Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 01日

レンズ付って?

「好きという言葉が好き、嫌いという言葉が嫌い」
どうも、こんにちは、狂ってません渋谷です。
こんな言葉に感銘をうけています。

あと、最近、心に刺さった言葉は例のサッカー、アジア杯決勝戦
GK川島選手が足一本でファインセーブをしたときの
「まもーーる!!」です。(って言ってましたよね?)
二文字で言うと、まさに咆哮でした。

日常では使い道のない二つの言葉でした。そんな2月。


本題に入ります。
メガネ屋さんで働いているかたはよく聞かれる言葉があります。

「これはレンズ付の価格ですか?」

弊社もセット(つまりレンズ付)があって、一般のフレームだけの価格もあり
だからややこしいのであって、弊社の責任もありますが、

お話の中、多くの場合は「いや、多くのお店ではそうじゃない?」とのこと。
どうも弊社だけの責任ってわけでもなさそうです。

いや、大手で働いていたこともある私(全品レンズ付の)
そして自分自身に問いかけます。

「ではその、ついてくるレンズってなんですか?」
「つまりご飯屋さんにいったら出てくる、水的な(当然FREE)感じ?」

で、働いていた大手スタッフだった過去の私は
「うん、そんな感じ」
次いで「ジュース飲むし、お酒も飲むでしょう?それは有料」との返答。
我ながら、なかなかの企業戦士ですね・・・。
(※今は別の販売体系にかわったようですが・・・)


では
日産のカルロスゴーンさんに似てると私は思っているベッ○ーさんのCMの眼鏡の会社とか
「それは、いわゆるドリンクバー的な。」

ドリンクバーってあまりおいしく感じないのは私だけかもしれませんが
壊れてると水っぽかったりしますよね?
(意味深ですが、多分、実際のドリンクバーの話です)

で、現在の私(ややこしくてすいません)
「メガネという物において、非常に重要な意味をなすレンズ、それが無料?」
もしくは
「最初から、フレーム代に上乗せ?でも弊社が扱っているフレームはそれができないものも多くあります(インポート物やハウスブランドは、ほとんどダメ)」

非常にお客様よりの性格なもので、極端なこだわりは実はないのですが
レンズ付でだせるものはだしますし、出せないもは出せません、でもついてくるレンズのグレードを下げる、これだけはしたくない、しいて言えばそれだけがこだわり
こんな感じです。

もう少し私もメガネ屋として成熟すれば皆様に「こうなんです」とはっきりいえる日もくるかもしれませんが、弊社現状は「両方楽しんでいただければ」という感じです。

今日はサイコダイビングまでしてしまい、
やや寒さに負け気味 そして飲食店に例えるのが好きなことを理解した 渋谷でした。

by koji-shibuya | 2011-02-01 11:15 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)


<< 人気急上昇中の SWANS      今月の一番記事 と LESS ... >>