Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 28日

強い味方

店長は前職では大手眼鏡店の販売員でした。検査・加工・販売が業務の全てでした。

「本部から送られたものを、売る」が当たり前で、加工や検査にこだわりをもっても、商品自体は会社が指定したものを売っていました。

現在は仕入れ、も担当しています。
「ずっと眼鏡屋で働いていたんだから、それができて当たり前」と思われがちですが、これは大きな会社なら「仕入れだけを専属でする部署」があるくらい難しく、細分化されてしかるべき仕事です。

というのは大きな会社の話で、当店のような単店舗では店長が仕入れをする事を強みにするべきです。お客様と直接対話をしている人間が仕入れをすれば余計な雑音がはさまらないから、です。

数・広さの論理に対して 純粋さ・深さの論理というところでしょうか。

と、はかっこいいことを並べても、店長は就任当時「仕入れ素人」でした。
そんな私を助けてくれたのは彼です。
a0150916_1024161.jpg

内田屋、Nさんです。

まったく仕入れど素人の私を一からレクチャーしてくれました。現在も困った事があると大抵、彼の携帯に連絡がいきます。
他店舗の店長さんからも「ほんといい人だよね、Nさん」と評判の良い営業さんです。

大抵「きっと営業成績としては残らない」仕事(私事?)も快くうけてくれます。そんな時の彼の口癖は「お店の為になればそれでいいですよ」です。

初めての東京、IOFTの会場で、彼の顔を見た時の安心感は今でも忘れられません。

by koji-shibuya | 2010-03-28 11:32 | その他 | Comments(0)


<< RUDY PROJECT 正式入荷      シンシアローリー 追加入荷 >>