Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 12日

Lafont ISSY&LA

どんな販売業でもそうですが
「え、なんでこれが、まだ残っているの?」と思うような商品があります。

弊社(二見)も1000本以上フレームを在庫しておりますので
そういうこと、あります。

今日はそんな一本をご紹介。

a0150916_10554331.jpg

Lafont ISSY&LA DENIM C.146

すごくシンプルな、思うに男性向けフレーム(女性でもなんら、問題ありません)
お客様に見逃されている理由は、この男性向けってとこだと思います。

Lafontというと「美しいデコレーションの女性用
そんなイメージは、私ですらあります。

もう一点あげるとすれば、日本人の「クリアフレーム(特にデミっぽいの)に対するアレルギー」
これは、おいてあると、派手に見えるのですが
かけると光の関係で「非常に馴染んで見えます」
つまり手にとっていただけるかどうか、が勝負・・・。

ちなみにかけてしまうと、
このDENIMは、どんなシーンでも対応度か高く
スーツでも映えますが、
その名前通り「デニムといった、普段着でかっこいい」こと間違いありません。

a0150916_10591246.jpg

オシャレメガネっていう、言葉が実はあまり好きではないのですが
(そんなざっくりした、単純な言葉って、と。でも現実的にはよく使います)
でも、このフレームはその"オシャレメガネ"といいざる終えません。

テンプルエンドはラバーで優しくお顔を包み込みます。

普段しないのですが、私がかけるとこんな感じ
a0150916_1105654.jpg

向かって右側は光量が少ないため、おちついて見えます(室内くらい)
左側は光量がおおく、やっぱり華やかなフレームに見えます

架け替えなくても二通りのイメージ(オンとオフ)で遊んでいただけます

レンズのカラーなんて入れ始めたら遊び方・魅せ方は無限大なんです
このシンプルなフレームでも・・・それがクリアデ(ササ)の魅力。

顔の小さいかたもかっこいいですが、私ぐらい(相当大きい)の大きさなら、対応できます。

是非お試し下さいませ。

by koji-shibuya | 2011-06-12 11:04 | 眼鏡(商品) | Comments(0)


<< ルディプロジェクト マグスター...      勉強会 >>