<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 30日

思い入れの強いフレーム その1「FLEYE by AKITTO uty」(二見)

FLEYE川上さんのブログを見て渋谷的には激震が走りました。

「パーティーの〆は ic!berlinの代表ラルフ氏 独唱」

弊社はicさん(超有名シートメタルブランド)とはお付き合いないのですが
「いや、これは見たい」と思っています。

いける可能性は現段階では、かなり低いですが、
高画質でのYou tubeで流出を強く希望していますw

何歌われるんだろう・・・。

業界の大物ラルフ氏も
私の家内(眼鏡業界無関係)には「ああ、あのオレンジのスーツの人」と言われています。

まぁ・・・正解です。




さて、この展示会2週間前ぐらいの時期は最も
「何を書いたら、いいんだ~~」となる2週間です。


ということで
個人的に強い思い入れのあるフレームを再度クローズアップしていきます。

もちろんトップバッターは
a0150916_1151077.jpg

FLEYE by AKITTO
(坂根店長がディスプレイを変更してくれまして、現在大変綺麗な空間に)

その中でもこの一番手前でピンボケしてる(させてる)こちら
a0150916_11524142.jpg


FLEYE by AKITTO「uty」

SLIT(春の展示会)がくると思い出します。
知り合いなんて誰もいない会場 取引業者0 アポイント0 完全アウェーの真っ只中だった
一昨年の私。

会場ぐるっと回って「なんか会場がすごいけど、とにかく勝手がわからない」という中
展示ブースでこちらのフレームに一目惚れ。

忙しそう~~にしているイケメンさん(後にデザイナーの川上さんと知る)捕まえて
5分話を聞いたら、より虜に
「忙しいとは思うのですが、いつまででも待つから時間ください」と私。
すると閉展間際に15分時間を頂きました。それまで約5時間。

いやーー待ったw
もう、utyしか眼に映ってなかった私は、時間潰しに散歩で神宮球場とか行きましたw
(3分で飽きて戻りましたが)

実際は東西眼鏡愛好会とか行って、
DJUAL柳さん USH外山さん イマチュア 三須さん アライ社 新井さんともお話はしましたが
(この年は現在の基幹ブランドのほとんどのデザイナーとお会いしてますね・・・)
東西だけで5時間というわけにはいかず~~でした。

でも今でも、それがないと今が無いと思うと、全く後悔してません。
私の人生で「最も重要な、しかしながら手持ち無沙汰な5時間」でした

お会いしたアネットさんは、ワインを勧めながら、丁寧に説明してくれたことを覚えています。


a0150916_1251670.jpg

なんといってもココ。


a0150916_1255564.jpg

造形の奥行きを出す為と、副産物としてのフレキシブルな機能性
もちろん、あるのですが、
この七宝は一枚一枚マスキングして注射器で注入してます。

現在のモデルも全てですが、手作業の工程・敢えて大変になる工程の多いこと。

a0150916_129439.jpg

テンプルエンドは見た目にもフィッティングバランスにも一役も二役も買う優れもの。


a0150916_1294630.jpg

私は男性ですのでこのフレームを掛ける事はかないませんが
(私が顔が大きいからというのが理由。デザインだけなら是非掛けたい)

思い入れのあるフレームは?となると、やはりこちらが一番に思いつきます。

by koji-shibuya | 2012-03-30 12:10 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2012年 03月 28日

東京展示会 と 同行予定

そういえば去年
「来年の春は3日間東京出張しよう・・・数が多過ぎる」
と思ったことを思い出した、渋谷です。

「今年は内田屋さん・ヤブシタさん(大手問屋さん)が前の週だし、楽勝楽勝」
とか踏んでましたが、
日が迫ると「あれ、やっぱり時間足りない?」となりかけています。


すいません、先謝らせてください。
アポイントとったり、とってなかったりするのは全部回れる自信がないからです。
本当スイマセン。
来年は3日間とります。

もちろん、来年なったらまた忘れそうですが。




そんな東京。
今年は珍しく一人ではなく
ノイエ・キッズ清水店長と同行です。

清水店長は視能訓練士という国家資格をもった「弱視のプロフェッショナル」です。
そして来年には認定眼鏡士を取得します。

彼は懇意にしている眼科さんのスタッフだったこともあり
視能訓練士一年目の五年前から眼鏡の事も勉強をしていた、という異色の経歴の持ち主です。

最近ではノイエキッズ店舗でも、お客様ご指名がかかるほどに、
自分のポテンシャルを如何なく発揮してくれています。

私が自信満々に言うことでもないですが、予定通りですw
(ただ予約ご指名は今の現状では基本的にはお受けできません。ゴメンナサイ)
(眼科の世界の彼を眼鏡の世界で担ぐことは、聞こえてるところと聞こえてないところ、両方に賛否あったとは思いますが。その上で予定通りだったと言えます)



彼はまた非常に方向感覚に優れた男なので
その辺頼りにしてます。
ちなみに渋谷は結構ひどい方向音痴です。さすがに東京は少し慣れて来ましたけど・・・



実は 今回の東京展示会では楽しみなことが目白押しなのですが
それはまたおいおいお話していければと思います。

by koji-shibuya | 2012-03-28 13:34 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2012年 03月 25日

Lafont サングラス(二見)

「二見ノイエって不思議なお店ですね」
時折言われます。

普通の紳士・婦人物もおいてあれば、LESS THANやLafontと言ったスーパースターもあるけど
ブランド立ち上げ3年~5年くらいの比較的新鋭ブランドも結構あります。

と思いきや、微妙にティーン女子への層が厚かったり
偏光レンズやスポーツグラスに強かったりもします。

一つ言えるのは「日本製がおおい
というところ。

思想はあまりないのですが、色々諸条件考えると多く集まったのが結果 日本製だった
というところなのです。

そんな中にあっても 
二見ノイエの完全海外製のコンセプトブランドというと
『Rudy Project』
そして今回ご紹介の『Lafont

本日はお客様要望も暖かくなり増えてきたサングラスをご紹介。


a0150916_10182449.jpg

FOLIE C.857
夢中・熱中・狂気の意。
五線譜をイメージした美しい造形と音楽をイメージしたディテール

a0150916_10543120.jpg

サイドは微妙に真っ直ぐではありません。
美しさというよりは 妖艶さを持つモデルです。



そしてFAUVE
a0150916_10555893.jpg

意味は野獣・猛獣
いや、Lafontの品番って調べると意外と怖い意味おおいですね・・・。

でも弊社ではキング オブ LAFONT サングラス。
a0150916_1105967.jpg

あきらかに「これかわいいでしょう?」と狙っているデコ具合です。


そしてHAWAI
a0150916_112299.jpg

この生地カラーリングが渋谷は好きです。
FAUVEよりは少し突っ込んだデザイン。
名前どおりバカンスで使用していただきたいお品です。

ほかにも多数サングラス取り揃えております。
度付もご相談くださいませ。

今日の一曲



30秒のPVで「このアニメ見たい!!」
って感じさせる音楽 菅野よう子はやはり天才だと思います。

彼女が器用貧乏だと揶揄された時の返答
「器用貧乏も10年続ければゴールデン器用貧乏に変わるのだ。何でもできて文句あっか?!」
は個人的には名言。

by koji-shibuya | 2012-03-25 11:04 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2012年 03月 23日

眼鏡とメイク

「ブログ始めたんですよ」と行き着けの美容院さんからお話。

で始めるにあたり
「どこで始めたらいいんだろう~~と思って。ああ、渋谷さんと同じところにしよう」
とエキサイトブログで始められています。

私自身も「どこで始めたらいいんだろう。ああ、松本先生と同じところならいいかな
と同じ理由だったので、ちょっと返答に困りましたw

美容院さんのブログはこちら
ガソリンスタンドの中の美容院。
弊社の「喫茶店と眼鏡屋」「こどもメガネ専門店」同様に
「そんなのあるの?」的なお店です。是非ご来店を。



本題です。

「メガネとメイク」これは最近の渋谷のテーマ。
顔に装いをかけるという意味では
美容院さん・帽子屋さん・メイクアップアーチストさん・そして私たち眼鏡屋。

細かい技法は、実際される方の物であって、そこまで勉強する必要はないですが
論理を理解できれば、必ずご提案の仕方が変わるはず

ごく小規模の中で、毎回渋谷は「美容師さんに髪型をお任せして、その上で似合う眼鏡を探す」
という事は続けてきました。
いや小さな努力だけど、これはそのうち使える。と。


話を戻してメイク。

最近はありきで、
「このカラーリングはこういうメイクに合います」と提案される営業さんもチラホラ。

それをその単品に対して理解することは案外容易です。
ただ、それは、暗記です。

メイクをしない男性(理論がわかってない)がその理論を振りかざす事、
それはスカスカの土台の上に家建てるようなもの。

女性からすれば「なにそれ?」感があるのは当たり前なのです。

女性の方が眼鏡販売は有利。これはスタッフにはよく言います。
そう言う理由はこのあたりにもあるわけです。
(逆に男性スタッフはそのアドバンテージを乗り越える何かがいります、とも)


そこで
実は5月に某所で渋谷は眼鏡とメイクのセミナーを受けてきます。
(4月の東京も女性向けの講習ではありますが、拝聴できそうな気配)

弊社にはこんなにも

a0150916_948146.jpg

FLEYE by AKITTO「uty C.R049」



a0150916_949314.jpg

Lafont「HELENE C.504」



a0150916_9495967.jpg

Seacret Remedy「Margot C.02」


美しいフレームがたくさんあります。
贔屓目なしでメイクの仕方で全体としての美しさはもっと際立つはず。


メイクのセミナーを受けることは結構緊張はします。
それは、今まで8年程度とはいえ積み重ねた経験が、
数時間で吹き飛ばされる可能性があるからです

それほどにメイクの力は偉大。女性にとっては関心が高く、当たり前のお話ですが
男性にとってはやや斜めに見てしまいがちのお話です。

是非 ニュートラルな気持ちで受講できればと思います。

by koji-shibuya | 2012-03-23 09:55 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2012年 03月 18日

USH 新型(二見)

「早く帰ってこいよ、コペン!!」
どうもセンチメンタル渋谷です。

「ターボがかかりすぎる×ヘッドライトが曇っている」にて昨日工場に運ばれました。
心の中では「ドナドナ」がかかっていました。

代車のデミオは とってもよくできた、コンパクトな割りに 乗り心地のよい車だけど
「あの乗り心地最悪の刺激が大好きだよ コペン」
と愛を確かめています。




さて、そんな、センチメンタルな私に素敵な贈り物が
a0150916_12563895.jpg

「家?」
これがヤマトさんが持ってきた最初の印象。

中身はUSHの新型。待ちに待ったU-15 U-16の到着です。

まずはU-15
a0150916_12584215.jpg



定番のBLACK
a0150916_1259865.jpg

ネイティブイヌイットをデザインディティールとしたこの作品は
サイドにイヌイットが使っていたスリット型のサングラスをモチーフとしたデザインが。

モチーフ自体も綺麗ですが、何より
「これがネオ・クラシックだ!!」ってシェイプはかっこよすぎです。

カラーリングは
a0150916_139128.jpg

「さすが外山さん」と強く感じる配色。
派手すぎない、でも一目であの人とわかります

シークレットレメディとは又違う
配色の懐の深さを感じます。


a0150916_13135869.jpg

こちらはファッションブランドhalluciコラボレーション カラーリング
服のイメージとよくあったカラーリングで
パット見には黒に見えたり、いやいや~という複雑なカラーリング。




そしてU-16
a0150916_13194683.jpg


普通のスクエア?ノンノン。
手に取るとはっきりわかります。
これは計算しつくされた結果

a0150916_13211581.jpg

また外山さんらしいカラーリングと


a0150916_1324616.jpg

ブラウン。でもただのブラウンってわけじゃないです。
やさしーーくツートーンなんです(写真では伝わりにくいです)

ちなみにこのブラウン(col.3)


このCMで佐々木希さんが掛けているモデルでもあります。
そう、男性モデルだとおもってましたが、女性でもかわいい事が証明されてます。
これもデザインの懐の深さ


佐々木希さんの後に とっても見苦しいのですが
私がかけるとこんな感じ。(col.2 グレー)
a0150916_133057.jpg


比較的に男性にはもちろんイケることが証明はされなかったような気もしますが・・・
現物はとってもかっこいいのでお試しくださいませ。

by koji-shibuya | 2012-03-18 13:31 | 眼鏡(商品) | Comments(2)
2012年 03月 16日

匠の技と信念。  谷口眼鏡 中村さん来店

今日の一言は
入荷初日に速攻お嫁に。すごいぜFLEYE by AKITTO for relax
渋谷です。


詳しくは坂根店長のブログより(上記リンク)ご覧になってくださいませ。
本当に素敵なフレームです。



本題です。

先日、こどもメガネ専門店ノイエキッズに
鯖江に残る数少ない職人プラスチックフレームファクトリー、谷口眼鏡 中村さん来店されました。

a0150916_9413186.jpg


出会いは去年の鯖江訪問。

そしてPLAMATIC入荷

取引まで考える時間が長い事で有名(?)な私ですが
谷口さんのフレームはキッズメンバー完全満場一致。

あの工場の工程のシビアさを見た小売店さんは取引開始が多いとは横から伺いましたが
いやはや、納得です。

メガネは一つ作るのに、ここまでしなきゃダメ。
大変いい勉強になりましたし、それ以来接客の形が少し変わったこともあります。
「もっと一本一本を大切に」と。


でその中村さん。
今回来店の目的はこちら。
a0150916_950299.jpg

詳しくはまだお見せできないのですが
「こどもフレームを作る」とのこと。

実は鯖江の時もおっしゃってましたし、IOFTでも「進行中」とは伺っていましたが
そのプロトを見せていただきました。

「やっぱり、ここまでやりますか?」
が正直な意見。もちろんいい意味で、です。

現在、暴れん坊の生地と格闘中とのことでしたが
谷口さんの見る眼のレベルで「これなら出せる」となった、あのプロトは
期待大です。

詳しいロールアウト時期に関してはまだ未定ですが
是非お楽しみに。

by koji-shibuya | 2012-03-16 09:58 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2012年 03月 14日

東京の目的の一つ レメディ(二見)

現在鋭意東京の回る順番考え中。渋谷です。

a0150916_1220234.jpg

場所は渋谷~青山一丁目あたり。
数年前まではテレビでしかみたことない地域だったのは内緒の話です。

ここは緩やかに坂道なので
どう回らせてもらえれば効率的か、等と考えてしまいます。

今回は某大手問屋さんの合同展示会が前の週に行われるということで
去年よりは数時間の余裕があるはずですが…

例によって例のごとく 最終的にはまた走ることになると思います。




さてその中の一社のアトリエサンク様 Seacret Remedy
ブログで写真が公開されています。

a0150916_12351830.jpg


a0150916_12353948.jpg


a0150916_12355131.jpg


多分ドストライク
渋谷的には。

IOFT時にシェイプイメージは拝見してましたが
これは相当楽しみです。

配色の抜群さは、もちろん期待して頂いていいと思います(勝手なこと言うてますが)



そして明日は弊社でもお世話になている谷口眼鏡さんがノイエキッズに来店されます。
日本に残る数少ない本物のプラスチックフレームを作る会社様です。
楽しみです。

by koji-shibuya | 2012-03-14 12:42 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2012年 03月 11日

私にできること。

今日なにを書くべきなのか、もっとも迷いました。

「いや、むしろ明るいメガネの話題でも~~」とかチラついたことは事実です。
それを恥じる事は何もないです。ただ、やはり震災の話に触れないわけにはいきません。


私事ですが

小学生の時に神様ってなんだろう と読み物を読み漁り
なんとなく理解した気になって、簡易にクリスチャンってすごいな、とか思ってました。
なんでウチは仏教徒なんだろう、とか。

中学一年生で阪神大震災。在住の西宮は火事はないとはいえ、かなりの打撃。
それから、「神様なんていない。もし神様がいるとしたら、酷くむごい事をする奴だ」
と考えが反転。

そこで出会ったのがニーチェ
最初のきっかけは「神は死んだ」という有名な文。「ツァラトゥストラはかく語りき」より。
(神は死んだ はそういう意味とはちょっと違うのですが、少年の心を掌握するには十分でした)

神の存在について
それからは否定はしないけど(むしろ神学は進んで学ぶ方)肯定はもっとしない。
というフェアなのか、アンフェアなのかという立ち位置で過ごしていました。




そういう一種の捻れは、中学一年生なので仕方ない話なのですが、
「そんな考えは、ほんとくだらない」と感じたのは去年の今日。

今、私には何ができるのか。
それ以外の事なんて、本当に意味が無い。

そう思っています。



去年という言う事は変わりませんが
私に出来るのはメガネを売る事。

それで経済活動を止めないこと。関西は元気だって


そこで、前フリが長かった、神様の存在。
これはいると信じたいです。

私も端っこの方でがんばるし、ほかにたくさん頑張っている人がいるから
もう、存在を否定したりもしないんで、
是非多くの人に、この世の人も、あちらに行ってしまった方にも

救いの手を差し伸べて欲しい。

恥ずかしくなるような話。
でも今日は本気でそう思います。


株式会社アビット 
渋谷孝二

by koji-shibuya | 2012-03-11 17:33 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2012年 03月 09日

今期、本店仕事用フレームと新レンズ

「いつ見たって東京の地形はよくわからない。」
どうも、今期は迷子しません宣言渋谷です。

4月展示会の準備をそろそろ考えています。



さて、本日は坂根店長が私用フレームを紹介してくれたように
私も今期の二見用フレームをご紹介(キッズ用はFLEYE by AKITTO続投)

前回はLafont (GENTELMAN)
a0150916_13515016.jpg

これが前回フレーム。とってもかっこいいフレームでした。

そして今回もLafont 「HOMERE」
a0150916_13532741.jpg


去年の10月IOFT時に注文分。

サイドは
a0150916_1355795.jpg

カーボンテンプル。

カーボン素材は軽量且つ耐熱性にすぐれた素材として有名ですが
こちらはカーボンとラバーの張り合わせ。
掛け心地も非常に良好。


そしてレンズはHOYAの最新コーティング
「Venus Guard ラピス」
a0150916_13585741.gif

PC画面などから発され、もっとも目に影響を及ぼすと言われる青色光(短波長光)
その青色光を有効的に軽減するのが、ヴィーナスガードコート ラピス。
コートとしての強さは従来のVenus Guardと同様。

その分レンズはすこーし青いです。
で私のはアリアーテカラー と組み合わせ。

1時間ほど使用した感覚としては
ちょっと写りこみは正直あります・・・が、俄然楽です。
従来オススメさせていただいていたレブラ等とは同様レベルの効果は望めると思います。
ただし色調は少々かわるのでご注意下さいませ。

価格は基本(VPコート)+9000円のところを当面+6000円でご販売できます(HOYAさんありがとう)、
ご相談くださいませ。

あと今更ですが、私初めて「両面非球面のレンズ」を持ちました。
所謂非球面、非球面というのは実は片面だけでして、より歪の少ない見え方のするレンズ
それが両面非球面。

これ、本当にいいです
私のような低度数ではあまり勧めないというのが鉄則のハズですが(あまり非球面と差が無い)
ひずみ方は全然違うように感じます。

またまたお値段のお話ですが、両面非球面は現在HOYAさんと協賛にて
各店舗かなりお安くなっております。
これを気に最高の見え方の体感をオススメいたします。

ちなみに私かけると
a0150916_1451215.jpg

こんな感じになります。

ラピスともどもLafontもよろしくお願いいたします。

by koji-shibuya | 2012-03-09 14:06 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2012年 03月 07日

来訪

そろそろ、S級から上がりたい。渋谷です。

弊社のスタッフは私・本店坂根店長・正井は認定眼鏡士という資格を保有しています。
キッズ清水店長も来年には保有者の予定。

で、S級からは講習を受けたり、来年くらいから?試験を受けたりするとSS級へあがるわけです。
忙しさにかまけて、講習にあと一単位足りていない私はS級。
正井・坂根店長はSS級なのです。

等級なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」とか名言(某 機動戦士)
でごまかしたいですが、
ちょっと恥ずかしいので今年は無理やり時間作って、あげてしまおうと思ってます。



さて、最近は来訪が増えました。
春の展示会前のこの時期に?とも思いますが
出ない会社様も沢山ありますし、最近の話題は

「こども用フレーム(初めて)作ろうと思うんです」
という話での来訪。

すでに数社、会いにきていただいたり、来週もきていただいたり、
メールで質問いただいたりもしてます。

弊社はこどもメガネ専門店も営業させていただいていますので、
その辺からご相談があったりするのだと思います。
(まぁ大したこと、しゃべれないのですが…)


もう、全くウェルカムです


「これはうちのノウハウだから、そう簡単には開示できませんなぁ、えっへっへ(悪」
とかぜんぜんないです。大した話もできないのでは、とこちらが心配になるくらいです。

ただ、こどもメガネに真摯に取り組んでくれるメーカー様が増えれば
もっといい業界になると信じています。

ちょっとだけ偉そうなこと言うと
未来に大人になる今のこどもにメガネが嫌われたら、それこそ業界に将来なんてありません
とか。

実際
常にパーツがないと、安心しての販売は難しいとか。
会社様にとってはきっと儲からない商材で、
お話すれば、するほどお顔が曇る場合もあります。

でもそういった流れは、やはり嬉しい渋谷でした。

by koji-shibuya | 2012-03-07 10:13 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)