所といえば「発色がよいこと」「貼りあわせが比較的簡易なこと」が代表的です。


例えば
a0150916_1051297.jpg

Seacret Remedy S-001 C.04

室内でも もちろん綺麗な発色、張り合わせですが

a0150916_10525385.jpg

外では本当に美しく輝きます
まるで最高のパティシエが作った砂糖菓子のようです。

裏面にクリアをはっているのは、度数の厚み隠しというのが本来の目的でしたが
たとえ度数が入ってなくても、その恩恵は別個に且つ十分にございます




男性物(女性でも十分いけますけれど)では
a0150916_1055174.jpg

immature mod-PASCAL Col DM/CL

これも室内でも綺麗ですが、クリア部分とデミ部分がはっきり分かれている印象。


ところが
a0150916_10563626.jpg

この加工でしかできない、クリアとデミの混ざった素晴らしい色に。

a0150916_10582782.jpg

「地味派手」って勝手に私は言ったりしますけど。
男性は、この地味派手方向もオススメしたいと思っております。


ちなみにキッズだとgoshとかすごく綺麗です。(写真なくてゴメンナサイ)
是非アセテートフレームでしか出せないカラーリングで遊んでくださいませ。

by koji-shibuya | 2013-03-17 11:00 | 眼鏡(商品) | Comments(0)


<< AKITTO 新作 wip (二見)      先輩来店!!(キッズ) >>