Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 23日

東京展示会 恒房

今更、新渡戸稲造の「武士道」を読み始めた渋谷です。

家内からは「(タイトルと有名度から)意外にも読んでなかったの?」と言われましたが実は未読。

まだ、半分も読んでいないのですが、
「うーん。。。これは?」
と思ったり思わなかったりします。

悪い・良いという話ではございませんで
もっと、年を取る前、自分の中での武士道というイメージが確立する前に読むべきだったと

そうすれば、自分の考え方にも変化が出ていたかもとも、思う次第です。




さて、東京展示会。
色々と取扱いブランドではない箇所にもよっておりますので、取扱いブランドご紹介の最終回

a0150916_21572481.jpg

私の眼鏡の師匠の「恒房」

今回の物は
a0150916_21584413.jpg

唯一無二にて、完全補完的。

サークル系の眼鏡は世の中には数ございますが
この質感、感覚。

a0150916_2201591.jpg

クリアの出し方による、色の妙。

全ての方に兎に角お勧めできるという物ではありませんが。
個人としてはこの日見たメガネで一番でした。

入荷を是非お待ちくださいませ。

by koji-shibuya | 2016-04-23 22:01 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2016年 04月 21日

東京展示会 mixage/zeal

長くなっている東京展示会レポートもラスト2つ。

今回は初めて伺った
a0150916_1116393.jpg

池袋(サンシャイン)

駅からサンシャインまでは、アニメ関係のショップが立ち並び
「なんだか、池袋のイメージと違うな。。。」という印象。

そこで行われたいた展示会では、様々なブースで注文をかけていますが、
特にといえば

a0150916_11184667.jpg

ミクサージュキッズ アセテートモデル。

「お子様には、クラシックスタイルの眼鏡がインポートでしかない」
「日本製で、クラシックだけど、ちゃんと可愛い、使いやすい」
のラインをしっかりなぞれたフレームになっています。


a0150916_1120851.jpg

原宿に戻って、VOS。

香港を中心に、日本を除くアジア圏では絶大な信頼度、人気を博すVmagazine
そのVmagazineを中心に行う展示会が日本で初めての開催となります。

香港展示会に数度行った感触としてはVOSは最も華やかなブースの一つでした。

弊社でいうと
a0150916_11223826.jpg

zeal

a0150916_11231160.jpg

新色に

a0150916_11232572.jpg

新型

そして
a0150916_1124130.jpg

限定モデルも(既にこちらは入荷済)

是非チェック下さいませ。

by koji-shibuya | 2016-04-21 11:24 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2016年 04月 20日

東京展示会 ush/seacret remedy

ハイファッションという事にも
チャレンジしていくべきと決意新たにする渋谷です。

お客様におかれましては「へ?」というお話かもしれませんが、
仕入れをすると、「売りやすい商品」「売りにくい商品」というのは確実にございます。

「売りやすい=多くの人に受け入れやすい商品」ですので
私は、双店舗の責任者として、店舗内の比率を考えなくてはいけません。

つまり、いくらカッコいいと私が思っても、独りよがりではダメ。

けれど各店舗が専門店である以上
攻めないようでは、先はない。
とも同時に思います。

攻めた提案”も”できる店でなくては。

でも安心して、お客様には「これが今 一番かっこいいですよ」と胸張れる商品。
ここには自信がある商品の現在筆頭となる、USH/seacret remedy




a0150916_10131351.jpg

今期のseacret remedyは攻め攻めです。

a0150916_10134934.jpg

メガネは一点だけ持つという方も多いと思うのですが、
そうすると、礼服にも、スウェットにも似合うようにと、
かなり無理を強いられるのがメガネの運命

本来、この時ははこれ。
服も髪も気を使っているけど、眼鏡が最安量販品。。。

そのアンチテーゼです。
メガネオタクの渋谷は震えるほど「カッコいい。。。」とうなりました。


もちろん
a0150916_10162245.jpg

安心、安全、そしてしっかり可愛い、という商品の補充もしております。



そしてUSH
a0150916_10165978.jpg

「これは、またスゴイの出てきた。。。」
これが率直な感想。

完璧なディテールに、装飾。
ハイファッションとはこうです、という真ん中。
渋谷は今期これを買います。

a0150916_10183823.jpg

もちろん安全安心、しっかりオシャレも入荷します。

入荷後、店舗で是非お試しいただければと思います。

ファッションの最前線に、眼鏡から立ちませんか?

by koji-shibuya | 2016-04-20 10:20 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2016年 04月 18日

東京展示会 Lafont・onbeat

今回の出張は割と元気でしたが、

自分で理由を考えたところ
「道にあまり迷わなかった」からだ、という結論にいきついた渋谷です。


ヒカリエ、サンシャイン等、比較的大きな建物に行くことも多い展示会。
「見えている だけど 到着しない」という都会独特の感覚に負けてしまうことが多い中
今回は比較的、あくまで比較的迷いませんでした。

渋谷駅の「行く度に、道順や目印物が変わる」という
リアル・トルネコの大冒険現象は今回は少な目

しかし、大工事中でしたから、来年は。。。
覚悟はしておきます。




さて、その渋谷で行われていた展示会。
二見・キッズ両店舗で楽しみにしているブランドといえば
まずはLafont

a0150916_1013194.jpg

今期はキッズがやっぱり素晴らしいです。

a0150916_10134938.jpg

a0150916_1014364.jpg


「かっこよすぎる。。。」と口をそろえました。

この表現豊かなアイウェアをかけているキッズが増えるとおもうと、
それだけで気持ちが上がります。

また二見店ではお待たせしました。
a0150916_10153911.jpg

REC SPECS JAPANモデルの取り扱いを決定しています。
届き次第受注開始となりますので、また到着後ご連絡いたします。




そして、職人集団のOnbeat

a0150916_10165213.jpg


今季は残念ながらキッズモデルはないのですが
a0150916_10175881.jpg

大人用ですごいのが届きます。

完全ハンドメイドの同品ですので、入荷は少し先ですが
入荷次第ご紹介いたします。

by koji-shibuya | 2016-04-18 07:05 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2016年 04月 17日

東京展示会 Turning

何をもって「本物」とするか

真理であり、禅問答となりがちな問題かと存じます。



この動画をまずご覧ください。

谷口眼鏡、TURNING とは?と理解頂く上では、
すごくいい動画だと思います。

渋谷個人としまししては
「本物」の一つ。


a0150916_11361977.jpg

a0150916_1136338.jpg

a0150916_11364865.jpg


年々バリエーションが増えている同ブランドですが、

今回も増えます。
そして今回は「ぜひかけてみてください」

驚きます。

a0150916_11374963.jpg

驚いてます。


こちも入荷はバラバラですが、
入荷次第またご紹介さしあげます。

by koji-shibuya | 2016-04-17 07:31 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2016年 04月 16日

東京展示会 AKITTO

渋谷は、東京展示会の一日目、一回目アポイントは
できる限り「AKITTO」と決めています。

ゲン担ぎはもちろんのこと。

「二見店の旗印となるブランドだから」
「店を変えるきっかけになったブランドだから」
「お客様に喜ばれるブランドだから」

いくつも理由はありますが、
このブースに入ると「展示会始まった」とスイッチを入れ替えてくれる力を持っているから
というのが大きいと思います。

今期は、もう何度目かわかりませんが、
それでも言いざるおえません。
「やはり 最高です」


a0150916_10333349.jpg

到着後、すぐにシャンパンを入れてくれる川上氏。
これを飲みすぎると、後々大変なののは経験済ですので、軽く頂きながら。

a0150916_10343570.jpg

AKITTOど真ん中となり得る型。

a0150916_1035090.jpg

フレームカラー
そこに合した、フロントの意匠。
「無理をせず、ちゃんと可愛い」 
AKITTO流の神髄。

a0150916_10361793.jpg

a0150916_10363315.jpg


少し小さ目も日本ブランドとなったAKITTOの一つの形。
サングラスも、シンプルで、ちゃんと綺麗。

a0150916_10372637.jpg

今期はスタッフNも帯同。

型と本数のだいたいを定めて、色チョイスは彼に任せたものを多くしたのですが
渋谷とは少し違う感覚のカラーリングは入ってきます。

尚、彼のAKITTO愛はスタッフ内でも随一

そういう新しい風が店舗にどう、作用するか、今から楽しみです。

入荷はバラバラですが5~6月を予定。
入荷後詳しくご紹介致します。

by koji-shibuya | 2016-04-16 07:40 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2016年 04月 15日

東京展示会ダイジェスト

珍しく、東京各所で
「お、渋谷さん、今回は元気じゃないですか?」と皆さんに言われた渋谷です。

3日間、比較的ゆっくり目に、でも数はしっかり目に回れた
というのが大きいと思います。

では写真だけですが、東京展示会ダイジェスト

a0150916_10122451.jpg

a0150916_10125125.jpg

a0150916_1013716.jpg

a0150916_10132364.jpg

a0150916_10134049.jpg

a0150916_10135648.jpg

a0150916_10141119.jpg

a0150916_10142795.jpg

a0150916_10144599.jpg

a0150916_1015672.jpg

a0150916_1023052.jpg

a0150916_1022971.jpg



各所で色んなことしました。

途中、同行スタッフNの今期私用フレームもでてきましたが、

私も
a0150916_10191385.jpg

a0150916_10192551.jpg

悩ましい。。。

が、

二つ買うことを内心決めてはいます。


では明日より主要ブランドを中心に、ご紹介します。

by koji-shibuya | 2016-04-15 10:20 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2016年 04月 10日

東京展示会へ

ウェイトトレーニングの成果か、
どの服も腕回りがキツい 渋谷です。

この趣味は、それ自体は、そこまでお金かかりませんが、
服の買い替えとなると。。。これは大変です。

でもめげずに、ウェイトUPを考えている今日この頃です。





さて、明後日より
東京、渋谷・原宿・池袋・表参道周辺にて行われます展示会に
渋谷は2泊、スタッフNは1泊で、参加致します。

この半期の方向性を決めるといって過言ではない
大きな展示会ウィーク。

展示会は行かないと内容がわからないというところも大きいですが、
現在のところ

二見で言うと AKITTO。
a0150916_125848.jpg

いつも通り 初日一回目のアポイントです。 

長らく、二見ではレディースへの提案の筆頭を務めてくれているブランドですが
今期ももちろん楽しみ。



キッズ用でいうと
ミクサージュキッズの新型。
私肝いり(?)の「クラシックセル」の登場です。

さらにLafont新型も相当カッコいい・可愛いキッズへの提案が増える兆し。
こちらは双方、現在写真が使えませんので、またレポートあげさせていただきます。

尚、展示会期間中も、営業は通常通り行われてますので
是非ご来店くださいませ。

by koji-shibuya | 2016-04-10 12:10 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2016年 04月 03日

先月の一番記事 と お出かけから得た物

春から小学1年生の息子を持つ渋谷です。

ちょっと前に幼稚園に入って、「社会生活なんて送れるのだろうか。。。」と不安になりながら
それはそれで、なるようになり。友達も増えて、あっという間に卒園。

今は「小学校なんか行けるのだろうか」と不安になりながらも
あっという間に日が過ぎて、なるようになるのかもしれないと思っています。

皆様にも素晴らしい新生活があることをお祈りしております。





さて、本日の本題。
先月の一番記事。

今回の1位は正確にいうと2/28投稿ですので、2月分ですが、
圧倒的に「AKITTO re4」の記事でした。

この所、新スタッフの提案からAKITTOに目覚めていただいたお客様が続いております。
春の展示会新作も楽しみです。





本日の余談。

春休みですので、息子を連れて某所に行って参りました。
どこに行っても、春休みらしく大変混み合っていたのですが、

ある場所で感じたのは
「自己満足が強い施設はダメ」ということ。

内容は詳しくは記載しませんが
要は「自分たちは最高だと思っている。ただし顧客に響いているかどうかは不明」
という事。

それでもレベルが高ければ受け入れられる という考え方もあるわけですが、
自分たちが最高だと捉えている以上「成長が望めない」

私たちも両店舗ともに専門的な店舗でありますので、
反面教師的に「自分たちもそうはなっていないか」よく考える次第です。

どこに赴いても、本当に勉強になります。

by koji-shibuya | 2016-04-03 16:29 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)