カテゴリ:眼鏡(商品)( 368 )


2017年 03月 24日

喫茶店のお話し

今日は毛色を変えて、喫茶のお話しを。

先日喫茶店の展示会に行ってきました。

a0150916_1620963.jpg


私は、眼鏡に比べれば、喫茶の玄人というわけではありません。

皆さまからご意見を頂き、営業の方向を考えていっております。
10年営業しても「何が皆さまに喜ばれるのか」模索中です。

ただ、一つ間違いないことは
「美味しいと思わなければ、ご提案ができない」
ということです。

喫茶もメガネもそこは共通している、と再確認をした次第です。

喫茶ノイエは二見店でのみ営業
平日・土曜日は7:30~16:00
日曜・祝日は7:30~14:00
まで営業致しております。

是非ご利用くださいませ。

新メニューは持ち帰り検討して、また発表させていただきます。

by koji-shibuya | 2017-03-24 16:25 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2017年 03月 07日

ZEAL WalZ Alt(二見)

「かっこよくないとダメ」「性能も妥協はできない」
という方から絶大な人気を誇るZEAL

新商品が少しづつですが入荷しています。

その第一弾はWalz Alt

a0150916_1446915.jpg


スポーティでタウンユースでの使用も可能なモデルがまたラインナップされました。

a0150916_1447885.jpg

フレキシブルな機能をできるだけ前面にもっていくことにより
ホールド感をUPさせています。

Altシリーズはやや小さめの物となりますので、
女性でも場合によってはかけていただけます。

a0150916_1449061.jpg

レンズはもちろん、国内最高レベルの偏光レンズ。

これを一度かけると車も釣りもなしではできないという代物。
是非店頭にてお試しくださいませ。

by koji-shibuya | 2017-03-07 14:49 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2017年 02月 12日

Turning Step TP-321(二見・西神戸)

今年は初めて、ミニ四駆の大会に出ようと画策中の渋谷です。

新店オープン以来、全く触る暇がなかったのですが、
半年が経過、ようやく落ち着いてきましたので、触ってます。

明石地区は、練習コースが少なくなってしまって、寂しい限りなのですが、
時間作って、練習して組み上げたいを思います。




本題です。

日本最高のプラスチックフレームファクトリーの谷口眼鏡から
好評のturnnng-stepの新型届いています。

a0150916_10175640.jpg

TP-321

以前のシリーズは、渋谷も現在最もかけている率が高いフレームですが
兎に角「かけ心地がいい」「作りが良い」
と大満足のシリーズで、お客様にも好評いただいていました。

その正常進化。
ブリッジ部分も金属となりました。

a0150916_10194443.jpg

既に流行の真ん中といってもよい、ボストン

さらに金属を入れるスタイルは、見た目だけではなく
かけ心地の良さを さらに向上させています。

a0150916_10244280.jpg

「これさえあれば何もいらない」と以前のシリーズでも
私、形容致しましたが。

今回も、その形容が当てはまるシリーズとなります。

a0150916_10255967.jpg

a0150916_1026132.jpg


店舗によって、入荷カラーは違いますが。

ブラウン・ブルーササ等
間違いのないカラー展開となっています。

是非手に取り、ご確認くださいませ。

by koji-shibuya | 2017-02-12 10:29 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2017年 02月 06日

AKITTO bio(二見・西神戸)

「このフレームは、是非、こう使ってください」
というのは、いわゆる拘りの商品ではよくあること、と思う渋谷です。

それはそれで、一つのご提案の仕方にはなるのですが、

二択あって
お客様に「どちらに致しましょう?」という商品も
やはり面白いと思います。

その二択が
「どちらも最高レベル」だったとしたら
尚の事。。。


AKITTO bio

a0150916_984257.jpg


サングラスとして、
通常のオプティカルとして、どちらもご提案できる素敵な商品です。


a0150916_993469.jpg


イタリアのマツケリ社の新作生地を見て
「この生地を生かす為にこういうデザインを」というパターンは
基本デザインあり気のAKITTO川上氏としては珍しい形。

a0150916_9113378.jpg


メガネの生地"アセテート"の面白さの一つは 色の貼り合わせができることです。
"段落ち"にて、生地の綺麗さを表現しつつ
"段落ち"にて、フロントシェイプの綺麗さを際立たせる。

「素材の良さ」も「デザイン」も 一つの意匠でするのは流石。


a0150916_9141744.jpg

撃ち抜かれました

西神戸店長 中村 曰く
「こんなに綺麗なデザインがかけれるのなら、女性に生まれればよかった」
とのこと。

そこまで言わせるアイウェア
世の中にそうはございません。


二見に2本。西神戸に1本。
早い者勝ちです。

是非。

by koji-shibuya | 2017-02-06 09:15 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2017年 02月 05日

AKITTO mel2(二見・西神戸)

引き続きAKITTOのご紹介。

a0150916_9595044.jpg

mel2

以前あった初代melよりも天地幅(縦の高さ)が3㎜大きくなったモデル


a0150916_10374679.jpg

マドレーヌ(madeleine)からmel

サイドの七宝はフレームカラーによってベストならカラーがチョイスされています。

a0150916_10393237.jpg

カラーによっては一部入荷遅れがありますが、
とりあえず暫定的に入荷しています。

是非。

by koji-shibuya | 2017-02-05 10:40 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2017年 02月 02日

AKITTO ema(二見・西神戸)

あっという間に2月に入り
この間お正月と言っていたのに・・・等と思う渋谷です。

2月に入って新型も入荷し始めてます。

その初めは

a0150916_17553821.jpg

AKITTO

本日のご紹介は「ema」


パリのジャックマール-アンドレ美術館(Jacquemart-André)のドア装飾。
a0150916_17564075.jpg

からema。


いかにもAKITTO風。
でもしっかり現代のトレンドを抑えて

毎回毎回申し上げるのですが
「ノイエ」にとって、次ご紹介したい踏み位置
をしっかり作られてきます。これが本当に不思議。

a0150916_17582530.jpg



a0150916_17592960.jpg

アクセサリーを買うか、メガネを買うか悩んでいただける。
数少ないアイウェアブランド。

それがAKITTOです。

今現在二見本店・西神戸で扱いができていることは
「一つのノイエの指針」であり「「一つの誇り」となっています。



オーバーデコレートしない
でもデコレートはする。

今チャレンジしてほしい形はこうです。
それがemaだと思います。


二見本店・西神戸合わせると全色あります。
どちらにどの色があるかは是非お問合せくださいませ。

by koji-shibuya | 2017-02-02 18:02 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2017年 01月 26日

AKITTO デザイナー来店

たつの市御津まで牡蠣を食べに行った渋谷です。

a0150916_15443518.jpg

「牡蠣=フライ」というイメージが強いと思いますが
「牡蠣の天麩羅」も実は絶品です

渋谷が行ったのは「道の駅みつ」皆さまもよろしければ是非検索を





さて、先日西神戸店にAKITTOデザイナー川上氏来店されました。

a0150916_15465262.jpg


2017 1stコレクション。

今回のモデルは事前の問い合わせもありましたので、写真をザクッと掲載。

a0150916_1548779.jpg

a0150916_1548281.jpg

a0150916_15484388.jpg

a0150916_15485754.jpg

a0150916_15491727.jpg


ema

AKITTOは全般的にですが、写真では質感が伝わりにくいカラーです。

詳しくは入荷後投稿致しますが、
二見店と西神戸で合わせて5色全色注文しております。

是非店頭で。


a0150916_15505341.jpg


mel2

以前のモデルmelをさらに天地幅広めにしたモデル、
こちらもより使いやすい印象に。


そして何より渋谷と西神戸店長中村の心をつかんだのは
a0150916_15522527.jpg

bio

上記二品番に比べると、やや突っ込んだ形をしていますが
これが実に可愛い仕上がり。

a0150916_166117.jpg

やっぱり最高。

二見店にのみですが、並びます。
届き次第詳しくご紹介いたします。

by koji-shibuya | 2017-01-26 15:53 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2017年 01月 15日

seacret remedy S-015 New Color(二見)

雪降りましたね。。。渋谷です。

センター試験の日ですので「何もこんな日に降らなくても」と思います。
親戚に受験生もいますので、「頑張れ」と応援しております。



さて、お久しぶりの商品紹介は二見で人気のseacret remedyの新色

a0150916_11513031.jpg

S-15"Samantha” col.8

レメディは品番に女性の名前が降られています。
この品番はサマンサ。


クラシックでありながら、凛とするデザイン。
だけれども女性用だから、角がある雰囲気ではなく、あくまで凛と。

クラシックはどうしてもオーバーデコレートして、デフォルメっぽく映りがち。
そこを避けて描かれたデザインは、ノイエではご提案の中心ともなっている品番です。

a0150916_11551897.jpg

かけ心地は抜群。
そこを機能性重視ではなく、女性用としてのデザインを保ちつつ表現。

探すと意外と少ない「女性用クラシック」のいいとこどりです。

そのいいとこどりをするに際し、重要なカラーですが

a0150916_11565786.jpg

a0150916_11571058.jpg

a0150916_11572565.jpg


現在4色ございます
実は1色はすぐに取り置きいただいきました。例によって早い者勝ちです。

是非。

by koji-shibuya | 2017-01-15 11:58 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2016年 12月 29日

セラコート×ドゥアン(二見・西神戸)

年末ですね、渋谷です。

今年は公私共に本当に色々あった一年でした。

・10年を迎えた本店は昨日12月28日まで
・今年新規出店となった西神戸店は本日29日 午前まで
・ノイエ・キッズの旗艦店、元町本店は明日30日までの営業となってます。

今年もあと少しですが、何卒よろしくお願いいたします。


さて、今年最後の商品紹介。


セラコート×ドゥアン ロールアウト致しました。

a0150916_9471984.jpg


メガネは顔につけるアイテムです。
その上で、問題となるのは、メッキ剥げ。

手入れを行うことで、かなり防ぐことができますが
海でのお仕事や、より過酷な環境での使用をされる方にとっての朗報と言える商品です。

a0150916_9492045.jpg

セラコートとは
軍用としても使用されているコーティングで
硬度9Hという、非常に硬質な表面処理を施すことにより

耐傷性・耐汗性に優れ
またコーティング剥がれの広がりを抑える性能も有した
男性にはうれしいタフなコーティングです。

a0150916_9521473.jpg

そのタフなコーティングに、
かけ心地に定評のある、ドゥアンとのコラボレーション。

ゴムメタルを使用し、そのかけ心地の良さは
「もう、これしかけれない」というお客様もたくさんいらっしゃるほど。

a0150916_954152.jpg

オーバーデコレートを引き起こす、足し算のデザインではなく
引き算のデザインで、機能美を目指す同社らしい

タフで使いやすいメガネとなります。

是非お試しください。

by koji-shibuya | 2016-12-29 09:56 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2016年 12月 17日

GROOVER THRASH (二見)

またまた投稿が途絶え気味で申し訳ございません。渋谷です。

本日はお久しぶりの「二見本店限定商品」

GROOVER "THRASH"入荷してます。

a0150916_9191676.jpg


渋谷は基本的に
「普通っぽく見えて、どこか少し尖がっている商品が好きです」

というと、二見本店だとUSH byYUICHI TOYAMAが挙がるのですが。
そちらは「普通から、少しエッセンスを入れた商品」

GROOVERは逆でして
「本来ものすごく尖がっている商品ですが、少しかけやすくしてみました」という商品。

結果の立ち位置は近似値なのですが
アプローチが違うと雰囲気はやはりかなり違います。

a0150916_9311321.jpg

いわゆるウェリントン調のスクエアタイプなのですが
角を強めに落としてますので、エッジーな印象があります。

GROOVERのシンボルモチーフである羽も、効いてますね。
羽もカラーによって金色と銀色とあります。

a0150916_924684.jpg

ブラウン

a0150916_9252164.jpg

ブラックハーフ

a0150916_9254022.jpg

グレーササ

の3色。

カラーチョイスも懸命に抑え気味でご用意しましたが、
やはりGROOVERらしさははみ出してしまいます。

がビジネスでも許していただけるコレクション。

多くの方にアイウェアを楽しんでいただければと思います・

by koji-shibuya | 2016-12-17 09:28 | 眼鏡(商品) | Comments(0)