Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 08日

眼鏡相対性理論の進化 DJUAL 入荷

昨日はノイエキッズで
午前中に「新見眼科」から新見先生名義の処方箋を頂き
お客様にお話を伺うと、9時過ぎで100人を超える勢いで
すごい混み様だったとのこと。

それで同日午後に「レイ眼科クリニック」から新見先生名義で処方箋を頂き。
「2時半の予約だったんですが、その時間には診察に入っていただいて~」とお客様がお話。

終業近くに思った内容は
●新見先生は一人だけ、違う時間軸で生きているらしい
とか
●実はテレポーテーションが使えるらしい(もしくはどこでもドアを所持)
とか、人智を超えた技をもっているという冗談めいた賛辞と共に、
まじめには「すごい体力だ・・・」と思う次第の渋谷です。



さて、本題です。

東京展示会の仕事きてます。
DJUAL 
眼鏡相対性理論をうたう、柳氏の職人的行動の上に産まれた眼鏡。

a0150916_12221164.jpg

真剣に私物が欲しくなった LT-07

a0150916_1223294.jpg

同型のブラック。シェイプも、クラシックとモダンのまさに相対性。


a0150916_1224321.jpg

新たな試みとなる LC-01 Col.20

この品番のすごいのは
a0150916_12251219.jpg

この角度。
すりあわせ、流麗かつ嫌味のないデザイン

これが素材はセルロイド・・・
「どれくらい工場を話し合ったんだろう・・・」と。思います。
限界という均衡を保っています。



a0150916_12283151.jpg

こちらもあらたな試みのLT-08

柳氏曰く「女の子にもかけてほしいな。と思って」とのこと。
踏み込み位置は現在のノイエから、さらに一歩前だというのは承知で、入荷しています

「素材の可能性の追求をしていくと、相反するものも理想のバランスで、最適化されたカタチになる」
まさにこの思いを物質化した、ニューラインとなっています。

是非お試しください。


追伸:
FaceBookに登録していると申し上げましたが、当ブログは自動的にそちらにも掲載されます。
今回の記事の新見先生もDJUALデザイナーの柳氏もお友達登録されているわけで
書きながら「変な感じ」がいたします。

by koji-shibuya | 2011-05-08 12:36 | 眼鏡(商品) | Comments(0)


<< 眼鏡関係者的雰囲気       写真で見る最近のできごと >>