<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 27日

ノイエキッズ 「人気・品薄商品」のお知らせ。

品薄といえばREC SPECS。

内心、正直なところ
「10月22日オープン、もう冬も近づいているし、、スポーツ商品は春までは展示品かも」
とか思ってました。
私、現代っ子のスポーツパワーを勘違いしていました
春までスポーツしない、なんて大人の事情。

電話のお問合せはほとんどレックスペック。
普通の眼鏡の販売をさせていただいているときも、なぜか話題の中心はレックスペック。
当店、遠距離来店一位のお客様も購入はレックスペック。

レックスペックの類似品も世の中には氾濫するほどに大人気です。
(類似品、注意です。)

もう、レックスペックという文字がゲシュタルト崩壊おこすほどに
サブ的な商品ではなくなってしまいました。

卸してくれる業者さんには無理を言い続けて、なんとか8~9本くらいは在庫はあります、
それにてなんとか各サイズ1本ずつはあります ですが
これもいつまで続けれるかは不明です。

REC SPECSってなんぞや?という方はぜひリンクより弊社ホームページへ。
一言でいうと「かっこいいスポーツ用アイガード(度入り可)」です。


そして、アミパリpetit。
こちらも数が非常にまずくなってきました。
次回入荷は来年2月とか3月とかということですので
それまで、アミパリコーナーを維持できるかどうか・・・が不安」な今日この頃です。

アミパリpetitって何?と言う方も弊社ノイエキッズホームページへどうぞ。
やはり一言でいうと「かわいさと、機能性の高バランス眼鏡」です。

気になられた方は是非ご来店くださいませ。

by koji-shibuya | 2010-11-27 18:54 | その他 | Comments(0)
2010年 11月 25日

より多くのお客様に知っていただく為に・・・(まるはり掲載のお知らせ、そして予告)

より多くのお客様に知っていただく為に
販促・・・
それは商売をする以上は避けては通れない道です。
(メガネ屋さんは特殊で、それを避けることを美徳とする方もいらっしゃいますが)

タイムリーですが、
本日発売の月刊まるはりにノイエキッズが掲載されました。
まるはりさんにはいつも本当にお世話になっています。ありがとうございます。

a0150916_150796.jpg

P8です。(ちなみにP90には私が行っている、美容院載っています。ルチルさんです)
ルチルさんも含めて、是非お買い求めを~もなんですが、
ノイエキッズには30冊ありますので先着30名様には差し上げます。



さて序文にもどりまして、販促。
(この言葉はあまりお客様に向けていうことじゃないですが、今回はスルーさせてください)

広告を出したり、ホームページを作成していただいたり、
今回のように雑誌にのせていただいたり、店頭で風船を配らせていただいたり

一応当ブログもその範疇に入るといえば入るわけです。

2店舗共通で、当店の場合は、
ウチは面白い眼鏡屋だよ~」っと、発信したいんです。

特に弊社のノイエキッズはこどもメガネ専門店。
お子様に喜んでいただける、おもしろいことしないと・・・

で、考えました

ええ、なんのことかはいずれわかりますが
上司への許可は 一発OKでした
「冗談はよせ」と、鶴の一声で企画倒れ、を、期待したり、しなかったり
現実の返事は「是非やって下さい」でした。
いやーこの会社に勤めて本当によかったemoticon-0141-whew.gif




a0150916_11553894.jpg

今日弊社店舗に届いた荷物です。
世界を爆笑の渦にまきこめってメールでの発送書には書いてました。


愛と勇気とお子様の笑顔がエネルギー源のノイエキッズですから・・・。
勇気を振りしぼって、笑顔をゲットしようじゃないか。

12月4日~12月25日までの土日祝(計8回)限定です。
a0150916_12103975.jpg

今、お見せできる限界です
ただいま、鋭意、全員微調整中です。



まだ、私自身もお店も
「統一感」や「普通」などと言ったものを狙ってはいけません。
それを凡庸といいます。

理路整然と、派手なことをやっていきます。

ところで、
私のブログの右上の写真がスヌーピーから謎のスターマン(仕事中)に変わったこと
お気づきいただけたでしょうか?

今日の一曲
最近のお気に入りはcoldrain かこのバンド。

私より若い年代のロック好きにはずいぶん前から人気があったそうです。
あまり、邦楽も洋楽も差がないところは差がなくなってきました。

しかしロックは流行りません。サブカルチャーの域を出ません。

落ち着いたり、普通だったりが悪いとは言いませんが
もっとも苦手です。私は

by koji-shibuya | 2010-11-25 15:03 | その他 | Comments(0)
2010年 11月 24日

私にも喋らせて「DJUAL その2」

明日、といいなが数日経っちゃうあたりが、現場感を感じさせる当ブログ。

さて、続きです。
柳氏の「眼鏡相対性理論
その中には、素材との対話というワードがでてきます。

柳氏が選んだのは日本の職人がこぞってあつかうセルロイド。
「また、古風な・・・」というのは決して間違った印象ではありません。

いわゆるアセテートといわれる、ほとんどのセルフレームに使われる素材
それに比べて、そのセルロイドは素材として値段が高いんだそうです。

そのあたりの理由もあり、現在の主流はアセテート。(発色の豊富さもアセテート)
しかし独特の美しさをもつのがセルロイドの魅力。

セルを掛けやすく、使ってもらうためにはどうしたか?
a0150916_9523132.jpg


テンプルを限界まで薄く削る。この発想です。
もちろん、一歩間違えば折れてしまう。
しかしその限界値を見極めることを職人的にくりかえしました。

軽くするだけではなく、その狙いは
素材との対話でそもそもにあった「セルロイドは実は柔軟性に富んだ素材
この素材の隠れた本質を引き出します。

硬い、というイメージがあるセルロイドを、素材変更することなく
職人や素材との対話の中で 柔軟性を持たしたフレーム

セルロイドの美しさ、肌に馴染む感覚+柔軟性+ずっとかけていただけるデザイン。
それがDJUALの本質です。

一見朴訥としたフレームのように見えますが、
実は、高機能、そしていわゆるセルロイドシリーズよりもお安い値段で。
是非お試しください。



そうでした、そのデザイナー柳氏。
こう書くと、頑固、偏屈な、ごついおっさんみたいな感じがしますが、
まったくそんなことは無く

話すと非常にファニーで(ちょっと強引ですが)おもしろく(ちょっと強引ですが)
それで・・・まぁ強引な方です。

ただし、私も、会社の事情で、どのタイミングで入れるかだけを見ていただけで、
ずっと前からお客様に提案したかった。
間違いなく本物の眼鏡です。

by koji-shibuya | 2010-11-24 10:05 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2010年 11月 21日

私にも喋らせて「DJUAL その1」

ある友人が
「君が前、書いた、『一度は言ってみたい台詞』ってやつ、君が言っていたの聞いたことがあるぞ」
とやさしく、教えてくれました。
「え?あったけ?何を言ってた?」
学生の時、泥酔して皆に心配されて、君が「俺のことはいいから先に行け」って

記憶に無いものはノーカウント。なのでセーフです。
若いって素敵です。


前置きはここまでにさせていただいて。


二見坂根さんが、DJUAL、紹介してくれています

それは柳 根宇 氏(リュウ グヌ氏)の渾身の一作

出会いは東西眼鏡愛好会。そう、例の写真のやつです。
a0150916_191510100.jpg

一番右が私、私が話しているのは柳氏(眼鏡新聞に載ったやつです)

眼鏡相対性理論を謡う、彼、
その思い、伊達ではありません

お名前を見ての通り、韓国の方です。

日本にやってきたのは21歳の時。当時日本語はまるでわからなかったそうです。
日本語が分からない彼が春に来日、その年の冬に日本大学芸術部工業デザイン学科の合格
これが、どれぐらいすごいことは、私の文章では伝えきれません。

そして眼鏡のデザイナーへ。

経歴はちょっと事情ではっきりとは書けませんが

眼鏡といえばこのブランド というハイエンドクラスブランド から
超安売りのメーカーまで。

最高を求められるデザイン 最速で数を求められるデザイン この両方の経験があるわけです

自分の能力になることは地をはいつくばってでもやったそうです。
その貪欲さ、私は共感とともにリスペクトしています。

その荒波の中、自分のブランドとして発表のDJUAL
意味は「数字の2」 掲げた言葉は先ほどの「眼鏡相対性理論」

彼は言います。
「本気でモノ作りするにはデザイナーと職人の対話が大事。作る人や流通させる人やユーザーや色々な立場の人の意見や知識を語り合うプロセスがメガネ作りの原点だと思う

だから自己満足の一方的なメガネは作らない

「機能性」と「ファッション性」を両立させ、ユーザーの理想的な「価値」を現実的な「価格」で買えるようにし、「素材」の特性を最大限に生かした「カタチ」にしていく」

これが柳さんの掲げる眼鏡相対性理論。
彼だから言える重み、です。



ことあるごとにFLEYEの川上さんが出てきて、申し訳ないのですが。
私のイメージでは川上さんが陽なら、柳さんは陰。

別に暗いとかいう意味ではなくて、

川上さんがあらゆる万物から刺激を受けて作品に落とし込むイメージで
柳さんは自分のなかで、ひたすらに研いでいくイメージ。

お二人は雑誌でも対談されていますが、
メガネマニア必読の内容でした。(手元に雑誌がないのが悔しい・・・)

デザイナーなのに職人的。とでもいいましょうか。
また、それが相対性なんでしょう。(個人の意見ですのであしからず)
さてそこで肝心のDJUALですが。
作品は・・・文章が長いからまた今度にさしてください。

今日こんなに語ってますが、明日は内容もっとディープです。ご安心下さい(?)


今日の一曲(?)
例の狩人ゲームの最新映像。まだ未発売なのですが、
世間的にはずいぶん前から「予約すらできない商品
なんだそうです。

ちなみに私は2~3ヶ月前に夫婦仲良く2本予約してますから大丈夫です。

by koji-shibuya | 2010-11-21 19:14 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2010年 11月 20日

私にも喋らせて「prodesign denmark」

キッズ清水店長が綺麗に写真をとって紹介してくれています

思い入れがあるんだ、私にも喋らせろ

ということで私は私でご紹介。

a0150916_12263155.jpg

こちらはセル。清水店長のはメタル。

まず、箱を開けたときの出勤者二人(私と清水店長)

「やばいっすね」
「やばいやろ?」
「やばいっす、ホンマにやばいっす」
「やばいわーこれこれ、見てこれ、やばいわー」

まるで最近よくテレビに出るEXILEのメンバーのように、
伝わるような、伝わらないような感想を露呈した第一印象。

「やばい」とか「ファンキー」とかは便利な言葉ですよね・・・。


これでデンマークブランドは二つ目。
イタリア(ルディ)→イタリア(コモフレーム)→フランス(ラフォン)→デンマーク(フライ)
→オーストリア(アディダス)→ で、デンマーク(プロデザイン:デンマーク)

もうすぐフランス(アーバン)も来ますが・・・。
縁がないのか、なんなのか、意外とアメリカがない展開・・・。(素敵なブランドは多いんですが)


デンマークはデニッシュデザインという伝統の家具作りのデザインがあります。
文化論や、風俗論は得意ではないのですが、
感覚的には木の造形物の文化があるというのが、温かみを生み

自然な形で、日本人の顔に合ってしまうんです

よく眼鏡屋さんが言う言葉でいうと
「お子様の笑顔をスポイルしない、メガネ」あたりがあたります。


派手派手が基本的には好きな私とは違い、
ノイエキッズ清水店長は「シンプルデザイン」がお好き。

a0150916_12265332.jpg

清水店長、本気で、自分用を選ぶ 図です
プロデザイン、お気に召していただけました(身内に)

彼はIOFT不参加だった為、驚きと興奮もひとしおだったようです。

正確に言えば、今回キッズに入荷のプロデザインデンマークは小顔の大人用ですが、
実質のサイズは小学生後半~中学生用です。

大人用もこれまた最高にいいのですが、
大人の事情で、暫定的にジュニア用のキッズでのみ販売となっています。
(大人の弊社販売、第一号はどうやら清水店長っぽいですね・・)

自分のチョイスながらもメガネマニア個人から言えば
「ジュニア用でプロデザイン・・・贅沢でぶっ飛んだメガネ屋・・・」
ええ、もちろん確信犯です。



是非ご確認下さい。
触るとラバーメッキで不思議な感覚ですよ~。

by koji-shibuya | 2010-11-20 12:28 | 眼鏡(商品) | Comments(2)
2010年 11月 15日

一度は言ってみたい台詞 

一度は言ってみたい台詞

ってありませんか?私は、というか男の人には比較的多い気がします。
私で言えば

○「ハイオク満タンで」
→ハイオクが必要な車には乗っていない

○「俺のことはいいから先に行け!!」
→メガネ屋ではそんなにスリリングな生き方はできない

○「何が好きかわからなかったから、全部注文しといたよ」
→映画「プリティーウーマン」、リチャードギアの台詞より。ルームサービスの事を言っているのですが、そもそもルームサービスを頼んだことがない

○「イビルジョー?あんなのが倒せないの?」
→某ゲームの話ですが、あんなのが私は倒せません。

○「金のドンペリを下さい」
→白しか飲んだことはない。おいしいのかな・・・

とかとか、齢30前にもなれば、願望は多岐に(ほぼお金で解決できるわけですが)わたるわけです。


でも一番言ってみたいのは
押さないで下さい!!メガネはまだいっぱいありますから~、並んでくださーい
です。

いやーこの台詞は素敵
拡声器を使っているとしたら、尚、素敵

家電量販店でipadとか昔のドラクエ発売日とか、
で皆様もみたことがあるかと思います。アレです。

この辺から真面目な話なんですが
弊社より混んでいるメガネ屋さんは数あります。
特に、安売りの眼鏡屋さんのオープン時なんて、人が並んでいたります。

それはそれでいいんです。

メガネがオシャレなファッションアイテム。
「メガネで変わる・メガネが変える」は最近の私の標語ですが

「メガネなんて安物で、見えればいいんだよ」というのも実は一理あり、
見えるということ、それがメガネの重要なファクターなのは事実。

でも前者の標語のもと(後者がよければ転職すればいい話)、考え方のもと
押さないで下さい!!メガネはまだいっぱいありますから~、並んでくださーい
といえたら、素敵だな~と思います。

その野望(?)の為の強力な第一歩が
FLEYE であり、Lafontであり、ルディプロジェクトでありREC SPECSやshadeRであるわけで
これから入荷予定の 
デュアル・Urband・LESS・Prodesign
な、わけです。
さらっと、今まで紹介していないブランド名も今、言いました。よ?柳さん

どれも置けば売れるというものではりませんが、
(実際ルディなんてマニアック・コアすぎて、2年近くかかりましたよ・・・)
でもかければ、わかる・・・これが私の標語「メガネで変わる・メガネが変える」なわけです。

何も見た目だけのことをいっているわけでもないんです。
また商売だから、ってだけでもないんです。

実際そんなことはなくても、夢は夢ですので・・・。

お、こいつおもしろい事いってるやんと、思っていただける方は是非ご来店下さい。
楽しんでいただけること、保障いたします。





追記。
そうでした。
二見の坂根店長がGLUREを紹介してくれています。

GLUREの名前の由来は、Glass(メガネ) 、そして Rule(ルール)からきています。
ではGlureではなく、Grule?となるはずです、そこはルールを覆すという意味
もありLとRが逆さになっているわけです。

子供じみた言葉遊び・・・かもしれませんが、私は「ほほう・・・」と思いました。

なにせメーカーの名前がグラシック
●クラシック(古い)のもじりであり
●グラス(メガネ) と シック(病気)との造語
であることは、明白で(いや聞いてませんので、間違っていたらごめんなさい)

メガネ病・・・ああ・・・私だな。と。妙に納得しました。

伊達メガネでもいいですし、遊び用でもいけます。

担当さん曰く、
「中国製ですよ。でもだから悪いってもんでもないでしょ?堂々と中国製です、って言ってます」
という気概にも心打たれました。

いや、ホントその通りだと思います。
どこ製だから悪いんじゃなく、ようは、内容です。

紹介されている品番以外にも
「つっこんだねぇ・・・」と思うものがあります、
これでも比較的かけていただきやすいもの、をとってきたつもりです。(恐るべし、グラシック・・・)
是非是非ご来店ください。

まさに「メガネが変える」です。

by koji-shibuya | 2010-11-15 11:07 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2010年 11月 13日

キッズ用私物メガネ + uty再入荷

先日、二見の店に帰っていました。

ひょんなことから、久しぶりに二見でも接客をし、
いや、まぁ私がするのは雑談ですが・・・。

お買い上げいただきました(休みなんで、髭生えてて、ゴメンナサイ)

「二見は二見でやっぱり、仕事してて楽しいなぁ~」と感じます。

もちろん、伝票整理などの仕事を片付けにいったのですが、
目的の一つは「ブツ、届きましたぜ」という二見、坂根店長の報告があったから。

ブツは私物のフレーム。前回ご紹介のキッズ出勤用。
では紹介しましょう。
FLEYE by AKITTO dee Col3627 (09年モデル)
a0150916_1691763.jpg

レンズはHOYA HL1.6VS サンテック ネオブラウン
外にも出ないのに調光レンズ。
レーシックを受ける前からレンズは割と球面好き。

そう、FLEYE by AKITTOには少数ですが男性モデルがあります。
これは川上さんご本人がかける用、だそうです。
a0150916_16282343.jpg

上記が川上さんがかけた図。さすがにめちゃくちゃ似合ってらっしゃる・・・。

私の職権濫用で、IOFT時、仕入れをしながら
デザイナー川上さんに選んでいただきました

どうですか?いいでしょう?
川上さんが選ぶなんて、超レアですよ。しかも相手は男性(私)。
ちなみにべっ甲柄のメガネは意外にも初めて・・・。自分ではなかなかチョイスしにくいところ。

「お前、貴重な交渉時間に何してんだ?」っていう意見はオールスルーです。

「今回のコレクションにはメンズ用ないんですね」と私(実は今回はフルでレディース用)
「いやー僕の作品は、男性からは求められてない、って思っちゃて、もう作りませんよ(笑)」
と川上さん


「いや、マジそんなことないっす」
確かにFLEYE by AKITTOと言えば、アクセサリーとアイウェアの境界線を行くブランド
女性の心をつかんで離さないブランドです。

でも、男性でも優しい雰囲気を出したい時、
フェミニンな、この作品が助けてくれます。

a0150916_16295793.jpg

テンプルスリット、金属にはハイニッケル合金、ナマラーズ。
この色の切りかえしが、というのが、お気に入り。

そしてテンプルエンドは
a0150916_16312641.jpg

まさかの左右非対称でのフライオレンジ カラーリング。
左テンプルは外側、右テンプルは内側。

丸型エンドでやさしい印象はなんといっても、
やはりFLEYE by AKITTO。


正直・・・今まで、もっていないタイプのメガネです。
私が買うのは、ドーン、ドカーン(?)的なものが多いです。

でも川上氏のかもし出す雰囲気の1%でも吸収できたら、
キッズでは人気者CEOになれそうな気がする(安直)
ということで、お知恵をおかりしました。

あと、二見には大人気Utyも再入荷してますので、
是非ご来店ください。
新作もそろったら、まさにそのコーナー一角は宝石箱です。

「僕も川上氏みたいになりたい!!deeください!!」って方は、
私か二見店長坂根まで、ご連絡ください。在庫状況お聞きします。

by koji-shibuya | 2010-11-13 16:37 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2010年 11月 10日

雑談と答え

非常に寒くなってまいりました。

そろそろこの秋に注文したブランドから「そろそろ出しますんで」気配を感じます。
出揃えば、キッズもですが、正直、二見がおもしろい!!店になります。

「おもしろくなる時期に二見の店長はなれて・・・損してるねぇ」
と言われることもしばしばある私ですが、
会社自体が
「本気で面白いことできてたら、それでかまわない」とも思っています。

ああ、あと新任の坂根さんはやってくれる男ですよ。

ただ、面白いってのは楽しいことばかりではありませんので、あしからずです。


さて、私は何を買おう・・・
既に2~3つは欲しい物がありますが、顔は一つなので悩ましいところです。
でも仕事用フレームはもう決まっています。(キッズ出勤時の)
あえて、仕事では避けてきたセルにします。

生粋のメタリアン
(もちろん造語、モードオプティークか何かに載っていました。金属偏愛主義、とか)
と自称していましたが、最近プライベートはほとんどセル。

こだわらなくてもいいか、と丸く、大人になりました。



別事

「FLEYEのブログで、渋谷さんの顔を見ました。メガネかけてないんですね」
とある方に言われました。

FLEYEの記事はコチラ上から7枚目。
レセプションパーティーの絵なので、酔ってるか酔ってないかで言えば酔ってます
(仕入れのときも薦められましたが、飲んでません、あしからず)

そう、上記のとおり
プライベートではほとんどメガネをかけていますし、仕事中もほぼメガネはかけていますが

サングラスが頭にささっていたりはしますが(メガネ屋の風上におけない行為と知りながら、やってしまいます)
展示会ではあまりメガネはかけていません。

この話、以前にも前フリをして書く機会を逸していたのですが。

仕入れをさせていただいて4年くらいにはなりますが、未だに
「ブースに行くとき他社のメガネをかけるのは失礼にあたらないか?」と気弱に思うからです。

諸先輩方に伺うと「そんなこと気にしてたの?らしくもない」と一蹴されましたが
どうしてもそれが気がかりで、していけません。

でもその諸先輩のメガネを見ると毎日違うメガネをかけてたり
「ほら!ちょっと気にしてるやん」と思ったりもします。

さすがに全部もっていくのはそれだけで荷物が大変だし、
どれか一本と言われれば迷ってしまう。
「大きな(有名な)ブランドをすればいいんじゃないか?」とも言われましたが、
「世間的には、大きい小さいがあることは認めますが、個人的にはまったくない」
ので、それは堪忍。

で結論は「レーシックしてるし、かけないという事で」ということになります。

すると
「まったく取り扱いのしてないメガネをかければ、気持ち的には平等だよ。まぁ実際先方はきにしないと思うけど」
とも言われ、それには
「なるほど・・・」とも思い。

で現在は「弊社で取り扱いのないブランドのメガネを個人的に購入」することも考え、
普通にメガネ探してます。

そうして普通にメガネを探すと、お客様と同じ気持ちになれて
なんだか得したような気分にもなれます。

なにかけましょう・・・というか私何本メガネ買うんだろう・・・。
弊社にないブランドで、欲しいメガネといえば・・・うーん。

by koji-shibuya | 2010-11-10 18:54 | その他 | Comments(0)
2010年 11月 08日

AMIPARIS petit

新商品というわけではないんですが、

キレイ・かわいい・でもシンプル
と人気のこちら
a0150916_11303381.jpg

AMIPARIS petit の006番シリーズをご紹介します。

使いやすくく、かわいらしいフロントシェイプ
色も落ち着いた色です。

売り文句は「かわいいを探せ」
秘密はテンプルにあり

a0150916_11322347.jpg

ローマ字数字の1・2・3~(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ~)
私自身、これは最初は普通に柄だと思ってました・・・。

さらに・・・

a0150916_1135396.jpg

天道虫(中央あたりにかくれているのわかりますか~?)

そしてさらに・・・

a0150916_11355550.jpg

パ・・・パック○ン!!?(有名なゲームのキャラクターです、しらない人はお父さんに聞きましょう)

他にも星・エンピツ・塔など、品番によって柄の中に隠れています。
是非探してみてください。

肝心のかけ心地ですが、それはやはりアミパリ。
かけ心地のよさを常に追求している会社ですのでご安心ください。

シンプルスタンダードのイメージがあるアミパリですが、子供用となれば
やはり楽しんでもらおう!!という意気を強く感じます。

ぜひお試しください。
ちなみにこのシリーズ、世間的には大大人気!!だそうで
補充発注どころか、今お店にあるのもほとんど奇跡にちかい状態です。
早いもの勝ちです。REC SPECといい、そんな商品が増えてきました・・・。

このアミパリ キッズには在庫複数あり。二見には残念ながらありません。

by koji-shibuya | 2010-11-08 11:38 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2010年 11月 06日

報告 

昨日、二見のお店に午前中出てきていました。
すると、喫茶の常連のお客様から

「久しぶりやん」
「元気してた?」
辞めたんちゃうかったん?

っと、二見の皆様にも、大変愛されている(?)渋谷です。



それはさておき。
先日、ノイエキッズブログにも店長が書いてくれてましたが
「アスピアがただいま、すごいことになっている」んです。

3000円毎に300円の金券を引き換えてくれます。
「なーんだ、そんなもん」とお思いでしょう?

私達が販売させていただくのはメガネです。したがって、3000円ってことはないです。
で、商品の性質上「基本的には必要だからお買い上げいただく」ので

同じ買うなら今です!!
と珍しく(?)声を大にして、本日はお客様にお声をかけています。

いや、だって、家族で一食食べれますよ・・・。

いやいや、当店が入るアスピアには私行き着けのタワーレコードさんもありますから、
アーライ(?)だって買えちゃいます

いやいやいや、金券は年末まで使えますから、サンタさんの送付活動資金としてご利用もいただけます。

メガネどうしようっかなーと言う方は、チャンスは明日までです



別事

弊社、ノイエキッズは、次号のまるはりに掲載されます。
以前の喫茶掲載といい、まるはりさんにはお世話になり続けています。

11月25日発売予定ですので、是非お手にとられてください。

by koji-shibuya | 2010-11-06 18:15 | その他 | Comments(0)