<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 28日

モテる眼鏡?

車買うときは、

「実用性」「趣味性」の比率をどれくらいにするか、を色々仮に設定しながら

「これいいけど、燃費・維持費・積載能力とか(実用性)考えるとなぁ・・・」とか
「これいいけど、もう少し遊びがないと乗る気なくなっちゃう。 これじゃ移動する部屋だよ(w)」

とか 考えてるときが一番楽しい と思う渋谷です。


どっちが、どう、
などというのは生活スタイルや、その方の考え方次第なので是非はもちろんないのですけれど

眼鏡も、そういう部分、かなりありますので、
両方を考えていただいたら。。。と思います。



ところで、
a0150916_1325313.jpg

眼鏡Begin最新号買いました。

弊社扱いブランドも多々、掲載されておりまして
「嬉しくなってしまう」ところでもあり


更に仲良くさせていただいてる関係者の方がたくさん掲載されているので
「やっぱりかっこいいなぁ、、、○○さん」とか思ったりもできるのですが、



一応メインのお題が「モテる眼鏡」という突っ込んだところなので、そこに言及。

冊子でもよくよく読むと、「こういう顔の方にはこういうのがいいですよ」とは書いてます。
それは、もっと深堀すれば、どう魅せるのか、だと思うのです。



モテない私が言っても説得力皆無なのですが、
しかし、周りを見渡すとモテている人というのは大抵「私はこう」というのがある人
(更にいえば、それを他人に押し付けない人)

それを眼鏡に落とし込めば、
眼鏡は顔の印象を劇的変えるアイテムで、女性のメイクと同レベルであることを考えると

その重要性は非常に高い。と考えます。




「あ、責任重大だ~~」とか自分で自分を追い込んでますけれど。
自慢ではないですが、結構私得意なので、その当たりはまかせてください



そして、弊社と言えば 子ども用メガネ。

医療的な意味もつよくなる場合が多いので、簡易に「ファッション第一!!」とは言えないのですけど



ただ仮にファッションのことだけ言っても、大人とは違って

「基本的にメイクはしない」「多くの場合は髪は黒がおおい」「パーマとかもあてていない場合がおおい」
という、他による装飾が少なくて

だけど
大人よりも素敵な(?)笑顔という最大の武器を持っているので、それをスポイルしないメガネ
でなくてはいけない

という難しいラインにたっているということがわかります。



お子様の服などは、案外安易に「極端に大きなモチーフ」などで
形成されている場合がおおい。と感じてます。

ただ、恐るべきは、そんなデカモチーフくらいでは、まったくスポイルされないお子様の笑顔だったりするので、

多少、オーバーデコレーションでもOK
それもよく勉強しなければなりません。


話がややこしくなりましたが、
つまりは魅せ方だと思います。

一生懸命ご提案させていただきます。

by koji-shibuya | 2013-05-28 13:21 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 05月 26日

【職工恒房】で色遊  (二見)

色遊。。。アダルティでエロな意味ではありません。
渋谷です。


でもそういえば、昔も申し上げたことがあるのですが、
エロとセクシーは紙一重で

それは綺麗に魅せる要素の一つだと思ってますので、
個人的にはありなのですけど。

でも今回はあくまで「色で遊べる」という意味です。





そんな(?)恒房、入荷いたしました。

a0150916_105021.jpg


恒房というと、
●私の心のBOSSである、島根のショップオーナー 兼 眼鏡職人である 三須さんが作られたフレーム
●クラシックデザインを基本とした形でありながら、少数ロットでしかできない、シェイプや遊び随所にあり。ハンドメイド感溢れた、手に取られた方用のレアアイテム。

というご説明が主でしたが。

ここ最近はその説明より前に
○ここでしかできない、カラーリングの妙
というのが前に立つほど、"色遊び"が可能なコレクションとなっております。



a0150916_10102777.jpg

正直、春の展示会で 男性の私が見たときには、このカラーは省いたんです。
「派手、かな?好みが分かれて 難しいフレーム」と

ところが、三須さんが
「いや、渋谷君、これはいいよ。作ったから言ってるんじゃなくて」
と笑顔を見せながらも、真剣な眼差し。

「そうですか?では、それもお願いします(複数あったほうが置いた時、見栄えもいいし、いっか)」
くらいの気持ちで(失礼)

ところが女性に見せると、 「わぁ、これすごい かわいい」の声続出。

そうでした。。。

先ほども書きましたが、三須さんは眼鏡職人であるだけではなく、ショップオーナーであり
仕入れる側でもあって、お客様に接客もされる方でした。 
「感覚 まだまだ及ばず」



a0150916_10254531.jpg

ブラウン×ブルー
これは最近の渋谷の鉄板色なのですが、

そんなことは100も承知の職人が
「ここまでブルーは見せても、バランス崩壊はしません
というラインがついておられます。




a0150916_10281359.jpg

グレー張り合わせは写真では伝わりにくいですけど
このチラ魅せ感は、個人的には一番のお気に入り。


ということ で
a0150916_1029978.jpg

私がかけると、こういう感じです。


是非お試しを。

by koji-shibuya | 2013-05-26 10:30 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 05月 24日

こどもメガネについて 深く考える

a0150916_9353550.jpg

深く考えています。渋谷です。
(画像 卸商A氏 Facebookより)


これは深く考えているフリをしているだけっぽいですけが
実は本当に深く考えています。
子どものメガネ





先日、某所にて、ある会議が開かれました。
内容は「こどものメガネをもっとちゃんと作ろう」という意図の会でした。

北は北海道からもお越し頂き、
はっきり申し上げて弊社よりも ずっと大きなお店の方ばかりが集まりました。

そんな中でも弊社は「こどものメガネだけは、何か意見出し」ができるだろうと。




ファッション的要素、医療的要素の両方があるのがメガネの本質です。
それが、こと、子どものメガネになれば医療的要素が強くなります。

その時に、医療的要素をまかなえるだけのメガネ屋でお作りいただけてるだろうか?

その啓蒙が、できているだろうか?
これはずっと店内ではしていても、大きな力としてはしていないのが現状。

あと私が個人で言うと嘘っぽくなる ということも知っています。
「専門店だから、自信過剰に他を排斥しようとしている」とも捉えれます。

当たり前なのですけど、そういう事は全く思ってなくて
「専門店である弊社じゃなければ、ならない」などということは、ありません。

技術のある方は世間には沢山いらっしゃいます。
真面目で、真摯で、まっすぐ受け止めている方。
ならば、むしろ、そこで作られていいと思うのです。

ただ、弊社は専門店で 沢山のお子様のメガネを見る機会がある分
「ん?これは。。。ダメですね。。。」というのもよく拝見します。

重箱の隅をつつくような、細かい事由ではなくて
「これ、自分の子どもの物だとしても、このメガネをかけさせる のですね?」
と思うほどの場合も。




一つの力は弱くても、力をあわせれば大きな力になります。

そして、実は場合によっては
「今までためてきた眼鏡の技術、経験則、そこから培ったプライドがお子様の為にならないこともある
これも啓蒙していかなければなりません。

私も技術者の端くれですので、それを場合によってとしても、捨てる時、
かなりの気持ちがいるのですが

「子どもの為」
助けることができるのは

Dr初め医療関係者の方
そして 親御様

それで微力ながら眼鏡店

その微力は、せめて全力で。

と思っています。

by koji-shibuya | 2013-05-24 09:54 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 05月 21日

こどもメガネ専門店ノイエ・キッズ スタッフ募集のお知らせ

今日は真面目なお話、渋谷です。


こどもメガネ専門店ノイエ・キッズでは一緒に働いてくれるスタッフを募集いたしております。


募集要綱はコチラからご覧下さい。



よろしくお願いいたします。





本日は忙しいのでコレマデ!!

by koji-shibuya | 2013-05-21 10:45 | その他 | Comments(0)
2013年 05月 17日

ビッグプレゼント (二見)

どうも、たった10年程の眼鏡人生で、かつ 私の大変拙い言葉から
「ここまで、意図したことを汲み取って頂いて、素晴らしい原稿にできるものか。。。」
と感嘆した、渋谷です。

今まで数々取材をお受けしましたが、眼鏡業界からは初取材
「今までもありがたい原稿の数々だったけど やはり 餅は餅屋。切り口が違う。」 

至極納得の プライベートアイズの掲載、是非お楽しみに。
(一番楽しみにしているのは私です)




本題です。二見店でビッグプレゼントが決定。

a0150916_1127968.jpg

フランスブランド Lafont扱うイワキヴィジョンセンターさん扱いのルーペ。

いっつも思うのですけど
Lafont自体はもちろん素敵、なのですが 

イワキさんの雑貨仕入の目利き能力の高さ センスの良さ には驚かされます。

本革のルーペ。


a0150916_11311175.jpg

レンズは非球面で、倍率3倍

もちろん道具として便利ですけど、
アイテムとして単純にかわいいです。




こちらの商品。
単品購入だと2730円なのですが。

大人用のLafontをお買い上げの方に
プレゼントさせていただきます!!


色は5色。各1本で5本。
早い者勝ちになります。再注文はございません。


あのサングラスでも、あの新作でもOK。
是非是非ご来店くださいませ。


(もちろん単品購入もOKです)

by koji-shibuya | 2013-05-17 11:36 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 05月 15日

プライベート アイズ取材

どうも、ディロッカピンキーリング、気に入っている渋谷です。
a0150916_11412673.jpg


本来。
私のように、
「とても眼鏡屋とは思えない、ずんぐりむっくりの指」には入りはしないのですが。

そこはメガネでも使用している可塑剤であるアセテート(いわゆるプラフレームに使用している)
熱加えて、材内の湿度変えてあげれば、曲がります。

曲げますし、削りますし、磨きますので(ちょっと時間頂きますけど)
結構どんな方でも入ると思います。

是非お試し下さい。
(二見店のみ取扱。 価格1470円)




ところで、先日東京より
(株)近代光学出版社 「プライベートアイズ」の村田様 来店。
取材を受けておりました。

a0150916_11545549.jpg


同誌内 「眼鏡旅情」というコーナーにて メガネ工房ノイエ・こどもメガネ専門店ノイエ・キッズ
双方のお店が掲載されます。

村田様とは鏡業界の現状など お話させていただき。
私も大変得心いたしました。


医学と眼鏡。
この似て非なる二つの分野を、うまく合わした点が、お客様の求める部分というところもあるのでは。


というノイエキッズのコンセプトをお話するにつれて
「やっぱり、こども専門店の中でもノイエさんは特殊ですね」
と、太鼓判(?)をいただいております。


村田様、お近くお寄りの際は是非お声お掛けくださいませ。
この度はありがとうございました。

by koji-shibuya | 2013-05-15 12:02 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 05月 12日

SWANS マルチスポーツグラス (二見)

どうも、アルスラーン戦記の漫画化に驚いた渋谷です。

現在31歳の私が、小学生の時に読んでいた小説で、
実は、尚 未完の作品です。

「鋼の錬金術師」の漫画家さんなので、
リンク先のアルスラーンの絵は
「誰?この銀髪のエド○ードw」という感想。

僕は初期版の天野喜孝氏の挿絵が一番と
小学生時に、そう擦り込まれてますので、
その感想にはなるのですが。

人気(?)漫画家が書くんだから、続きちゃんと書いてね、田中芳樹さん
と思う今日この頃です。





ところで、弊社
zerorh+ にRudyProject そしてZEALと、スポーツ関係には強く、
特に、自転車関係には皆様から愛されていると自負しています。

ただ、その自転車競技において、度数があまりにも強くなってくると作れない
というパターンがままありました。


そんな弊社のウィークポイントをカバーしてくれる、素晴らしい商品、入荷しました。

a0150916_13411497.jpg

SWANS FOUR-CーDL

ZEALと同じくMade in Japan
海外製ではよく出る、鼻の高さの違いの問題はもちろんありません。

a0150916_1344108.jpg

風防も装着が可能。

度数も、かなり広い範囲でのご提案が可能になります。
しかも
度数が強ければ、強いほど、風防効果も高くなります。

更に!!
・3cmあると銃を撃っても割れない、タフさがある、NXTレンズでも
・ギラツキをシャットアウトする偏光レンズでも
・オールラウンドでつかえる 調光レンズでも
・廉価で使いやすい、通常のレンズ(カラーももちろん可)

その上、遠近でも、なーーんでも入ります。

実はかなりポテンシャルの高いギアとなっています。

お値段も、入れるレンズ次第でもありますが、
通常のレンズでしたら、3万円弱程度からご提案可能になります。


お色は上記のブラックに加えて

a0150916_13493441.jpg

グレー


a0150916_1349579.jpg

マットブラック


a0150916_13501142.jpg

スポーティーなレッド
と4色ございます。

是非お試しくださいませ。

by koji-shibuya | 2013-05-12 13:50 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2013年 05月 10日

谷口眼鏡 中村さん来店

どうも、カメラにSDカードを入れ忘れた渋谷です。

先日大阪の展示会に行ったのですが、撮った写真がカメラ内保存で店舗では取り出しが出来ない為
また日をみてそちらはご紹介。(不覚でした)



本日は
a0150916_1239446.jpg

福井県鯖江 最高のプラスチックファクトリー 谷口眼鏡の中村さん、
二見本店に初来店されました。


ここ何日かは、そればっかり書いている気がしますが。
当初、キッズでも取り扱いがあり、この春から二見でも取り扱いを始めたのですが

配送された当日に数本(まだ値札も付いていない状態)のお買い上げから始まり
あれよあれよ、という間に、もう在庫が非常に薄い状態に。。。



同社のフレームは
a0150916_12465756.jpg

安価フレームにありがちな工程の飛ばしは決してせず
実際に1本1本手で仕上げます。

今日も中村さんと
「あの工程をみて、この値段で、仕入れないという選択肢はなかったです」
という昔話をしていました。


a0150916_12502985.jpg

数少ない在庫の1本。
でも男性物だと、このカラーリングは大人気。

a0150916_1251397.jpg

磨き・擦り合わせ。
私は同社以上のクオリティはみたことがありません。



パンフレットの言葉で私が大好きなのは
a0150916_1252082.jpg

「変わらないのは根っこの気持ち、変わるのは時代に合った工夫。」

端的に同社の心意気を表した言葉だと思います。


中村さん来店ありがとうございました。

一本一本手作りなので、大変だとは思いますが
また商品発送待っております。

by koji-shibuya | 2013-05-10 12:54 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 05月 05日

レンズ カスタム 

どうも、色々思案中の渋谷です。

ゴールデンウィークは特になにもイベントできなかったですけど、
夏休みはちょこっと皆様の為になることできたら、と思っています。

あとは、ちょっとまだコチラでは言えないのですけど、
プロジェクトがいくつか同時進行したりしてます。

それはまたコチラでご報告を致します。




ところで、
a0150916_1245342.jpg

自分用に、レンズカスタムしてみました。

FM:DUN-1010 
LS:最高の偏光レンズ ゴールドミラーコーティング

最近作った中ではもっとも「つっこんだカスタム」できたな、と自画自賛しております。



ゴールドミラーなので
a0150916_12483066.jpg

これぐらいには映ります。

あえて、「どうだ~~、いやらしいだろう~~?」という設定です。




a0150916_12492724.jpg

フレームは国内最高のメタルメーカーファクトリー 三工光学。

渋谷、案外器用に曲げれますので、普通カーブのレンズでもいけます。(高カーブでもOK)
カラーは茶色。ミラーかかってるので、何色かわかりにくいですけど。。。



で、渋谷がかけた写真は、今回はなしで。

かけた写真は
仮にもこどもメガネ専門店も営業している人の顔ではなくなってしまったので
割愛です。


度なしなら2万くらいからカスタム可能(偏光レンズだと3万弱)です

案外カスタムなんでもできます、是非ご相談ください。

by koji-shibuya | 2013-05-05 12:55 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2013年 05月 03日

先月の一番記事

どうも、ハチロクに乗り換え
a0150916_926525.jpg

たりはしてませんで、友人の車に乗せてもらった渋谷です。

非常にジェントルな味付けな車で、
手前に映っているあちこち弄くりまわされている(?)マイコペンとはかなり違う感じでした。





それで先月の一番閲覧数の多かった「一番記事」ですが

やはり東京展示会1が1位
東京展示会2が2位

でした。

新商品はちょこちょこ入ってきてますが、また順次ご紹介いたします。



それで、現在の東京展示会注文で入荷した新製品の中では
圧倒的に売れているのが
a0150916_932568.jpg


鯖江最高のプラスチックファクトリー、谷口眼鏡の
「PLAMATIC」

リーズナブルなお値段なので。。。ということもありますが
この価格でこのクオリティは反則技、とも個人的には思ってもいます。

以前からキッズの方では販売させていただいておりましたけれど、
二見でも、と入荷して既に在庫が少々薄くなって来てます。。。


是非チェックくださいませ。

by koji-shibuya | 2013-05-03 09:38 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)