Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 11月 10日

鯖江 一日目

a0150916_9221127.jpg

福井に行きましたら「8番ラーメン」もオススメです。

グルメ日記じゃありません、メガネ日記(?)です、渋谷です。



鯖江旅一日目

まずは、前回もお伺いしたキッソォさん。
a0150916_9301987.jpg

メガネの生地屋さんです。

「あれ、これ京都のMURAさんのブログで見たよ・・・」
っていう方がいらっしゃったら
「そりゃ、サヤカ店長が、ここからなら綺麗ですよ」って教えてくれたからですけど。
開き直ります

ほら良くみると、店長写ってるでしょう?(開き直り)

でも、真面目な話、
この日は一日ご一緒させていただいたのですけど、
「綺麗というポイントを見つける能力が抜群に高い」と感じまして

全くかなわんね、こりゃ。
と実は思ってました。


で私が気に入ったのはこちらの生地
a0150916_9415111.jpg

の下から2番目。

イタリア マツケリ社の新作生地。
同社といえば発色の美しい色

それに比べて日本の会社は発色が・・・
a0150916_9453347.jpg

というのは昔の話、というのが実感。

もちろん比べるとマツケリ社の方が複雑なカラーリングが多いですけど
かなり日本製もカラーリング豊かに。



今回帯同させていただいたのは、上の京都MURAさんと。
a0150916_9494338.jpg

企画 メガネのアライ 新井さん と
イマチュア職人 兼 グラスバレ 三須さん。

「足りてない部分を補えている感覚なんだ」というお二人の
阿吽の呼吸で生地選び。

これが名作ができる初期段階なんだなぁ、と拝見しておりました。


他にも生地屋さんを伺い
思ったのは、メガネのデザイナーは一種、異常ともいえる感覚を持たねば不可能
ということ。

これ見てるデザイナーさんは怒るかもしれませんが・・・
でも
a0150916_9574774.jpg

このチップをみて、
場合によってはもっと磨かれていない大きな板を見て
「これならイケる。いいものが作れる」と踏み込むわけです。

実際の詳しい描写は書きませんが、今回ご一緒した三須さんも
生地をじーっとみながら、一種のトランス状態へ。

「新井さん、三須さんが何やらすごいことになってますけど」と驚いて私が聞くと
「いや、俺もギア入ると、ああなるよ(笑)」という返事。
クリエイティブな人は皆そうみたいです。。。


あくまで小売業として、
それでも私は一歩そっち側に近づかないとダメ。
とは思っている意識を、更に強くしました。



明日は二日目、ちょっとセンチメンタルな(?)機械のお話。

by koji-shibuya | 2012-11-10 10:05 | 眼鏡(商品) | Comments(0)


<< 鯖江 二日目      先月の一番記事 >>