<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 29日

バウハウス的にツーブリッジ Masaki Matsushima (二見)

自宅PCが壊れかけていて、購入検討中の渋谷です。

今買うとしたら、windows8系が多く店頭には並ぶと思うのですが
surface(は8に近いOS)も触っている感覚としては 
長時間仕事をするには、やはり7がやりやすいと思います。

ううむ。。。




本題です。

現在はクラシック系への流れは強くあります。
ついに、キッズのお客様でも「クラシック」と言われる流れは少し増えてきた、感覚はございます。

大きな潮流になればなるほど、その潮流とは逆のチョイス。
自分はこうだから。 
あると思います。


a0150916_10443336.jpg

そんな方にMasaki Matusshima おすすめしています。

従来の同ブランドの流れを汲みながら、新しい形。
とてもバウハウス的。
直線の綺麗さ


しかもツーブリッジ。
「やんちゃ感」は、そのままの意味ではなく、いい意味での「大人感」としたいところ。
あくまでそちらに見えるように しっかりサポート

ツーブリッジにありがちな野暮ったさを消すのは、やはり直線の美しさ



a0150916_10491947.jpg

再度はMasaki Matushimaの流れをそのままに、
やや大ぶりで、アクセントになっています。


a0150916_10493849.jpg

大ぶりな部分の裏は、しっかりかけ心地をサポートする フレキシブルな機能。
見た目だけ、というわけじゃありません。



a0150916_10503222.jpg

是非

by koji-shibuya | 2014-06-29 10:50 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2014年 06月 22日

最初のサーモント 最初のサークルに に DJUAL(二見)

「何事も最初は、勇気がいる」、と思う渋谷です。

過去はそうだったから、今回もそうだろう、というだけで
何か明確な理由は ないということを、どこかでは気づきながら

それが、まるで今まで生きてきた証のように感じ
頑なにそこを守りたくなります。

経験則による「根拠のない自信」をどれくらいつけて、動き
また 時として
それを、どれほど排除できるかが 全て、と思っています。




最初のサーモント。

それは、ブローという樹脂部分が、眉毛のあたりにどっかり乗っかって
「お祖父様」チックに見えるメガネ。

でも本当に そう見えては困って
あくまで精悍なイメージを、だけど「崩し」や「遊び」の要素を入れる。

顔の中心にのるメガネのこと、その感覚は本当に紙一重です。

で、間違いなく「精悍」な方

a0150916_1124371.jpg

届いています。
DJUAL CZ-02


a0150916_1133763.jpg

かけ心地、造形。
それは
DJUALの真骨頂。

渋谷は100本近くメガネを所有していますが、
サーモントは実は2本しかもっておらず、最近はかけていません。

久しぶりデビューなら、まして初めてなら、あくまでかっこいいサーモントのこれかな、と思っています。





そしてもう一つの山。
サークル。 所謂「真円

サーモントよりも、より遊びの要素が強く。
「かけこなせたら、かっこいいけど、敷居が高い。。。」
という部分はもっともあるメガネだと思われます。


これも一本目ならコレ!!というモデルが同じくDJUALから

a0150916_1163940.jpg

サークルでは、正確に言うとありません。オーバル(楕円)です。

が所謂オーバルというには真円にちかく、真円よりは少し縦短め。
すなわち「とてもかけやすい、サークルイメージ」


作りはもちろん
a0150916_1184042.jpg

カシメ。堅牢。


a0150916_119183.jpg

すりあわせは完璧。



是非

by koji-shibuya | 2014-06-22 11:09 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2014年 06月 15日

ZEAL VERO 2nd 限定色(二見)

「ワールドカップ日本代表初戦」 
試合の内容は、渋谷仕事してましたので、なんともコメントできませんが

見事に、試合終了後から 喫茶も含め、外に動きが出始めております。




本題。

ZEAL VERO2ndの、展示会限定カラーリング、各一本入荷しております。

a0150916_12195168.jpg

ピンクカウルと

a0150916_1220429.jpg

グリーンカウル

初代VEROでは人気のあったカラーリングでしたが、進化したVERO2ndでもお楽しみいただけます。

a0150916_12205248.jpg

a0150916_1221330.jpg


a0150916_12211335.jpg

a0150916_12212150.jpg


ボリューミーながらも軽く、
かつ偏光レンズの効果を最大に発揮してくれるVERO2nd

度付きもちろん換装可能です。

双方、限定1。

是非お試しください。

by koji-shibuya | 2014-06-15 12:22 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2014年 06月 11日

待っていた seacret remedy(二見)

年々、着る服の色が派手になる渋谷です。

昔昔、私が眼科勤めをしていた頃、
先輩に「渋谷は黒しか着ないよね」と言われたことがあります。

スボンが黒で、インナーシャツが黒だったので、帰宅のその瞬間、
上下黒のおかしな格好になっている ということでしたが。

それはさておいても、当時、確かにクローゼットの中は黒系がほとんどでした。
「黒なら無難」そういう考えがどこかで働いていたのでしょう。



また別の話。某ショップに買い物に行き。そこは革のベルトが豊富なセレクトショップなのですが
定価の分とワゴンセールになっている分にわけられて、
ワゴンセールになっているのは単色の黒ベルトでした。

黒のベルトは生活していれば必要なものにはなりますが、
セレクトショップに赴き、ポジティブな意味での新規購入で黒は選ばない。
そういう方が増えた(だから売れ残る)という意味に感じました。


ちなみに、渋谷。現在は服は 黒はあまり着ません。年々、ピンクなど派手な色が増えてます。
メガネもその流れはあると思います。




色で遊ぶ。

弊社ではいくつもブランドがありますが、その女性最先方は
a0150916_15365041.jpg

seacret remedy



a0150916_15381667.jpg


待ってました!のカラーリング。

「中心的におすすめができる白系」



メガネとしてはかなり派手な部類に入る色で、
はっきりと意見がわかれるカラーです。

しかしこれは、「中心的におすすめ可能」な白。


a0150916_15453231.jpg

カラーリングが砂糖菓子みたい。
seacret remedyの共通事項。


a0150916_1546276.jpg

プラフレームとしては薄く、軽い構造。

a0150916_15465977.jpg

テンプルエンドはアイコン付き。


ふんわり系のレメディ。。。
新しいレメディのファンをつくりそうな予感がとてもします。

やっと入った新色、
是非

by koji-shibuya | 2014-06-11 01:00 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2014年 06月 08日

王道 AMIPARIS (二見)

時間が空けば、息子がドンジャラを強要 の渋谷です。

最初はかなり楽しかったのですが、一日20ゲームとかすると
やや飽き気味なので、
ありがちに ローカルルール等用いてやろうかと考え中です。

尚、自慢ではありませんが、息子(と家内の連合)との、二人打ちですが
一日トータルで負けたことは まだありません。

以後、負けるまでは
「ドメスティック ドンジャラ キング」と呼んでいただいて大丈夫です。



さて、弊社では幅広い層へのご提案に、文字通り柔軟な対応をみせてくれるAMIPARIS プラスチック
到着しています。


a0150916_14275731.jpg

シンプルかつ使いやすいカラーリングに

お子様~ご婦人用、更には男性と
オールラウンドプラスチックフレームの 真ん中に君臨してます。


a0150916_14293850.jpg

SOLD OUT

ブログ記載中に売れてしまいました。
また入荷しておきます。



a0150916_14302910.jpg

オーバルもとても綺麗で使いやすい。

a0150916_14304946.jpg

王道のブラウンか

a0150916_14311778.jpg

挑戦的なパープル/ブルーか。

しかしパープル・ブルー。
かけると以外に馴染むカラーリングです。クリアフレームの強さです。

是非!

by koji-shibuya | 2014-06-08 14:31 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2014年 06月 01日

先月の一番記事

なぜか、激多忙の渋谷です。

商品は続々入荷しておりますが、両店舗店長に任せきりとなっています。。。




さて、先月の一番記事。

実は、先月と1位記事が同じでして、「ノイエとノイエキッズの在庫状況
でした。

5月がそれらしい記事投稿ができなかった ということもございますが、
そにしても現場で話している内容は強いです。



でもそろそろ商品紹介には写りたいと思っています。
が本日ここまで!!




Beautiful Circus

社長ではなく、サーカス団なら、それは 団長で(?)

やる以上は、いつだって本気です。

by koji-shibuya | 2014-06-01 17:42 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)