<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 28日

ペペロンチーノですか?

当店は、屋号が「喫茶&メガネ工房ノイエ」
喫茶店も併設の眼鏡屋さんです。

自慢はワッフルで、来月発売の「まるはり」や今まで神戸ウォーカーなど、各種冊子に掲載されることもしばしば。スタッフ全員で近隣の皆様に愛されるお店を目指しています。

そんな喫茶と併設の眼鏡店なのである日眼鏡に来店のお客様から「お、いいにおい、ペペロンチーノですか?」と聞かれました。ちなみに当店、ペペロンチーノはございません。

「それは・・・レンズですね」

実はプラスチックレンズは削ると臭いが発生します。基本的には悪臭で当店も含めて通常別室にてレンズは削ります。しかし完全密室というわけにはいかないので漏れます。
が、不思議なことに高級なレンズ(屈折率の高いレンズ)であればあるほど、臭いがきつくなります。で、当店の屈折率1.7 HOYA NL1.7は削るとニンニクの臭いがします、で喫茶店なのでペペロンチーノとのお話。
スタンダードなレンズは臭いが少ないので、お客様に言われたことはありません。

メーカーによって臭いは違います、がHOYAのNL1.7はもっとも強烈です。
ただニンニクなので嗅いだ人からは賛否両論です。比較的男性は「いい臭いだ・・・」というひとが多いですね。

当店が「ずっとペペロンチーノの臭いのする店」だとしたら「度数の強い人が来たんだな」そして「いいレンズが出たんだな」と思って頂いて結構です。

by koji-shibuya | 2010-02-28 10:18 | その他 | Comments(0)
2010年 02月 24日

黒の選択肢

黒いセルフレーム。もうこれは圧倒的な人気です。

教科書通りにいうと
「重いイメージ」「暗いイメージ」「服と併せにくい」「遊びがない」「TPOがちょっと難しい」
と使いにくそうなワードが並ぶのですが、芸能人がかけている眼鏡をみると大半は黒のセル。
かくいう店長もプライベートは黒のセルをかけていることが多いです。

でもTPOがちょっと難しいあたり「比較的高価な道具である眼鏡」につぶしが効かないのは・・・
というご意見が多いです。

そこで、安価コーナーに用意しました。
a0150916_1010584.jpg

黒いセル自体は従来からあるのですが、今回のは黒の選択肢の一つであるマットブラック。
a0150916_1011287.jpg

写真では伝わりにくいですが、「つや消しの黒」です。

普通の黒に飽きた方はもちろんのこと
黒初心者の方にも是非かけていただきたいです。
通常眼鏡はピカピカしているものですが、そこを押さえてますので主張しすぎない黒が楽しんで頂けます。

サブに、プライベート用に、是非ご使用下さい。

by koji-shibuya | 2010-02-24 10:14 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2010年 02月 23日

眼鏡学校 パート2

認定眼鏡士、資格取得には
実技として加工・フィッテイング・検眼 
学科は医学系・光学系・視機能系・加工調整系・マネジメント系の5科目
この両方を規定得点以上で合格しなければなりません。

先週の金曜日はその試験だったのですが、何せ、運転免許を取って以来の「座学」

●40分以上は集中力がもたなくなっている店長の脳に「老いたな」と感じたり008.gif
●前日はハートの弱さから、眠れなかったり
●覚えていた計算式が、テスト中頭真っ白になったり
と、日ごろの鍛錬の無さが大変露呈をしました。

それでも、なんとか意地と栄養ドリンクで当日は乗り切りました。

そして、本日我が家に学校より封書が・・・
封書のあまりの薄さにいらぬ詮索をしながらでしたが、覚悟を決めて開封しました。

合格していました。

ただこれからが大変です。認定眼鏡士は取得すれば恒久的な物ではなく、講習を受けないと剥奪されてしまいます。これからも店舗の為、自身の為に生涯学習を重ねていければと思います。


・・・ふぅ・・・本当よかった042.gif

by koji-shibuya | 2010-02-23 17:54 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2010年 02月 21日

イチオシ!!

今回のIOFTで、もっとも「早く来ないかな」と店長が思ったフレーム、入荷しました。
名前はG.ARROWS
a0150916_1726899.jpg

質のよい物を作り続けている浜本テクニカルさんの作品です。

「プラスチックのフレームは世の中にごまんとある、けれどもカッティングによる立体感を持たせた物は稀少で高価。その既成概念をメタルフレーム製造で培った高度な技術と切削技術で覆しました。」というのがパンフレットからの抜粋です。まったく同じ事をIOFT会場で感じました。

a0150916_17301885.jpg

「これ、いいですね、でも、高いでしょう?」とIOFT会場で店長は浜本さんブースで言いました。
付いてくれた浜本さんの営業さんはニヤリと笑いました。思われたことでしょう、
「あ、こいつひっかかった」と。

仕入れをしていると、安いか高いかは一目でわかるようになります。でもこれには裏切られました。
a0150916_17334615.jpg

このフロントの造形にしても、普通は目が飛び出るくらい高い物ですが、これはお買い得です。

店長の基本論理の一つ、「ある程度の値段でも、よいクオリティ」これは、ど真ん中です。
是非ご来店下さい。

by koji-shibuya | 2010-02-21 09:50 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2010年 02月 20日

眼鏡学校 パート1

月曜~金曜まで、店長は眼鏡学校に行っていました。
a0150916_939588.jpg

阪急南千里駅から徒歩10分ほどの距離にあります、日本眼鏡技術専門学校。
全国で5校しかない眼鏡の学校です。

店長が受けていたのは2年制の通信制。当初は「30歳手前になっても学割で映画が見れるわ」と思っていましたが、学生証の交付はなく、その夢は入学当初に崩れました。

「眼鏡屋さんって、なるには何か資格がいるんでしょう?」と時々お客様から聞かれます。
実は・・・いりません。大げさに言えば思い立った日から皆様も眼鏡屋です。

多くの個人店は世襲制、親から子へ、または親方(かっこよく言えばマイスター)から弟子へ、と技術を継承。量販店は、詳しい人から(これも無資格の場合が多々)新人へ、教育されます。店長は基本的に後者にあたります。「眼鏡学は大半は現場の学問」なのでこれでも大きく問題なることも無かったのも多分にあります。

ただ諸外国では眼鏡屋になるためには6年制の学校への通学が義務付けられる等、厳しく定められている事が多いです。
日本は遅れている、と出来たのが2001年にできたのが認定眼鏡士制度。この有資格者は全国に約8000名、全体の眼鏡屋従業員の数は正確には把握できませんが、有資格者は全体の10%程度では、と言われています。

っというくらい、正直まだまだマイナーな資格です。

ただし、その取得・維持はそれなりに厳しいです。その話はまた次回とさせて頂きます。

by koji-shibuya | 2010-02-20 10:08 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2010年 02月 14日

4年に1回

4年に1回といえば、もちろんオリンピック。
先日、バンクーバーオリンピックを開幕しましたね。
こんな時ぐらいしか「母国への愛情」を感じない不遜な店長ですが、こんな時だからこそ日本人選手の活躍に大いに期待をしています001.gif

さて、眼鏡屋的に言うと4年に1回といえば、メガネの買い換え時期。

よく言われるトークです
「メガネってどれくらいもつんですか?」→「使用状況にもよりますが、オリンピックに一回買い換えて頂くぐらいでしょうか」
ただこの話、使い古されているワードだけにそれなりに理由があります。

●フレームの流行廃りの周期という場合もありますが、店長的感覚では「それは4年よりかなり短め」
●度数変化がある為 これも難しいところです。20年変わらない場合もあれば、成長期では4年はまずみこめません。でも累進・近用メガネは総じてそれぐらいかもしれませんね・・・

大きな理由はプラスチックレンズのコーティングです。
これは各社レンズメーカーさん 案外はっきりおっしゃいます。「コーティングの耐用年度は3~4年です」と。
防汚・撥水・傷・熱・調光・曇り止め これらのコート、差違はあれど、全て耐用年度は似たりよったりです。

ということですので、事情を説明しながらですが、更に課金のかかるコーティングはノイエではあまり薦めていません。レンズ会社からは「薦めて下さいよ」と言われますが、「なら長持ちする物を作ってください」と言います。
ここ2年でレンズコーティングは非常に進みました。本当に傷はいきにくいです。でも耐用年度は昔からあまりかわりません。「傷のいきにくさ、だけに特化せず、その技術革新の方向性を耐用年度にふれないものか?」
と店長は感じてます。

そんな話をすると「それができちゃったら、レンズメーカーも眼鏡屋さんも儲からなくなりますね」とのこと。
う~ん、それは困る(笑)
けどお客様に、もっと正面から話ができるには、そういうことも必要だと思います。


別事ですが、今週月曜~金曜は店長は不在となります。理由はまた週末にかければと思います。
不在中もノイエは元気いっぱいにオープンしておりますので、よろしくお願い申し上げます。

by koji-shibuya | 2010-02-14 11:10 | その他 | Comments(0)
2010年 02月 13日

IOFT入荷メガネ ランキング

毎年10月に東京にて行われます、IOFT。メガネの国際総合展と名売ったイベントがあります。
メガネというメガネあつまる、店長みたいな人間には嬉しぎるイベントです。

出展料の関係や「そんなイベントにはのらない」という孤高のメーカーもあり、IOFTにはでないメーカーさんもあるのですが、だいたい秋と春に新作がメガネは発表されます。

昨年10月。当店は店を閉めて、店員全員で参加致しました。
そこで注文をかけて、早4ヶ月。最近やっと入荷した物、早々と入荷した物、実はまだ販売されていない隠し玉・・・さまざまですが、
「時期的条件を加味して、どれが一番勢いよく販売させていただいたかなぁ・・・」
と、思いまして、勝手にランキングしました。
上記通り入荷時期がバラバラなので、純粋な実数だけではなく 評価内容は 商品の動き方、です。

ではまず3位
a0150916_14522885.jpg

アミパリ正確には「J SPIRIT」

セルなのに軽く、フレキシブルなテンプルによるかけ心地、丁番部のメタルと樹脂の使い方の見事さ。
パーフェクトなプラスチック系フレームと言えます。新作は少し造形を加えてオシャレ度がアップしています。
男女問わず販売させていただきましたが、女性が比較的多かったです。
感想は大抵「このセルかけたら、他のセルは堅くて重くてかけれない」です。

次に2位
a0150916_14593071.jpg

UNTITLED
以前にも紹介させて頂きましたこちらのブランド。新作発表前からそれなりに動きはあったのですが、新作発表後 本っっ当によく動きます。メタルの方が高価ですが、メタルがよく動きます。
購入にならなくても最後までお客様にまよっていただいた一本、となることも多いです。
「さりげない大人の美しさ」でしょうか、20代後半~の女性によくお買いあげ頂きます。

そして堂々、というよりぶっちぎり1位
a0150916_1459328.jpg

シンシアローリー
何故、他の写真がコーナーの写真なのに、これだけ1本なのか?
それは「もう(新作)在庫が1本しかないから」です。
数もそれなりに入れたのですがメタル・セルともによく動き続けて、残1です。

変な言い方かもしれませんが・・・意外です。
UNTITLEDはちょっと大人すぎ、でもトミーガールやジルスチュアートは少しかわいらしすぎる・・・
VIVAYOUやヴィヴィアンウエストウッドほど派手なのも違うしぃ~~という割とニッチな商材という意識で店内の4番バッター!!というイメージは店長にはありませんでした。

ただ 価格・日本製・つくりのかわいらしさと三拍子がこれほど揃っているブランドも珍しいかもしれません。
見た目だけでも、安いだけでも、お客様の購買意欲には響かない。勉強させられます。

この当店のキングオブIOFTであるシンシアローリーですが、補充発注はする予定にしていますので、お楽しみにお待ち下さい。




えーと、男性物が一つもランクインしてない(苦笑)消費の中心はやはり女性ということでしょうか。
かっこいい男性物を多数入荷してますので、是非ご来店くださいませ。

by koji-shibuya | 2010-02-13 15:26 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2010年 02月 10日

企画 進行中!!

a0150916_10414426.jpg


これは何でしょう?
「メガネの落書き」が正解です。
でも・・・ただの落書きではありません。

「当店オリジナルフレーム」のラフスケッチ、いえ、そんなかっこいい物ではなく落書きです。

店長はメガネマニアなので、長年の夢だったという話は長いので割愛させていただいて、
当店はスタッフの感覚・経歴がかなりバラバラなお店なので、店長以外は「自由な発想で」デザインを書いてもらっています。
店長は嬉しすぎて、ややニヤニヤして書いているはずです。

「その自由な発想を活かす、調和は今回に関しては必要ない。」
でもそのバラバラのピースを実現可能な形にしていく、のはそれなりの作業です。

是非お楽しみににお待ち下さい。
数量限定で「何これ?」といい意味でも、悪い意味でも仰って頂けるように尽力します。
期間は・・・お約束出来ませんが・・・・だいぶ先かと思います。

企画名は
「(仮称)Discord」
意味は不調和、です。上記通りの意味で、です。

by koji-shibuya | 2010-02-10 11:21 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2010年 02月 07日

UNTITLED セルフレーム追加

UNTITLED 8023 8024入荷しました。
a0150916_1465330.jpg


まず8023
a0150916_1481460.jpg

前面と後面の張り合わせツートン。この商品の場合はブラウンとクリアピンク。
素材が金属ではなかなかできない魅せ方です。正面とサイドからではフレームの雰囲気が変わります。
よくある手法は前面ブラック・後面をレッドでアクセント・クリア系でブラックを少し柔らかく魅せる等がありますが、このブラウン・クリアピンクは落ち着きと内面的なかわいらしさを表現しています。

次に8024
a0150916_1414894.jpg

8023とは真逆。UNTITLEDのコンセプトの一つである、「凛々しいこと」を象徴するかのようなシェイプです。
ブランドから言えば女性物ですが、それはメーカーと眼鏡屋さんが勝手に決めた枠組みであって、店長が思うに男性でもかっこよくかけれます。

シェイプ・色、手抜きがありません。ブランドコンセプトを非常によく含んだアイウェアとなっております。

by koji-shibuya | 2010-02-07 14:20 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2010年 02月 03日

社長様いらっしゃいますか?

店長に就任してから2年半が過ぎました。
お店にメインで出勤していると、本当にいろんな方から電話がかかってきます。

「私、私」だけで判断して欲しい、喫茶店の常連のお客様
↑最近お名前言っていただかなくても大抵はわかるようにレベルアップしました。

営業さん・お友達の同業者・お客様からのお問い合わせ etc・・・重要なことばかりです。
でも、時々どうしようもできない電話がかかってきます。


「○○(会社の名前)ですが、社長様いらっしゃいますか?」

大抵は保険の営業だったり、電話、インターネット回線のなんとか~だったりです。
「社長は店舗の方には常駐しておりません、伝言やパンフレット送付頂きましたらお渡ししておきますが・・・」
と事実をお話するようにしています。すると
「では結構です、またあらためます ガチャ」というご返答がありました。

ここでの「あらためます」は通常「もうかけてこない」の副音声かと思っていたのですが、中にはまったく同じ会社から何度もかかってきたりします。

「○○(会社の名前)ですが、社長様いらっしゃいますか?」
「えーと、以前にもお話したのですが、社長は店舗の方には常駐しておりません、伝言やパンフレット送付頂きましたらお渡ししておきますが・・・」
「では結構です、またあらためます ガチャ」
が三度ほど。

社長が店舗にいるタイミングまでかけ続けられるつもりなのかなぁ・・・と思います。

で、私考えました。

「○○(会社の名前)ですが、社長様いらっしゃいますか?」
「では、御社の社長様いらっしゃいますか?」
「は?」
「いえ、ですから○○(会社の名前)様の社長です。いらっしゃいますか?」
「何故、社長にかわらないといけないのですか??・・・・(という気まずそうな声)」
「いえ、先ほど、あなたがそう言ったんじゃないですか(笑)以前から申し上げていますとおり大抵は社長は店舗にはいません、伝言かパンフレット送付頂きましたらお渡ししておきますよ」
「もう結構です(バツがわるそうに)ガチャ」

それ以来かかってこなくなりました。ちょっと意地悪が過ぎたか、と反省もするところです。
他業種の店長をしてる友人にこの話をすると、同じ悩みをかかえていたそうで「そりゃ、いいな」との事でしたが、今後はこういう言葉遊びじみた意地悪は、やめておこうと心に決めています。

by koji-shibuya | 2010-02-03 16:11 | その他 | Comments(0)