Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 29日

あっという間に9年 と 1年 と 考える

目が痒い。。。

渋谷です。


今日は花粉症の話をさせていただこうと思っていたのですが、
未だに「ムスカ」「メガネ」で検索ヒットがある こちらの記事 をリンクに貼らせていただきます。

時折ある、不真面目な書き出しですが
花粉症用メガネもいいですが、
カーブ付のスポーツサングラスも是非ご検討を という記事でした。





さて、本日はとっくに過ぎたお話なのですが、

喫茶&メガネ工房ノイエはこの2月で9年。現在10年目に突入
こどもメガネ専門店ノイエキッズも、元町に移転して1年が経過。現在2年目に入っております。

10年目。。。

24くらいで入社してますが、私も今年で34。
若くないとは言えませんが、さすがに若いですとは胸を張れる年齢ではなくなってきました。

弊社はお蔭さまを持ちまして、ようやく皆様に知っていただける店舗になりかけている
と渋谷は分析していますが

業界全体はあまりよいとは言いにくい状況ではあります。


私、何度も繰り返すようなのですが。

「アパレル業や美容師になりたいという学生さんは多い」
「けれど眼鏡屋になりたい、と言う人は少ない」

それは何故か?

大手に入るか、実家が眼鏡屋か
の 2つしか基本的に眼鏡屋になる機会がないなど

様々な事情はあるとは思いますが
一番は「カッコ悪い」と思われているから。
これだと思います。

カッコいい、カッコ悪いというのは、とても矮小な二元論。
そんな表面的な事をいうから、最近の若い者は。。。
と言われてしまうかもしれませんが

最近の若い者の範疇にいれてもらえるかどうか、
個人的にはギリギリアウト年齢の渋谷としては
その大人の論理は重々承知の上で

「カッコいいイメージないと、眼鏡屋になりたいと思ってもらえない」
と思ってます。

その大人の論理は「楽な商売」だと思われたくない
ということだと存じます。
それは同意です。
実際楽ではありません。

私が思いますのは業界の現在の立ち位置と間口の広さのアンバランスさ

たとえば人気職業のトップの方が「沢山志望者がいるのはありがたい、けど楽じゃないから、覚悟して」
というのは分かります、むしろそれは優しさだとも思います

が、眼鏡屋はそうではありません
どうやら職業としての 人気もなく、

一部努力している立派な方は存じ上げていますが、
それでも基本 「育てる、間口を広げる」という土壌にはないと
渋谷は感じています。



しかし、

渋谷はあと30年前後はこの業界にいます。
若い子は沢山きていただかないと、成り立たない、と考えています。

実は人が増える=同業者が増えるということで、必ずしも個々のお店にとってよいかどうかは
わからないのですが、

踏まえた上で 分母を上げることから。



渋谷自身が、そうであったように
「こういう眼鏡屋になりたい!」若い方々にと思ってもらえるような眼鏡屋の組織に。


大手に入らなくても、ご実家が眼鏡屋でなくても
「眼鏡屋になりたい」と思ってもらえる機会が一つでも増えるように。

渋谷の中~長期的 三つある目標のうちの一つです

尽力いたします。

by koji-shibuya | 2015-03-29 10:55 | Comments(0)
2015年 03月 25日

他社様 訪問

今月、来月は展示会・勉強会月間。
それだけではなくて、吸収させていただけることは貪欲に。

渋谷です。




先日は大阪の難波・天王寺方面へ出張しておりました。

最初の目的地は某レンズセミナーだったのですが、それは本日割愛。



その後、3年前のメイクセミナーでお会いしてから
(今見ると当時の私、髪の色が金色。。。)

Facebookでも仲良くさせていただいている。

a0150916_9561649.jpg

ヤスノリ眼鏡様へ。

少し前に店内改装されていて、すごくすごく気になっておりました。
タイミング的にいけるかどうか少し微妙でしたので、アポとれなくてごめんなさい。

店内改装のお祝いを含めて、お好きだと伺ているお酒をお持ちすることにしたのですが
百貨店で試飲を次々勧められ、
「そりゃ、一応飲んだことあるものがいいだろうし、美味しい物がよいだろう。運転や接客もしない日だから試飲ぐらいなら大丈夫だろう。お、これの方がおいしいか?」
等と、思っていると、

店舗到着時には、ほろ酔い加減(?)だったのはここだけの話です。
(ゴメンナサイ)


さて、先に伺ってはいたのですが。
a0150916_1024695.jpg

店内にビリヤード台あります。
そのまま什器に。。。斬新、そして素敵。

そして
a0150916_1041759.jpg

ピアノもそのまま什器に。


a0150916_1045325.jpg

社長作の、机。

メガネ以外は不器用の渋谷にはとても無理ですが
「かっこいい。。。これが私もできればよいのだけど」と驚嘆しきりでした。

そしてなんと
a0150916_1064426.jpg

バーカウンターがあります。

居心地がよく、つい長居して奥様とお話をしてしまいました。 
弊社はこども専門店もしている会社、こちらはどちらかといえば本物の大人が集まる空間
少し違うタイプのメガネ屋同士ではありますが、共通点も多く色々お話致しました。

尊敬する眼鏡屋さんの共通点は
お客様に対してウェルカムな姿勢であるということ、だと確信いたしております。

弊社も見習わなくては。。。

ヤスノリ眼鏡様 お邪魔致しました~。
次はちゃんとアポとってから伺います。。。

by koji-shibuya | 2015-03-25 10:43 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2015年 03月 22日

遠近両用のレンズの差

たまには、真面目な内容を。
渋谷です。




弊社は現在、HOYAの遠近両用レンズのご販売を致しております。

なんだか、わかるようで、わからないというイメージ持たれていると思います。遠近両用。
値段も2万円弱から10万円を超えるものまで、かなり幅広くラインナップされています。

その値段の差

HOYAさん曰く。

a0150916_10211189.jpg

公式HPより。

こういう位置づけでして。

ノイエでは
JAZ、MSiを除く、5種類が基本ラインアップされています。
(JAZはやや中近っぽい設計で、厳密にいうと遠近というカテゴリー?、とノイエ判断)


細かい事を申し上げると、設計が~、パラメータ入力が~
と、あれこれ差はあるのですが、

一番の大きな差は「視野」です。



遠近両用というレンズですが
a0150916_10431439.jpg


レンズのどこでも、どの距離でも見える、というものではございませんで
レンズ上部は遠く、レンズ下部は近く、真ん中からややしたが中間距離が見えるようになっております。

全ての距離の度数が1枚に入っている変わりに、上記の図通り側方部に見えにくい部分があります。

正面は見えます、
つまりその正面と言える幅これが値段の差です。





ではどのようにその差を決めるのが良いのか。
一番はご用意してます、テストレンズにて見え方の差を体感いただくのが間違いございません。

あと、結構大きいのが加入度の強さ
つまり老眼の強さ、もっと申し上げれば年齢と基本的には比例となる部分です。


同じレンズを使い、遠くの近視の具合も同じとした場合。
40歳の方(加入度低め)と60歳の方(加入度高め)では、
60歳の方の方が綺麗に見える幅は狭まります。

そういう場合、クラスが上のレンズを使う事で、
見えにくさは軽減が期待できます。


一つ一つ設計は違う物ですので、その中からお客様にはお選びいただければと思いますし
度数や、前レンズに応じて適切なご提案はさしあげます。

ただ、実は老眼の度数は強ければ強いほどレンズ上の視野は狭まる
ですので、高レベルレンズもお試しください。

という今日は真面目なお話でした。

by koji-shibuya | 2015-03-22 10:59 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2015年 03月 18日

昨日のテレビのお話

比較対象 がね。。。の渋谷です。


先日、ご紹介した「マツコの知らない世界」昨日放映されました。

前半が特殊メイク。後半がメガネのお話でしたが。


メガネ=変身と敢えて限定的に解くとしたら、
特殊メイクという比較対象は、ちょっと荷が重いですね。。。と感じました。


あと、顔とメガネのサイズはバランスが重要という話をされていましたが
司会者のマツコ氏は。。。。名の通りデラックスなので
最後にチョイスされていた サングラス以外は、サイズ的悪い例みたいになってましたが(w
(逆に言うと、最後のはフィッティング次第できれいにかかります)




さて、ノイエ的には
a0150916_9144545.jpg

Laloop ですね。

メガネかけという、「それ違う」と突っ込まれてましたが。
その問いかけは半分辺り。

芸術的かつ、実用的。
アクセサリーにて、メガネかけ。
唯一無二の存在 Laloopです。

a0150916_919418.jpg

メガネ工房ノイエ ございます。





あと、多分なんですが、
a0150916_9301567.jpg


アンダーリムの項で、最初にかけられていたのは

DJUAL LC-04
a0150916_9202346.jpg


のブラックでは?と思われます。(現在確認中)

弊社キッズスタッフも愛用しているモデルですが
とても、可愛らしく、小顔効果もあるモデルです。



あとこれはごく個人的にですが

a0150916_9303229.jpg

メガネの素材って飴みたいで舐めたくなりませんか?

の問いに

a0150916_9304494.jpg

こちらの返答は、渋谷も時折伊藤さんと同じことを思うだけに
すこしグサッとくるものがありました。

がよく考えれば「そりゃ、そうですよね。。。気を付けよう」と。

が、こだわった素材がおおく、とても綺麗なのもメガネの魅力です。


一つの項にあったキャットアイも
a0150916_9583236.jpg

Lafont PLAIRE

こちらの新型などもございます。

ただ、マツコ氏も「これは人を選ぶわね」と仰っていましたが

このさじ加減をもう少し緩くしつつ、行き過ぎない
けれど小顔こうか、リフトアップ効果抜群 というモデルというのも
沢山ございます。

是非ご相談くださいませ。

by koji-shibuya | 2015-03-18 09:25 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2015年 03月 13日

テレビ番組で メガネの特集

先日、キッズスタッフの数名を連れて、長野県はHOYA松島工場へ見学に行った渋谷です。

a0150916_10475548.jpg

こちらは、その前日に私の携帯が教えてくれた、長野の予想気温。


「マ、、、、マイナス7!!」


この冬最後の寒気が到来中。
泣きそうになりながら、行きましたが、

実際は0度前後で、過ごしやすかった(?)です。

諸事情で写真はございませんが、詳しいレポートはキッズスタッフが上げてくれると思います。





さて、皆様
「マツコの知らない世界」
というTBS 火曜9時の番組ご存知でしょうか。

先日、某ポテトチップスを紹介し、

彼女、いえ、彼?

渋谷が浅学で細かいカテゴライズは分からないのですが
兎に角は、性別を超越した存在である、マツコ氏が「おいしい!」と言うと

そちらのポテチメーカーのサーバーをダウンさせ
注文殺到しすぎて、現在注文受付中止にしているという

多分、今一番影響力がある番組。。。です。

渋谷もコンビニおでんの回は視聴した記憶がありますし、面白い番組です。



その番組、来週、なんと
「眼鏡」の特集。

ゲストは伊藤美玲さん。

伊藤さんは、あらゆる眼鏡に精通した才女でいらっしゃいます、
展示会で、immature職人三須さんを通して、渋谷何度かお話もしたことがございます。
お仕事は眼鏡のライターさんです。


楽しみすぎます。

が、反面。

どういう構成になるのだろう。。。と思います。

伊藤さんは上記通りあらゆる眼鏡に精通はしておられます.
バイアスにかかった話も全くされないイメージです。
本来、メガネの素晴らしさを皆様に綺麗にお伝えする方です。

が、本人様の意図とは別個として
番組としては「こうなんですよ」という形にはせざるおえなくなる場合も?と。

「え?そうなの?」というくらい
そこを突っ込まなきゃ面白くないし、
でも突っ込むと、伝えたい内容とはややずれたりもする

と斜め読みはこれぐらいにさせていただいて、

お茶の間で私も拝見したいと存じます。

皆様も是非!!

by koji-shibuya | 2015-03-13 11:00 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2015年 03月 08日

メガネ購入時 誰を連れていくべきか?という考察

上海眼鏡展示会やmido(イタリア)のレポートをみて、
これは、春の展示会も楽しみだ、と思っている渋谷です。

今月から個展レベルでは、日本でも展示会が始まります。
本番は4月中盤の東京にはなるのですが、

想像するに 東京は歩き疲れ、夕方には目が飛んでいるので(?)
事前情報精査を入れつつ臨む事 はとても重要です。





さて、本日のお話は、眼鏡屋行くとき、誰を連れていくべきか?

眼鏡だけではなく、服を買いに行くときもそうなのですが、

眼鏡は特に
「光学品(場合によっては治療の為に使う場合も」と「顔に着けるファッションアイテム」
という側面を持ちますので、分かりやすいです。



これは渋谷の経験則ですが、
『ご家族と来られると、普遍的で特に前回と変わらない物を選びがち』
と思っています。

ご家族というのは、大体の場合、その人に「大きな変化」を望みません。
それは根底が安定にあり、「和」ということを本質に考えるからです。
また「そんなに変わったのにして。誰かに何かいわれたら」という守りの姿勢もあります。
心のどこかにある家族としての責任の裏返しでもちろん悪い事ではございません。


これがご夫婦だと元は他人だったという経緯がありますので、難しいところですが
これもおおむねほとんどの場合は「変化あり」「変化なし」で伺うと、変化なしを指さされます。

もしもお客様が「今回は思い切ってイメージチェンジ」
または「メガネをファッションアイテムとして考えてかけたい」というご希望がありましたら
ご家族がどういうご性格か考えたうえで、ご同伴は避けられた方が無難です。




次に恋人。
ここは半々

根底としては「彼氏・彼女にはかっこよく(可愛く)あってほしい」と思っています。

あくまで経験則ですが、「似合うけれど、前回のメガネとは違うタイプの物」をかけられたとき
大抵彼女は「いいじゃない。かっこいいよ」と仰います。

男性もそうではあるのですが、
「基本男性は女性の買い物におつきあいするのが好きじゃない」
方がおおいので、

そこがやや投げやりな言い方になってたり、なかったり。。。
もちろん真剣に考えられる方も大勢いらっしゃいますが。。。(フォロー)


あと根源的なことですが、
男性はスペック重視、女性は雰囲気重視のセレクトが多いです。
ですので、「男性は ファッション的には、女性の意見をどんどん聞くべき」
だと渋谷は思っています。

女性は、彼氏次第でしょうか。。。。
ただスペック重視のセレクトもメガネの一つの条件だとは渋谷も思います。



そして余談ですが、ご家族という範囲にありながら、セレクト方向が変わるのが お子様

お母様、お父様が「このメガネどう?」とお子様に聞くと、
おおむね帰ってくる返答は「優しく見える方」を指さされます。

心の中の希望として「優しいご両親であってほしい」という希望でしょう。

ただ、一度、
4~5歳のお子様が常に「デザインが尖がっているフレーム」を指さし
返す言葉が「え?だってかっこいいし!」だった時には

渋谷がそのお子様にシンパシーを感じたのは ここだけの内緒です。




ということですので、渋谷は場合によってではありますが、
基本的には一人の来店をお勧めしてます。

眼鏡屋は入りにくい雰囲気という世界をつくった業界がよくないのですが
本来は、誰の意見もなく自分で雰囲気だけ意見を作って、プロに聞いてみるというのが良いと思います。
もちろん何もプランなしで、プロに投げるのもありだと思います。

たとえば美容院行くのに、ご両親ついてこられるかた、一定年齢以上なら少ないと思います。
そういう形です。
(同様の意味で、弊社キッズの場合は光学的・医学的側面、ファッション的側面、総合的にご説明さしあげますので、当然ですが、保護者の方とご一緒に)


あと、ゆっくり決めていただきたいというご希望があります。
ご帯同の方がいらっしゃると、長い時間お待たせすると 気を使ってしまいますね。。。
そういう理由もございます。

ただ、
渋谷いつも申し上げますが「向こう3~4年のお顔のイメージを決めるセレクトです」
是非ゆっくりお考えいただければと思います。
(複数もつと、色々解決いたしますが。右から左とはいかないとは渋谷も思っております)


が、ご家族の事情、一人では出れない、など色々あると思います。
「この人の意見が聞きたい」という方がいらっしゃたら、是非ご帯同されるべきだとも思います。

もちろん全て、お客様の求められる範囲にて
よりよいセレクトのお手伝いをさせていただきます



「今日はカッコいいの(可愛いの)が欲しい」と決められたら、是非おひとりで。

渋谷のおススメです。

by koji-shibuya | 2015-03-08 12:10 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2015年 03月 06日

眼鏡屋 というお仕事について

先日 キッズ清水店長と、「こういう考え方もある」的に眼鏡業界の色々な方々の話をしている時

「眼鏡業界の人って、何で一風変わった人が多いんですかね?」
とまっすぐ私の目を見ながら、質問された渋谷です。



え、っと。。。まぁ、確かに(?)

清水店長が出会う 眼鏡業界の人々というのは 大抵渋谷のお知り合いの方で
各都道府県で名をはせた個人経営者、又は店長・フロアリーダークラスの方が
お店はセレクトショップの方がほとんどです。

この余り状況が良くない眼鏡業界において一線級に仕事をされている個人経営者
確かに、何かしら一癖も二癖もあり、それを武器とされている方々です。

また仮にもファッション業界の一部でもあると考えられている方も多いので
展示会等に行っても、その恰好で
大手制服組とそうでない組と、見てはっきりわかります。

渋谷もそういえば、息子の幼稚園の先生方には
「お父さんは何お仕事をしている人だろう。。。」と思われていたとかいなかったとか。

平日休みですし、髭もパーマも店の方向性によっては問題ありません。
世間からは確かに浮いてます。
言い方を変えれば型にはあまりはまっていません。

が、部下言われると、「そ、そうだね。。。」となってしまいました。

が、眼鏡業界からいえば、オンリーワンにてナンバーワンと渋谷は思うキッズ店長は
十分に変わっている存在です。(本質は優しい青年ですが)



さて、本題の けれど話としては引き続きでもある、眼鏡屋という仕事について。


眼鏡学校の某先生がおっしゃっていました。
「眼鏡屋ほど楽な商売はない」と。

これは流石に誤解を生みかねない言葉だとは思いますが
先生が言うには

・重たいものを持つわけじゃない
・一日中走り回るわけでもない
・危険性は伴わない
・給料がどうなるかは成績次第だが、真面目にやれば食べるに困るということはない
・新商品はメーカーが考えてくれるし、向こうが教えに来てくれる
・販促は多少はするけど、基本的には待ちの商売

と、一つづつ羅列すると確かに否定はできません。

「眼鏡は半医半商」とよく言われます。
光学製品である以上、お客様により快適な生活な道具でなくてはいけません。

なので商売であるにもかかわらず、
時としてお客様から「これよく見えるわ」と仰っていただけたり
弊社キッズなら「メガネをかけて、視力が出るようになった、本当にありがとう」とお声をかけていただいたり。

お買い上げいただいたのはこちらで、感謝していただくなんて。。。

と本当にいつも思える仕事です。


一方、そのお客様の印象を一つでガラッと変えてしまうアイテムでもあります。
その責任は渋谷は重大と考えています。

どちらかだけでよい、というものではなく、どちらも勉強しなければなりません。
楽かと言われればどうでしょう? 
が、確かに重いものはもったりはしませんね。。。


自らいうのも、ですが
とても素敵な職業です。

若い人たちが、そういった所謂特殊な職業「眼鏡屋」をを目指したくなるような
仕事を今後もしていきたいと思います。

何か変えれるならきっと、自分達から。
だから「変わっている人たち」のくくりになるのかも?

今日はそんなお話を致しました。

by koji-shibuya | 2015-03-06 07:00 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2015年 03月 04日

テレビの老眼鏡2本 のお話

「曲芸士はひきましたか?」とご質問いただいた渋谷です。

話のタネに、ひきました。
いくらとは申し上げれませんが、そこそこ回しました。
今更ですが「回すんじゃなかったかな?」と思ったりしなくもないです。

何のことか分からない方には、申し訳ない序文でした。

『後悔 先に立たず』




さえ、昨日、テレビ番組で「目に関する事」の特集が放映されたそうです。
渋谷、録画はしているものの、半分は見ていないので、全てに完全な回答はまだできないのですが。

インデックスにあった「老眼鏡は二つ持つべき」のお話。

これは、とても言い事をいってくださいました。


近視・乱視・遠視などにより、遠く用のメガネ
そして一定年齢を超えられたら、近く用のメガネ、所謂老眼鏡
それで、その両方が見える 遠近両用

の3つに分類されるというのはご存知と思います。

今回のお話は老眼鏡。


昔は老眼鏡というと、新聞か、読書か、
場合によっては編み物や手芸をされる時使用されていました。

この距離
もちろん場合にはよりますが近くて30㎝くらい、遠くても50㎝程度です。

が、今は時代が変わりまして、近用作業の大きなウェイトを占めるものととして
パソコン作業 が増えました。

パソコンも近い・遠いで言えば近いの作業だから、かけるのは老眼鏡。
ではありますが、よくお考えください、

おそらくパソコン作業を40㎝前後でされる方というのは少ないと思われます。
作業環境や画面の大きさ、デスクトップかノートパソコン化、状況によってまちまちですが
だいたいは50㎝~80㎝ぐらいの方がおおいと思われます。

そうなんです。実は所謂老眼鏡として作成させていただいたメガネは
多くの場合、パソコン作業とは距離が違い、長時間は作業しにくいメガネなのです。

この「しにくい」と言うのが重要でして、
できない、見えないというわけではないのですが、大抵の場合は疲れやすい状態にあたります。

パソコンを触られる方は大抵5分10分という短時間ではないことを考えると
ノイエといたしましては、パソコン作業をされる方は
所謂老眼鏡(40㎝前後) パソコン作業用(60~70㎝くらい)と使い分け
をお勧めいたしております。

また、この2つを一本ですませる近々というレンズもございます。
そちらはまたお話が長くなりますので、是非店頭で。

by koji-shibuya | 2015-03-04 13:01 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2015年 03月 01日

先月の一番記事 

「リーダーシップとは何か」 という某番組は見てしまう、渋谷です。

要約すると、権威や素質(素質に関しては一部肯定的)ではなく、
結果が必ずしも問題ではない。

ようは動けるかどうか ということを仰っていました。



素質は最低レベルという自己評価の渋谷、ただ権威には固執はしません。
そういう意味では悪くない点数のはずですが、

それは実は逆として考えていて。

時としてテクニカルに、時として平気でパワープレイに出れることこそが理想的。
と最近は考えています。

動けるかどうかにしても、自分が全て動くことが100点なのかどうかは甚だ疑問。
と考えています。

ですので、番組には励まされているような、
いやいやそうではないという否定的な意見と。
とにかくは楽しい番組です。



今月の一番記事

やはりAKITTOの事を掲載しはじめますと
1位 AKITTO 新作
2位 AKITTOデザイナー 川上氏来店
と独占。

AKITTO公式ブログから来られている方を除いてもという結果ですので
いや、もう流石ですね。。。としか申し上げようがありません。


あえてAKITTO関係抜きにすると
「さぁ どうするノイエ」が3位

春に向けての新作仕入の方向性になります。


これからも皆様に楽しんでいただけるお店作りにはげみたいと思います。

by koji-shibuya | 2015-03-01 10:40 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)