Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 21日

美しくも機能的な芸術品「La LOOP」 私物分入荷

あるお店の影響から
ジン(40度くらいのお酒)を冷凍庫に冷やしてるのって、なんかかっこいい
と思い、購入
自宅で「邪魔やわ、これ」と大変煙たがられている渋谷です。


さて先日の鯖江研修中に、
私の仕事携帯にグローブスペックスの服部さんから連絡が
「じゃ、渋谷さんと清水さん分送りますんで~、また4月お会いしましょう~」と。

そして到着してます。

a0150916_1002063.jpg

La LOOP 978L ¥24150
そして、FLEYE by AKITTO dee Col.3627

やばい・・・カッコよすぎる・・・。
これが正直な感想。(見れば分かりますが、現在deeは諸事情でレンズ外し中)
この品番のイメージは砂漠。


La LOOPは色々な種類がありますが、これは貝や石がついているシリーズを除けばやや高めの部類。
実際清水店長の 661は ¥16800(これもご紹介したいですが、本日清水店長公休、これがまたかっこいいんです・・・)

私の978L。
スタッフ全員から「ああ、渋谷さんっぽいですね」との評価。
服部さん曰く、「黒人のマッチョマンとか着けそうですよね」とのこと。
残念ながら私は、「黄色人種のポッチャリマン」ですが、これはかっこいいです。

a0150916_107760.jpg

これがラループの噂の、回旋丁番
これが、二つ、そして左右で二つ、全部で四つ、ついてまして
ということは

a0150916_1011343.jpg

こんな風にひっくり返っても・・・


a0150916_1012646.jpg

こうやって戻ってくれて。常に安定した状態でつけれます。

今まではこの手の商品は、メガネの両弦にチェーンをつけていたわけです。
これが外すと、どうにも「おばあちゃん」という雰囲気になりがち。
その理由は「それが、道具としての使用だから

ラループは「アクセサリーであって、非常に機能的な道具
この両方を備えたもの、それがラループです。


現在、ニューヨーク近代美術館(MOMA)内のミュージアムショップにて販売
されていることからも、最先端の芸術品としての評価も高く、
ブラッド・ピットやエリック・クラプトン、女性ではサンドラ・ブロックやジェニファー・ロペス等
が使用していることでも有名です。
(他にも書ききれないくらい多数の著名人が使用。個人的にはロックバンドU2のボーカリスト「BONO」がしているというのは熱すぎます。BONOといえばサングラスってイメージありますし)

女性はもちろん(貝のシリーズとかアクセサリーとしてだけでも一級品)ですが、
アクセサリーをすることにまだまだ世間的には少数といえる男性にしてもらいたいです。
個人的には「いや、これただのアクセサリーじゃなくて・・・」
という理由付けのもとオシャレしてほしいです。

さりげなくリーディンググラスをつけてみせたり。
妄想は広がりますが、「考えるだけでかっこいい
(サングラスもかっこいいですね。室内に入って、かばんをごそごそ・・・はクールじゃないですね)

NYや日本でも大きな都市には取り扱いはありますが
「それが、明石で買える」ってのがノイエスタイルだと思ってます。
お茶のついでに、ご覧下さい、そんな軽い気持ちで十分です。
(播州地区では弊社のみ扱いとのこと、今後増えるかもですが)


熱く語りすぎましたが・・・
物自体は、シルバーは925、皮部分は本皮、石のシリーズもスワロフスキーや、貝も希少価値の高いものを使用しています。
(ざっくりした書き方なのは、本当に一本づつ説明しなければならないほど材料にはこだわっています)
単純なアクセサリーとしても、十二分に素敵です。

二見での導入は5月~6月くらいを予定していますが。
「いや、欲しい」という方は渋谷にご相談くださいませ。

美しくも、機能的でなくてはいけない
この言葉にピンとくる大人にオススメです。

まぁ・・・実はそれがメガネ本体の本質でもあるんですが。
これは、今日の一番言いたかったことかもしれません。
そんな意味をこめての私からの先鋒でもあります。

あ、私は既に2つ目の購入を検討してます。

by koji-shibuya | 2011-02-21 10:31 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)


<< 認めながらも、ひっくり返す      そうだ、鯖江へ行こう(最終回 ... >>