Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 04日

視力矯正方法

「今までにない、アクセス数・・・。何かまずいことでもしましたっけ?」
本日、ブログの設定を見て思いました。
大したこともない(?)自分のした悪い事を思わず思いかえしてしまいました。

アクセス数UPの理由はコチラ

「影響力ありすぎです、松本先生」

少しの間ですが、松本先生は新見眼科でも外来診察をなさっていました。その時のお客様(患者様)で
「最初は茶色とかの眼鏡を買おう思ってたけど、松本先生が赤い眼鏡をかけてられるのが素敵で・・・赤い眼鏡下さい!!」と仰る方が短い期間にも関わらず複数。当時、赤い眼鏡の在庫確保に奔走したことを思い出します。

メガネ専用ブログからオープンな場所へのお引越しのススメ」を頂いた時
「ブログサイト、よく知らないんですよね・・・ああ、松本先生のやっているとこなら間違いない!」という大変他力本願な理由でエキサイトブログを選らんだ経緯もあり、嬉しいやら、恥ずかしいやらです。
あ、私も影響うけてる・・・やはり影響力の大きい方です。

そして、先生のブログでも記載いただいているレーシック。

店長は眼鏡屋なのに(?)レーシックを受けています。
しかも当店の店長になるのとほぼ同時に023.gif


意外にも懇意にさせていただいているお客様からは好評。メガネに詳しいお客様からは「そのメガネ度数はいっていないよね?」と指摘される事もしばしば、でも概ね好評ですし、皆さん興味津々。

問題は同業者です。店長は28歳なので、一回り上くらいまでの懇意な同業者は とりあえずの
この(眼鏡業界内の)非国民め」とか「眼鏡屋の魂はないのか?」などというおざなりな冗談の話をふる人もいますが、基本的には
「で、実際どう?やっぱりいい?メガネやコンタクトと比べて見え方は・・・」と興味津々。
みんな、視力矯正で仕事しているから少しでも情報を得て、自分の為に活かそうとしています。

でも残念ながら中には「レーシックに限らず、メガネ以外の視力矯正の方法を否定し続ける」人がいます。

重箱の隅をこれでもか!というほどにつつきます。
コンタクトは酸素が~近方視が~、とか レーシックは病気ではない人に手術は何たら~等等。
理屈を理解するのは自己研鑽に有効ですし、楽しい部分もありますが・・・

私眼鏡屋ですが、「いや、眼鏡もいっぱい不便なところありますよ」と思います。
自己の(眼鏡の)不便なところは蓋をして、それ以外視力矯正は徹底追及。
ナンセンスです。あえて横文字です。

そういう方達に言いたいことは山ほどありますが、「とりあえずお客様の方、向きませんか?」と思います。
店長の向いた結果は「あらゆる視力矯正の方法を頭から否定しない」です。

店長にも眼鏡屋のプライドがありまして「出来合いの老眼鏡はダメですよ」とか言う事もありますが、

中学生から眼鏡をしてて、コンタクトもして、レーシックを受けて、(オルソケラトロジーも本当はしたかったのですが、手を上げれなかった・・・)、その経験の中から、色々話すとお客様も「なるほど」と思われます。

ちなみに店長はレーシック、すごいオススメです。松本先生のお陰で非常に調子いいです。

「何言ってんだ?」という眼鏡技術者にもう一つ。

道具としての機能がなくなても、または、なくなったからアイウェアとしての選択肢も広がるってこともありますよ。眼鏡の可能性を勝手に視力矯正だけにしないで下さい」です。

なんとも偉そうな、一年目 新人認定眼鏡士の一考察です。
皆が右だけを向いていたら回りこんで逆から見たくなってしまう「大人、こども店長」です。
でも、これも、以前書きました「相互理解が必要な眼鏡という世界」です。

by koji-shibuya | 2010-04-04 11:31 | その他 | Comments(0)


<< アミパリ J SPIRIT 新作入荷      miki HOUSE 入荷 >>