<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

女子ウェリントン GROOVER(二見)

ウェリントンというと男性物よりな商品(やや大きめ)を、女性がかけて~
というのが、多く見られます。

それはそれで、弊社でも人気はあるのですが、
やはり顔の小さい女性に、サイズ感ぴったりのウェリントン

弊社では「シークレットレメディー」一択だったのですが、
ついに、悩んでいただける相手が登場しました。



a0150916_11573635.jpg

GROOVER "BARBARA"

フロントカラーは使いやすいタートルと

a0150916_11574773.jpg

定番のブラック。

ただ、の定番、
そこは、GROOVER 当然収まるわけもなく。


a0150916_1158356.jpg

非常に綺麗な町並みが、テンプルに


a0150916_115850100.jpg

あえて燻しをきかしたカラーリングが効いてます


ここは女性は髪で顔が(メガネも)半分が隠れてしまい、
残りの半分で、横顔は勝負しなければいけないという
しかも鏡でチェックする時間が正面に比べれば短い
という難しいゾーンなのですが

その難しいゾーンに挑戦してこそ、差が開く、というもの
だと思います。


過不足ない、提案をさせていただけます。


a0150916_1202557.jpg

是非!!

by koji-shibuya | 2013-06-30 12:00 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 06月 28日

DJUAL デザイナー柳さんを囲む

「鶴橋」
そこは、降りた瞬間から焼肉の匂いがする、素晴らしい町。

おはようございます。渋谷です。





先日、DJUALデザイナー柳さんが「関西行くんで~、お会いできませんかね」
とお誘い。

先輩と共に
a0150916_9265955.jpg

柳さんを囲んで鶴橋コリアンタウンを彷徨うの図


いや、ロックな企画だな~ と。

つまり、私が海外に行って、日本料理を食べるみたいなもので~~
とか思ってると、柳さん「いや、本当に鶴橋楽しみで」とのこと。
さすが、先輩、企画 外しません。


a0150916_9304854.jpg

柳さん 大いに『眞露』を語る の図


なんだか、本当に ただ飲んでたばっかりのような写真しかのこってないんですけど

実際は、渋谷にとっては非常に重要な案件をお話しています
あと、新型のラフとかも拝見したんですけど、これは載せれないですし。。。
という言い訳を現在繰り返しております。


冗談はさておき

柳さんは、本当に真摯にメガネに取り組んでいる方です。
「僕はもっと上手くやらなきゃ」を何度も繰り返されてましたけど、

実際弊社スタッフの中でも柳さんに会った方は
「柳さんの作品をもっとお届けしたい」という気持ちになります。

いろんなことを滑走するようなプレゼンをされるタイプではないですし
オーラを纏って、圧倒するような~ というタイプでも
カミソリのような切れ味が~~とか、まして破天荒で~

というタイプでも正直ありません。

でも、話ているだけで、「真摯な考え方」に心をうたれます

「いや、でも僕は」
と自問自答を繰り返していらっしゃいますが、

その問答の先にのみ、
あの『DJUAL』が完成されるのだ、と強く感じました。

by koji-shibuya | 2013-06-28 09:42 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 06月 23日

勉強と雑考

どうも、あまり無理には勧めない、渋谷です。
今日も本店二見にて、
検査や相談の結果「一度眼科で見ていただいてからでも」と、2度申しあげました。

こどもメガネ専門店ノイエキッズでは、必ず眼科処方箋をお持ちいただくようお願いをしております

ただ大人のお店二見では、「処方箋はもちろん歓迎」ですし「検査も喜んでさせていただきます」

ただ その後者も場合によりけりでして、決して無理はしません。
「メガネ屋だから、その日の売上が」は私とて最低限の感覚としては持っていますが、

その商業感覚<お客様への配慮

こうでないとしたら、「私よりも適任はいくらでもいる」という意味において
私は社長なんて下りたほうがいい、と考えています。

薄利多売の量販店と それでは何もかわりません。





別角度から フィッティング。

現在の流行(?)として高次元的なフィッティングがあります。
お顔は2次元ではないので、3次元的にアプローチするのはいいことだと思います。

私はフィッティングに限らず、何流~などというのは修めない主義ですが、
そういった流派を修めるのもとてもいいことだと思います。

ただ、これは、とくに子どもメガネに関してですが
その培った感覚はひとまず横においておいて(捨てなくてよいです)
いかなる器具を用いてでも、その装用に当たらなければならないときがあります

しかし器具やギミックを用いいれば、所謂高次元的なフィッティングはしにくい。

優先順位がフィッティングが先なれど、弊社はその「こうでなくてはならない」とフィッティングは直ぐに横に起きます。

眼鏡屋としてのプライド<お子様がちゃんと掛けれること

ここが中心です。


実は先日 お子様とって、場合によっては有効な道具のチェック依頼を受けました。
これも、未来の為、全力でお受けさせていただきたく思います。

by koji-shibuya | 2013-06-23 16:39 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 06月 21日

雨の日こそ、明るめで(二見)

雨、ですね・・・渋谷です。
「洗濯物がねぇ。。。」と家内がぼやいておりました。

この梅雨の時期、メガネ工房ノイエでは心理的には真逆の二つの現象が起きます。

一つは
「自転車関係のサングラスに問い合わせやお買い上げが増える」

梅雨なのに。。。なのですが、
海外は現在自転車のシーズンに入ってます。
ツールドフランスも来月に迫り、問い合わせが、週ごとに増えております。


zerorh+・Rudy Project 揃えてお待ち申し上げております。




それで、もう一つ、
梅雨だけどアクティブな自転車業界とは反対の

本日の本題
「暗め・スタンダードなフレームが売れる」

私もメガネ販売暦がついに10年を迎え、
はっきり感じるのは「この時期明るいフレームを所望される方が 少し減る」

それは、序文の「家内のぼやき」なども含めて、の事かと存じます。
洗濯物とは関係なくても、明るくなりにくい。

でもよくお考え下さい。

メガネ、この時期だけに使うわけではないのです。
お買い上げ頂くと、多分3~4年は使用されると思います。

暗い気持ちの時にお買い上げ頂いた、暗いフレームは、
向こう3~4年 そのカラーリングで、顔の中心を占拠するわけです

ですので、私は無理からにも(特に女性には)
「クールに見えるのもいいですけど、明るい かわいい フレームも是非視野にいれてください
と一つご提案してます。



a0150916_1015375.jpg

AKITTO fes
暗めのトーンのフレームだって、明るくかわいく。


a0150916_10163359.jpg

GROOVER Hillary
これぐらいのモチーフは、全然ありです。


a0150916_10175547.jpg

seacret remedy Enid
うわ!と驚きのカラーリングには かけると実は意味がある配色。(店員に直接お聞き下さい)


是非お試し下さいませ。

by koji-shibuya | 2013-06-21 10:20 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 06月 16日

DJUAL LC-07(二見)

どうも、アンパンマンミュージアムに息子連れて 行ってきました、渋谷です。
a0150916_1791542.jpg


「あやうく『通報』するところでした」
とFacebookでは某メガネ職人の方からコメントいただいています。(ありがとうございます)

うん、確かに人相悪いですね。
実際はこれで4歳の子の手を引いて遊んでますが。




そんな、人相の悪い渋谷でも
DJUAL LC-07で解決!!

a0150916_17112538.jpg

あんまり変わらないね」等といったコメント 断固拒否です。

本日、父の日だけに、イメージは「爽やかパパ」のつもりです。

実際問題、モデルがアレなだけで、
フレームはいつもの柳さんデザイン
「スタンダードで、オシャレ、尖ってはないけど、いわゆる普通ではない」

普段使いで一番映えるメガネ、DJUALです。


a0150916_17134725.jpg

息を呑むほど綺麗な流線


a0150916_17145494.jpg

ここにはちょっとした仕掛けがあるのですが、今回は割愛。
(細かいお話なので、店舗でお話します)


a0150916_1716425.jpg

綺麗です。毎日使うならコレです。


a0150916_17163160.jpg

先輩のお店でも つっこまれてましたけれど

独り言。。。
うん、柳さんだ、間違いない!!

でもホントの話、

自分の中のイメージを研いでクリエイトという意味では
デザイナー柳さん、右に出る物いないと思います。

是非お試し下さい。手放せなくなります。

by koji-shibuya | 2013-06-16 17:21 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 06月 12日

お子様にもサングラスを

どうも、雨、降りませんね。。。渋谷です。

いつだったっか、家が水没しかけたことがありますので
あんまり降られるのも、困りますが
それにしてもちょっと少ないです。

雨が降らないのに夏が近づくというのは、どうにも変な感じです。





ところで、渋谷。
最近はサングラスなしで外に出るということが極端に減りました。

慣れてしまうと、なしで出歩くというのは、
私が 「一体、何の罪で、何の刑を受けてるの?」
と思うほど、辛いです。


そして私のこどもにもサングラスを買い与えています。
4歳の本人は「新しい玩具ができた」ぐらいの感覚だとは思いますが

見た目の問題もあるとは思います、
ただ、最近は見た目とは別個に 「もはや危険なので、かけてください」
ということもあります。

紫外線の問題もあります。
眩しさは目にいい物ではありません。

だけどサングラスが浸透しないのは、「ちょけている」ように見えるから
「なにやら調子にのっているように」見えるから

もう、そんな次元の話ではなくなってきていると思います


先ほども書きましたが、お子様にとっては
「おもちゃができた」ぐらいの感覚になるから。。。というのは私も同じです。

ノイエキッズでは、安価な物(とはいっても安全性の高いもの)
から、
プロレベルにおいてでもスポーツ対応ができるようなもの(の子ども用)まで、
幅広く取扱ございます。

ぜひご相談くださいませ。

by koji-shibuya | 2013-06-12 11:00 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 06月 07日

可愛すぎるサングラス Lafont LISBONNE(二見)

サングラスの名前 リスボン。

とりあえず、岩塩(又は砂糖)を買って、セビリアに売りに行こう。
ボルドーからワインを買ってきて、リスボンで売ってもいいね。

『分かる方は、だいたい私と同じ年から年長者』

こんにちわ、最終的には積荷はいらないから水夫の数を増やす渋谷です。



すいません、全然わからない話だとは思いますが
小学生の時にした、このゲームが私の商売感覚の根底なような気もします。



そこで全く関係ない話で、Lafont サングラス。
またものすごくかわいいのが入荷しました。

a0150916_14133416.jpg


展示会で一目ぼれ。
ラフォンの 可愛さと、前衛的な部分
「ちょうどよい感じに混ざっています」

どっちかだけ、ってのは多いですが、これくらいの甘辛はベストバランスにしてレア


a0150916_1417879.jpg

透かしは、すぐにチープに見えるのに、
全くチープに見えません。

不思議なことに
「Lafontのサングラスをかけると、他の服などのコーディネートもワンクラス上に映る」
これをLafontサングラスの魔力、と私は呼んでますが

是非お試しいただきたいです。


a0150916_14184633.jpg


たたんだ時に、薄くなるのも個人的にはポイント高いです

最近は厚みがあるサングラス増えましたけど、
昔はこれが普通~でした。



a0150916_14212927.jpg

女性スタッフがいればいいのですけど、私の手で堪忍してください。
置いてある時とかけたとき、まったくイメージ違います

「あれ、派手、、、じゃない。というか綺麗?」

これがプラスチックフレームの真髄です。
是非お試し下さいませ。

by koji-shibuya | 2013-06-07 14:22 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 06月 05日

『プライベートアイズ掲載』

モンスターハンターの新作の発売日が決定しましたが
「余暇時間なんて、あるのかな?」
の渋谷です。

今は大変忙しくさせていただいてます。


その要因の一つで、現在当ブログがちょっと閲覧数上昇気味なのは

a0150916_14501915.jpg

プライベートアイズ 掲載です。

内容は
a0150916_14504270.jpg

a0150916_1451168.jpg


見開きが2回の4ページに渡り、メガネ工房ノイエ・こどもメガネ専門店ノイエ・キッズと
掲載されております。


ごく個人的な感想なのですが。
本当に私の短い眼鏡屋人生を、非常に上手く文章化していただいたと思います。

皆さまのお陰で 今もこうして眼鏡屋をさせていただいています
それだけが、お世話になった方に届けば、と思います。

画像は見にくいと思います。
もしご覧になりたい方は各店舗お申し付けつけくださいませ。




また各問屋様や、メーカー様から
多くの「見ました!!よかったです!!」という言葉を頂戴いたしました。

恥ずかしいばかりではありますが、むしろこういういい文章に負けないよう
これからも頑張らなければと思います。

今後とも両店舗何卒、よろしくお願いいたします。

by koji-shibuya | 2013-06-05 14:57 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 06月 01日

先月の一番記事 と クリス氏来店

どうも、急にブログの閲覧数が上昇気味、渋谷です。

理由は、わかっているのですが、その話は、また次回ということで。。。





まず先月の一番記事ですが
 
ノイエキッズ求人のお知らせがダントツ1番でした。


で、2位が、古い記事なのですが、求人関係のコチラ

現在も募集してます。
是非ご応募ください。





それで、先日E&E社 エスポジット・クリストファー氏
通称クリスさん、来店されました。
a0150916_16571771.jpg


E&E社とは、実は3年以上前からお付き合いで、
ノイエキッズでは色合いがキレイだと評判のcomoframeでお世話になっています。

ちなみにクリス氏
めちゃくちゃ日本語流暢です

そして鯖江以外で眼鏡を一式作る事ができる数少ない工場新潟にもっています。
そんな工場で作成されたフレームも非常に素晴らしかったのですが、

今回私が「うわ、欲し。。。」と個人の物欲センサー反応したのが。

a0150916_1704138.jpg

コワルスキ。
ドイツ製。

ドイツ製らしからぬ、カラーリング、タッチ。
何よりも持てる方法全てを使って「汚し」にかかってます。

ビンテージフレーム。
だけど本当にビンテージではなく、現代の技術を惜しげもなくつかってビンテージにみせているフレーム。

この手の無理やりつったフレームはだいたい胡散臭さがでるものですが、
それが「ありません」

かっこいい!!!の一言でした。


a0150916_174163.jpg

チラ見せ。

何故かと言えば、実は仕入れていません
弊社プラスチックフレームが現在多く、バランスを考えて・・・という保守的な理由なのですが。

一本どこかから買って、お客様に意見お聞きしようかしら、
とすら思うほどかっこいいフレームでした。
よくよ~~く考えます。

by koji-shibuya | 2013-06-01 17:04 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)