Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 27日

レンズ交換できますか? レンズ使えますか?

先日就業後、スタッフNと、高速道路に乗って
わざわざミニ四駆走らせに行き、

その後計 3日連続、別のコースを走らせている渋谷です。

一つは就業後「神戸名谷」 一つは就業後「高砂」
一つは家族サービス中の「淡路島」の道中にて。

趣味の一つが、ウェイトトレーニング、二見港店長の影響
多分ミニ四駆も、これから続ける?感じ スタッフNの影響。

そろそろ、趣味パクリ社長と言われても、おかしくないと思われます。





さて、本日は珍しくレンズ交換のお話。

「このフレームにレンズ交換できますか?」というお話は、
眼鏡屋は良く伺うご質問です。

「もちろん、できます」

ただ、条件は「今後も使えるフレームであること」
これは、結局のところ、現物を見てみないことには判断ができないということもありますので
是非拝見させていただければと思います。

このブログでは、フレームのお話がおおいのですが、

●高カーブレンズ
●世界最高レベルの偏光レンズ
●インディヴィジュアルレンズ
●UV420カット系レンズ
●ブルーライトカットレンズ
●NXTレンズ

等等

専門店らしく、豊富なレンズからお選びいただけますので、
是非ご用命くださいませ。




逆に
「このレンズを使って、フレーム交換できますか?」というご質問ですが。

これは眼鏡屋の考え方が色々あるところですが、
弊社としては「お勧めはしていません」

物理的には、今お持ちのレンズよりも小さいフレームであれば枠替えは可能です。
ただ、どうしてもPD(目と目の間の距離)がずれてしまう傾向が。。。

せっかく気にいっていただいたフレームなのに、見え方がいまいちでは、と考えます。


もしも眼鏡が壊れてしまっているのでしたら、
修理という手段もございますので、
そちらもスタッフの方にお訪ね頂けたらと思います。

by koji-shibuya | 2016-03-27 15:40 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2016年 03月 20日

度入り換装可 ZEAL Fantom(二見)

春の展示会の回り方に頭悩ます 渋谷です。

春は特に、回る箇所が多く、
毎年「あ、これ昼御飯とれないパターンだ」などと思いながら予定組みます。

今年は同行者がいまして、

現二見本店 新スタッフにて、
株式会社アビット ミニ四駆部 部長(仮。部員は私一人)のNと二人。
(株式会社アビットは弊社の名前です)

展示会回り切ったら、「"聖地" 新橋 タミヤファクトリーとか行きたいね」と言ってます。





さて、待望のZEAL 新型入荷しております。


a0150916_154818.jpg

偏光レンズとの相性が最高のZEAL

今回は度入りが可能です。


a0150916_1552873.jpg

スポーティな意匠と
レンズ保持能力の高さは 流石ZEAL

a0150916_156280.jpg

樹脂特有の掛け心地の良さも魅力です。

a0150916_1562580.jpg

順次入荷しますが、とりあえず、こちらが入荷です。

by koji-shibuya | 2016-03-20 15:07 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2016年 03月 13日

サングラスのご用意は? Lafont FAUVE(二見)

目が痒く、くしゃみが止まらない。
花粉症の渋谷です。

温かくなるのはいいのですが。。。これだけが憂鬱です。


そこで、メガネ、おススメです。


花粉症対策用の眼鏡は諸説ありますが、9割以上のカットをうたう物が多いです。
しかし普通の眼鏡でも7割程度は抑えることが可能というデータがあります。

症状に合わせて使い分けがおススメですが、

綺麗に7割カットは大きいと考えます。





Lafont FAUVE
更に色が追加されました。

a0150916_11575320.jpg

a0150916_1158569.jpg

a0150916_11581826.jpg

a0150916_11582888.jpg


こちらのサングラスは花粉症用ではもちろんありませんが、
綺麗に魅せる為の意匠上、顔を覆う部分が多い商品です。

普通のサングラスよりも可愛くて、眩しさもしっかりカット。
花粉症対策もばっちり。

以前のカラー紹介でも申し上げましたとおり
弊社扱いサングラスの中では 最高品番の一つです。


今なら6色ございます。
是非。

by koji-shibuya | 2016-03-13 12:01 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2016年 03月 06日

先月の一番記事 

現在二見店に入っている新人のN君の影響でミニ四駆を買ってしまう、渋谷です。

1981年生まれの私にとっては、
小学生時代の三種の神器の一つと言っていいミニ四駆。
(あとは少し古いのがビックリマンシールと、カードダス? 少し後が、ゲームボーイ)

ただ、私、雑誌でいうとコロコロよりボンボン派だったので
都合、ミニ四駆より、SDガンダム派だったのですが。

圧倒的マジョリティはミニ四駆でした。
ですので、それがどういう物かは流石に知っています。

今は、その時代の車が復刻しており
私世代の人にも小さいブームが来ていたりするそうです。

私の息子も今年で6歳。
一緒に作ってみるのもいいかもしれません
(お父さんは生涯で一度しかミニ四駆作ってないですが)







さて、遅れましたが、先月の一番記事。
一番は「メガネの値段」のお話でした。


そして、意外と?健闘したのが、
オーバーサイズでもデフォルメしないレディースの話。

こういう一例を上げて、ちゃんと書かないと、と実感しております。

by koji-shibuya | 2016-03-06 10:10 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)