Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 03月 30日

思い入れの強いフレーム その1「FLEYE by AKITTO uty」(二見)

FLEYE川上さんのブログを見て渋谷的には激震が走りました。

「パーティーの〆は ic!berlinの代表ラルフ氏 独唱」

弊社はicさん(超有名シートメタルブランド)とはお付き合いないのですが
「いや、これは見たい」と思っています。

いける可能性は現段階では、かなり低いですが、
高画質でのYou tubeで流出を強く希望していますw

何歌われるんだろう・・・。

業界の大物ラルフ氏も
私の家内(眼鏡業界無関係)には「ああ、あのオレンジのスーツの人」と言われています。

まぁ・・・正解です。




さて、この展示会2週間前ぐらいの時期は最も
「何を書いたら、いいんだ~~」となる2週間です。


ということで
個人的に強い思い入れのあるフレームを再度クローズアップしていきます。

もちろんトップバッターは
a0150916_1151077.jpg

FLEYE by AKITTO
(坂根店長がディスプレイを変更してくれまして、現在大変綺麗な空間に)

その中でもこの一番手前でピンボケしてる(させてる)こちら
a0150916_11524142.jpg


FLEYE by AKITTO「uty」

SLIT(春の展示会)がくると思い出します。
知り合いなんて誰もいない会場 取引業者0 アポイント0 完全アウェーの真っ只中だった
一昨年の私。

会場ぐるっと回って「なんか会場がすごいけど、とにかく勝手がわからない」という中
展示ブースでこちらのフレームに一目惚れ。

忙しそう~~にしているイケメンさん(後にデザイナーの川上さんと知る)捕まえて
5分話を聞いたら、より虜に
「忙しいとは思うのですが、いつまででも待つから時間ください」と私。
すると閉展間際に15分時間を頂きました。それまで約5時間。

いやーー待ったw
もう、utyしか眼に映ってなかった私は、時間潰しに散歩で神宮球場とか行きましたw
(3分で飽きて戻りましたが)

実際は東西眼鏡愛好会とか行って、
DJUAL柳さん USH外山さん イマチュア 三須さん アライ社 新井さんともお話はしましたが
(この年は現在の基幹ブランドのほとんどのデザイナーとお会いしてますね・・・)
東西だけで5時間というわけにはいかず~~でした。

でも今でも、それがないと今が無いと思うと、全く後悔してません。
私の人生で「最も重要な、しかしながら手持ち無沙汰な5時間」でした

お会いしたアネットさんは、ワインを勧めながら、丁寧に説明してくれたことを覚えています。


a0150916_1251670.jpg

なんといってもココ。


a0150916_1255564.jpg

造形の奥行きを出す為と、副産物としてのフレキシブルな機能性
もちろん、あるのですが、
この七宝は一枚一枚マスキングして注射器で注入してます。

現在のモデルも全てですが、手作業の工程・敢えて大変になる工程の多いこと。

a0150916_129439.jpg

テンプルエンドは見た目にもフィッティングバランスにも一役も二役も買う優れもの。


a0150916_1294630.jpg

私は男性ですのでこのフレームを掛ける事はかないませんが
(私が顔が大きいからというのが理由。デザインだけなら是非掛けたい)

思い入れのあるフレームは?となると、やはりこちらが一番に思いつきます。

by koji-shibuya | 2012-03-30 12:10 | 眼鏡(商品) | Comments(0)


<< 思い入れの強いフレーム その2...      東京展示会 と 同行予定 >>