Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 23日

メガネが外れることが目的ではなく(キッズ)

ノイエキッズではツイッターをはじめました。
ノイエキッズスタッフブログにはってますので、是非フォローくださいませ。
名前は"neuekids"です。

・・・フォロー数が増えてきたら、その方限定に何かイイコトする、かもしれません
とか、無責任な事言う責任者、渋谷です。

でも楽しいことは大好きなので、何か出来たらいいですね。
ちなみに最初にフォローしてくれたのはLafontさんでしたw

では御礼に、明日はLafontのご紹介をさせていただくとして
今日はちょっとマジメなお話





ノイエキッズでは斜視弱視用でご相談頂く場合
こう、よくお聞きいただきます。

「将来的にはメガネは外れますか?」

このご質問、うーん。なのです。

回答としては「先生(又は視能訓練士の方)はなんておっしゃってましたか?」
とお聞き返すようにしてます。

弊社では視能訓練士の清水店長に、眼科勤務経験もある私以下ノイエキッズスタッフと、
全員が「ある程度その分野に明るい(店長はそのプロですが)」ので、
答えれないわけではないですが、
あくまで
●お子様 ●親御さん ●眼科 ●眼鏡屋
二人三脚ならぬ、四人五脚で治療に向かわなければなりませんので、
専門的な部分は、専門の方にできるかぎり任せよう、と思っています。

ただ、しつこいほどにご説明はさしあげるのがノイエキッズのポリシーです。
(ここが重要。予想や憶測でのご回答はなるべく控えるというだけです。)

店長に視能訓練士に来てもらって、なお眼鏡屋はお客様へそれぐらいの配慮は必要
という治療眼鏡に対する私の考えからです。


ただ一つよく誤解されていることが多いのですが
治療用眼鏡や必ずしも、眼鏡を外すことが目的ではなく、矯正視力(眼鏡を掛けた状態の視力)を上げることが目的
なんです。

「えー、じゃあ外れないの?」かというとそういうことでもないのです
話は混み合いますし、一つ一つ症例がありますので、割愛しますが。
概ね共通は「矯正視力を上げることが目的」ということです。


この話を
「いかにお客様に安心していただける体制にするか」がノイエキッズの方向性です。

その方向性が
●多くのオシャレなフレームで少しでも楽しい気持ちで眼鏡をかけていただけること
●専門的な知識を持ったスタッフをできるかぎり配備すること
●また調整だけでも来たいと思って頂ける店作りをすること
という現在に繋がっています。

実は足りていない部分もはっきりと見えていて
これもいずれフォローしたいと思っています。
それは技術面の問題ではありません。努力では覆せない立場的な面です。
(ないと致命的に困るという点ではありませんが、あればもっとよくなれると思います)

ノイエキッズはこれからもお客様のお声の中で伸びます。
何卒ご指導いただきますよう宜しくお願いします。

by koji-shibuya | 2011-07-23 17:59 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)


<< Lafont  サングラス(二見)      来店予定。~プロとは~ >>