<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 30日

AKITTO 2013 3rd(二見)

どうも、髪型を変えた渋谷です。

美容師さんにレクチャーされても、なかなかスタイリングは上手くいきませんが、
そのもどかしさ差し引いても「似合う眼鏡が変わる」というのは楽しいです。

皆様も髪型を変えたら、メガネをあててみてください。
「あれ?」と思うことあるかもしれません。

もしございましたら、是非ノイエへ(宣伝)





さて、待望の!!AKITTO 3rdコレクション到着いたしました。
a0150916_9142115.jpg

『ary』

ネーミング元はlibrary(図書館)から後ろの文字をとって、ary

イメージソースはドイツの「ヘルツォーク・アウグスト図書館」だそう。
a0150916_917297.jpg


AKITTOとしては珍しいリム巻きですが、
これは一目ぼれ。

表現として適当な言葉を探すと 渋谷の少ない辞書の中では
『可憐』


a0150916_9194196.jpg

a0150916_9213816.jpg
AKITTOの一つの特徴として、細部までぬかりない造詣。
すごい細かい!でもいやらしさがない! ←ここ重要です


a0150916_922316.jpg

3色ございます。

「え?これ色違うの?」と一瞬見だと言われることが多いですが
かけると「ああ、違う。雰囲気が全然」と仰られます。

メガネは目元に置くものですから、少し色違えば、雰囲気大きく変わります。

a0150916_924437.jpg

是非!!

by koji-shibuya | 2013-08-30 09:23 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 08月 23日

丁度良い AMIPARIS(二見)

トレッドミルの時は、
なんやかんやで一周して「B’z」辺りが一番高揚感あると思う渋谷です。

「体に負荷掛けている時は、女性ボーカルじゃないと。励ましてもらわないとw」
という話もある方からお聞きしたことがあって、試してみましたが
案外ベタなロックの方が、いいと感じてます。




本題です。
私が入社する前からお店にはあって、今も基幹となって支えてくれているブランド
「AMIPARIS」
その新型到着してます。

a0150916_9241323.jpg

47□19

なんのこと?という数字かとは思われると思いますが。
47というのがレンズのサイズ。19というのがレンズとレンズの間の距離です。

47というと、本来子どもサイズなのですが、
こちらのフレームは女性大人サイズ。
レンズサイズ以外で寸を出して、全幅は意外とあります。

このサイズ感は遠視にしろ近視にしろ、強度で悩まれている方の強い味方です


a0150916_9275240.jpg

テンプル(弦の部分)はただ切って使用したものではなく、
「叩く」「引き伸ばす」という作業を加えて、良質なコシが出ています。


a0150916_929174.jpg

フレーム重量10g アミパリ最軽量。

是非お試しくださいませ。

by koji-shibuya | 2013-08-23 09:30 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 08月 18日

オールラウンド スポーツサングラス!! zerorh+ "Angelfish"

どうも、大好きな言葉は
「え!!こんな所で、こんなに突っ込んだ眼鏡屋が!!?」の渋谷です。

キッズにしても、二見本店にしてもですが、
ベクトルは違いますが、特殊性の高い眼鏡屋です。

とくに二見、街というよりは明石の端の漁港というイメージが強いので
土地柄と、商品のギャップに驚かれることがおおいです。

同業者の方(某百貨店のバイヤー兼 責任者)にも
「ノイエさんは。。。あの場所で最先端の~、ってのが驚きですよね」
と仰られているそうで。

仰らられば仰られるほど、にやついている社長がいますので
是非ご来店くださいませ。




で、そんな驚き商品の一つ「zerorh+」
個人的には「最高のオールラウンド サングラス」だと思っております。

その中での最廉価モデル「Angelfish」
a0150916_117733.jpg

最廉価 だけど、実は一番掛け心地いいんじゃないの? というお声もいただきます。

Angelfishの人気の理由は
a0150916_1182733.jpg

a0150916_1183896.jpg

a0150916_1185065.jpg

このカラーリングの豊富さ。
「zerorh+」では最もカラーリング豊かです。


基本的には、顔小さめの男性~女性くらいのサイズなのですが、
zerorh+の凄さは「少々のサイズズレは無問題」とさせるほどの「ホールド能力の高さ
にあります。

ちなみに、顔大きめ、ではなく大きい男性の渋谷でも、Angelfish入ります。


このホールド能力と掛け心地のよさの秘密は、
設計・素材といった、フレーム自体の能力もあるのですが、

他社との圧倒的差は
a0150916_111301.jpg

レンズの柔らかさ、にあります。

zerorh+には全て、NXTレンズというマグナムの銃弾も貫通しない強度(1mの至近距離から厚さ3cmの NXTブロックに発砲)を持ち、また、歪みや劣化の少ないレンズを使用していますが

そのNXTの中でもスーパーソフトタイプという弾力性に優れたタイプ使用しています。

スポーツサングラスは普通のサングラスとはちがい、レンズがむき出しの部分が多く
サングラスを構成する要素としてレンズがかなり大きな部分をしめます。

レンズ自体が柔らかければ、全体としての掛け心地が上昇。
ただ柔らかいだけのレンズでは歪みが出てしまいますが、
スーパーソフトとはいえ、NXTはその心配が少ない。

ここが圧倒的に他社とは違う部分です。
大抵の方にはかけていただくと「驚いて」いただけます。
(他社のスポーツサングラスをかけていらっしゃれば、余計にです)



そして、全て調光レンズ。
紫外線量に応じて、発色・退色をするレンズです。

実際スポーツをされている方は、常に日中にトレーニングをされるとは限りません。
仕事後の場合もあるかと思います、早朝という場合もあると思います。
zerorh+ならば、どの時間でも1本で臨めます。


二見店では展示販売をしておりますが、
実はキッズには展示はしておりませんが、在庫があります。
陸上、野球、自転車 比較的接触の少ないスポーツをされているお子様には是非検討ください。
元は軍用目的で作られたレンズです、目の保護という意味ではこれ以上はありません。
(日常的に接触があるサッカー等は、強靭なフレーム能力を有するREC SPECS・SWANSをご指名ください)

オールラウンド スポーツサングラス zerorh+
是非お試し下さいませ。

by koji-shibuya | 2013-08-18 11:27 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 08月 16日

メガネとは関係のない 故郷のお話

珍しく今日は、メガネとは関係ない話をさせていただこうと思う渋谷です。


先日、夕刻よりお休みをいただきまして、地元に帰りました。
a0150916_11361764.jpg

阪急 西宮北口駅 
写真はカリヨンの鐘です。

通ることは年に何度もあるのですが、
大体年に一度か二度、この地元の駅に降ります。

実はこの駅の屋根は開きます。
当時は、とても斬新な駅で、今考えると、誇らしく思っていました。


駅の周辺は相当に変わりましたが、
駅自体は昔からそうは変わっていません。
ですので、
「ああ、地元だな」と感じるのは、案外 駅が一番だったりします。

「西宮出身」と申し上げると「ああ、都会の子なんだね」と言われることが多いですが
先日、中学の卒業アルバムの航空写真(中学入学の1994年頃。渋谷は紛失している為、友人宅で久しぶりに見ました)
を見て確信してます。
当時は「田舎」でした。

震災からの復興というと、それは神戸の街が一番にあがるのだとは思いますが、
個人的には西宮です。

田舎だった西宮が、震災で壊滅的な打撃を受けて
そこから、ここまで大きな街になった。
けれど、その大きくなる過程を僕は知らない

故郷といって、故郷感のない大きな理由かもしれません。


友人と会えば
「ハゲた」だの「太った」だの「体の調子が」だのと、
いよいよ、話の半分くらいが悲しい報告会だったりするわけですが

でも、結婚が決まった等と伺えば、それはやはり楽しい寄り合いでした。

今日はぜーんぜんメガネと関係ないお話でした。
皆様もいい里帰り、できましたでしょうか?

by koji-shibuya | 2013-08-16 13:41 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 08月 11日

zeal ARMADA入荷!!(二見)

先日、仕事の都合上、外を1時間ほど歩いた渋谷です。

時間は3~4時あたり。快晴。気温は35度。
まさに地獄。ほんと暑すぎます。

実際の気温もですが、
アスファルト照り返し この眩しさが拍車をかけます。

かけている「国内最高の偏光レンズ」を外すと
「これをかけている私は相当マシな方」と確信します。


a0150916_10115895.jpg

この眩しさが

a0150916_10121367.jpg

こうです。

必要な光を取り入れ、不要な光だけを切ると 眩しさの大幅カットはもちろん
ああ、空には雲が掛かっていたんだな、とかも感じれます。
ウォーキングやジョギングでは、その感覚が重要かと存じます。

実際の医学的なことはわかりませんが、
個人的には、眩しさを感じない方が圧倒的に涼しくは感じます。

あとこれは間違いなく、ですが、
眩しさをカットすれば疲れはかなり少なくなります




さて、偏光レンズとの相性の高させ、釣りはもちろんのこと
車の運転や、上記どおり外での歩きにも効果を発揮するZEALの新型

遂に!!しかし1本のみ!!入荷しました。

a0150916_109317.jpg

ZEAL 『ARMADA』

a0150916_10163963.jpg

アルミとカーボンの張り合わせは大変スポーティですが、
形状的にタウンユースでも十分ご使用になれます。

まずは店舗の方で偏光レンズの性能をお試しくださいませ。




尚、二見本店は
8/12~14までお盆休みをいただいております。

ノイエキッズはお盆中も元気にオープン致しておりますので、
皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。

by koji-shibuya | 2013-08-11 10:15 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 08月 09日

USH New line!! 『“0”ptique』 (二見)

メガネを「かっこよいものとして提案」したい渋谷です。

ここのところ眼鏡業界も色々ご意見や、流行(?)ありまして
「ファッション系へ」「いや光学品なんだから、ファッションを全面に出すのは~」
から、
場合によっては「ファッションなんたら~言うのは、もう眼鏡屋ではない」という極論まで


で渋谷ですが。

眼鏡屋として、光学に真剣にあたるのは当然として、その上で
「かっこよくなけりゃ、誰もかけないよ」と思っています。

ただでさえ、何か乗っていて煩わしさを感じやすい物です。
その上でかけたいって思っていただけるかどうか、これも重要です。

その上で光学はしっかりすればいいんですから。。。です。



そんな考えの最先方と勝手に言っちゃう(?)ブランド
『USH』その 新ライン到着してます。

a0150916_11454352.png


過去を意味する「-1」 と 未来を意味する「+1」

過去と未来を繋ぐ「現在」を意味する数式
-1+1=“0”

『“0”ptique』の“0”は何かが始まる「スタート」、
または何にも染まっていない「白」、
何も実在しない「無」。

『“0”ptique』ではそんな“0”を感じるスタイル、デザインを提案していきます


というのが公式の説明でしたが。
まさに『現在』かっこいい!!の最先方だと思います。


a0150916_11464090.jpg

基本的には従来のUSHラインよりも軽いです。

a0150916_1147788.jpg


「USH、かっこいいのはわかるんだけど、どうもプラフレームは重くて」
という方、ノイエでは案外おられました。

これ、最高ですよ


a0150916_11483224.jpg

プラフレーム系も、従来品よりかなり軽く、かけここちよく。

a0150916_114955.jpg

絶対に外さないシェイプ
私が自信持っても仕方ないのですけど、自信持って申し上げます

これかけている方はオシャレ。


a0150916_11501021.jpg

USHの特徴は、そのカラーリング。
今まで単色のメガネを掛けていた方には
「ちょーーっと勇気いるなぁ」と思われがち。

でも、掛けてみてください。
これは計算しつくされている物。
ご理解いただけます。

ここまではOK.という踏み込み位置が抜群。



渋谷。
実は最近は
「僕は眼鏡屋だから、メガネをご提案・販売するのが仕事であって、自分買っちゃうのは、ちょっと自重しないと
と思っているのですが。。。。



a0150916_11591551.jpg

a0150916_11592845.jpg

a0150916_11593844.jpg


すっごい欲しい!! (全部)

でもさすがに全部は無理なので、我慢してます。


是非お試し下さい。

by koji-shibuya | 2013-08-09 11:59 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 08月 08日

お越しいただいたり、行ったり

どうも、噂の「半沢直樹」は第四話から見てます
渋谷です。

完全にブーム乗り遅れ組です。
誰か1~3話の渋谷でもわかる解説を、壇蜜さんを中心にお願いします。

でもちょっと真面目な話。
男女問わず、ですけど、自分の武器を理解していて
しかも、その一点突破型の人って、とても興味深い存在だったりします。




さて、この2,3日は来客や訪問が続きました。



●三須さん来店!!

私の心のBOSS、immatureデザイナー三須さん来店されました。

写真は多分掲載不可の物ばかりなので撮っていませんが、

「このあと京都、それで、浜松、それで東京までは行きたいんだ」
かなり負担の大きな事を笑顔で仰ってましたので
早めにお話を切り上げております。

先輩からいつも学ぶのはこのエネルギー。
私は、これがないウチは、どこまでいっても。。。と反省する次第です。


そして新型。
これからは色のイマチュア
とはっきりしたラインアップになるようです。




●京都 眼鏡屋MURA 中村店長・周平さん来店

弊社ノイエキッズをご覧になりたいとのことで、お越しになりました。

a0150916_16413447.jpg

周平さんと(MURAさんブログより)

あまりいない同年代の眼鏡屋として、お互いに勉強させていただいてるお店同士なのですが

店長さん、は前から販売のプロで、ふんわり雰囲気の女性でしたけど
周平さんは、会う度に目つきがらしくなっていて

「男子三日会わざれば刮目して見よ」とは、この事。
会うたびに、省みて自己の研鑽を積まねばと思う次第です。

是非是非また遊びにいらしてください。
次は、寒い時期ならトナカイ着てますw


●一路岡山へ。こども眼鏡院 さんへ。

去年の6月にノイエキッズさんにいち早く見学に来られた方、それが今回ご訪問した
中野屋眼鏡院 そして こども眼鏡院の代表でもいらっしゃる高畠さんでした。

a0150916_1654660.jpg


その時は「いや、実はこども眼鏡の専門店をやりたんです」と代表。
そして、1年後にはオープン!!

この実行能力
頭が本当に下がります。


「いや、案外飛ぶまでの助走は大丈夫なんです。飛ぶのもそれまでの準備があるからそこまで辛くはなくて。問題はこの飛んで着地後に、更に全力疾走ができるかどうかですね」
と笑顔でおっしゃる高畠さん。

それを伺い、どうも私も飛ぶことに集中しがちですけど
そこまで考えての経営者。
だと再認識いたしております。

高畠さんありがとうございました!!



いろんな方とお話をして、吸収して
更にノイエをよい店にしていければと思います。

by koji-shibuya | 2013-08-08 17:07 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 08月 04日

演出の Urband(二見)

どうも、今週は同業者様万来!!
の渋谷です。

またこちらで、ご報告、お許しでたら致します。




本題です。

待ちに待った!!「Urband」入荷しました。

a0150916_1116497.jpg


「もう、ホント、提案できないんですよ、Urband。在庫なくて。。。」
とエージェントの宮崎さんに泣きを入れました。

そんな、泣きが通用したのか、どうか(?)
欲しかったラインが入荷!!

それは「できる男を演出できるライン


a0150916_11195235.jpg

元々シートメタルはドイツの技術。
なので、なにやら「雰囲気堅くて」「賢そう」

これは固定のイメージ。

そこに、フランス流らしい、遊びがあって、
「男としての余裕」も兼ね備えた、すばらしいシートメタル。
それがUrband(しかも日本製)


a0150916_1122126.jpg

クール
それでいて、エレガント。
ポップとは違う、遊びと二面性を

「毎日、目が三角の男はね。。。」と自分自身へ(w)



a0150916_11243026.jpg

『かっこいいビジネスマン になろう計画 in ノイエ(仮)』 
の軸になっています。


これは持論ですが、
女性はメイクという強力な「自己表現」「自己演出」方法があります。
男性もしてはいけないってものではないですが、女性ほどにはできません。

「中身勝負だよ、男は」
ええ、こうありたいとは私も思っていますが。

しかし、「簡単に理解してもらえる方法が、実は演出だとしたら」
メガネ、利用しない手はありません。


a0150916_1125949.jpg

こんなダメ社長も、できる人みたいに(?)

今はそろってます。いつ揃わなくなるかわかりません!!
是非お試しを。

by koji-shibuya | 2013-08-04 11:29 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 08月 02日

意外な!! 先月の一番記事!

どうも、毎日ハムスターのように、ランニングマシーンで歩いてます。渋谷です。

「ああ、遂にちょっと痩せる気になったんだな」
とか思われても仕方ない体型ですが

実は、そこではなくて
「展示会の時に感じた、体力のなさ、を少しでも補う為」だったりします。

3日間、フルで動ききるタフさ。
今、一番必要としている力だったりします。




そこで、月初の、「先月一番(読んでいただいた)記事」

実は無条件なら、一位ほぼ常連の「AKITTO 川上氏 来店」だったりするのですが

AKIITOブログからのリンクでの閲覧数がドーンと乗っているので、それを差し引くと
実は僅差で1位は「コチラのすごい古い記事


え、っと、約2年前の記事。。。
皆様に見ていただいた理由はなんだろう。。。答えがみつかってません。

こうなるとちょっと怖くなってしまうタイプなのですが。

とにかくは、
「なんだかんだで、DJUALの記事が一位ってことでいいのかな
(DJUALの話もしている記事だったので)

っと無理やり(?)解決しております。


ちなみに、ウェリントン、ですが。
2年前は「隙間」と表現してました。
今も隙間と言えば隙間ですが、でも普通に人気商品になってきております。



実は新製品届いておりますが、それはまたご紹介いたします。

by koji-shibuya | 2013-08-02 12:53 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)