Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 09日

固定概念 と 眼鏡新作入荷予告

「店長がいない日に 『今日、マスターは?休み?』って聞かれましたよ~」
と店長公休日を店を開けてくれているS君が教えてくれました。

ついに、私もマスターか・・・」と思いました。

ありがたいことに当喫茶店はモーニングタイムにかなりお客様にきていただけるようになりました。
その点、眼鏡屋は「普通のお店は10時開店、当店は早めの9時開店」なので9~10はレンズも来ませんし、正直事務整理ぐらいしかすることなかったのですが、
最近は9~10時は喫茶店でモーニングセットを作っています。

お客様から愛情をもって呼んでいただけるなら、
(喫茶店の)マスターでもメガネ屋店長でもありがたいことです。



本題です。
お客様からだったり、そうでなくても「職業は眼鏡屋なんです」
と何かの時に自己紹介をした時 結構な割合で
「手先 器用なんでしょうね~」
と言われます。

問屋さんからも
「渋谷さんも、子どもの頃、プラモデルとか作ったクチでしょ?戦艦大和とか、姫路城とか」
とも言われます。


戦艦大和どころか、ミニ四駆すらまともに組み上げたことないですよ、渋谷少年は
というのが事実です。
はっきりいって不器用ですし、昔から細々した作業は大嫌いで、
どちらかと言えば超合金のロボットの腕や首を極めて取ってしまうのが得意な少年でした。

就職活動に入った、大学生の私は
「喋って商売になるのがいい、だから接客業。商材は・・・まぁ眼鏡かけてるから眼鏡でいいか」
ぐらいの、今思うと不遜の塊が就職したようなものでした。

「接客したい」、で飛び込んだ眼鏡業界。でも奥行きのある接客をするには「検査がわかっていないと」「加工ができないと」結局中途半端な商品ができあがりますし、接客時に不安が出ます。きっとお客様はもっと不安になります。

接客をもっと上手くするために覚えるというのが、最初の動機でした。今は検査・加工自体の魅力にもすっかりとりつかれてしまいました。

と、いうことですので、我ながら不器用なりに、必死で練習しました。
今でも「すぐに感覚が鈍る」ので、閉店後に残って
まるで新人のような練習を繰り返すことがあります。

何人かしか新人の教育をまかされたことはありませんが、
最初からできる器用な人がいると
「やるな~」と思いながら「悔しいな・・・」と思ってます。

だいたい眼鏡屋になる人が手先が器用な人が多いのは事実ですが
私は割と例外の人です。メガネだけは練習したから、です。

器用だとおもってメガネ以外の色々頼んでくれた人、
期待を裏切ってごめんなさい。


今日の意味のない→先の長い 眼鏡新作入荷予告

もうすぐ、映画 踊る大捜査線3 公開ですよね~
ピンときた方は、それで正解です。2本+色違い1本 きますよ~。
諸事情で予約はお受け出来ません。申し訳ありません。入荷をお待ち下さい
(7月上旬予定、映画公開とほとんど一緒です)

by koji-shibuya | 2010-06-09 09:30 | その他 | Comments(0)


<< 眼鏡 専用ケース論議      HAKKA KIDS 入荷 >>