Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 20日

来店予定。~プロとは~

台風の後は、わりかし穏やかな空です。明石。
どうも、間違った倒置法、渋谷です。

あと、明石市の小・中・高の学生の皆様。(一部を除く)
今日から夏休みですね
新学期から、新しいメガネとかいかがでしょうか?

・自慢できるメガネ、
・夏休みも存分に楽しめるメガネ
・新学期デビューできるメガネ

そうさ、人生を変えれるメガネ(?)

二見本店・ノイエキッズともに取り揃えています。
是非ご来店下さい。

という、いかにも責任者っぽい?
コメントもそこそこにさせていただいて。



●FLEYE by AKITTO 川上さんに声を掛けてみました。

FLEYE川上さんのホームページ(ブログ)で
スタッフさんのFLEYEって企画をやってらして。
コチラ と コチラ

「あ、私もかけてるわ」と勝手に画像送信しました。
もちろん無理やり

そして夏モデルというのがFLEYE by AKITTOさんでは出ているんです。
a0150916_1224328.jpg

画像は少ししかなく、名前は「efy」ということしか分かってないのですが
「ああ、これはヤバイ」と感じてます。

ただ、弊社細々と経営しているもんで、大量発注ってことはないので
「遠路セールスに来ていただくのは、恐縮なので、また詳細あがりましたら、注文します」
と私、一言添えたのです。

そしたら
「いや、現物はみていただきたいと思っています」と川上さんの返答。

そうですね、私の方が舐めてました。ごめんなさい。

川上さんに限らず、作成者サイドは「ここに魂がこもっている」わけで
「本物を見てもらいたい、その上で判断を」が本音(できるかできないかは、場合によってですが)

よく考えれば私だって、お客様に電話でご質問受けたとき、もちろん全て出来る限り回答はしますが
「お願いですから、是非是非見に来ていただいて、ご判断ください」って言ってます。

また、是非お会いできることを楽しみにしています。
何か決まればこちらでご報告申し上げます。




●グラスバレーの三須さん、来店されます。

私が最も尊敬する眼鏡屋さんの内の一人、三須さん。

三須さんは眼鏡店の経営者でありながら、
独自で工房を持ちメガネの作成もしている方です。

その工房で、実はノイエキッズオリジナルは作成をしていただく予定なのですが

「生地とか、細かい部分は、絵を書いた人(弊社スタッフ)を話をした方がいいと思うので」
と東京に行かれる道中、来店してただくことになりました。


先ほどの川上さんの話と重複しますが
プロは、妥協しない」んです。

常に最善を求めます。

その最善が良し悪しということで判断してしまいがち、
でそこに妥協点で生まれたりするのが、まぁ普通だと思います。

でも本物のプロは違う
「ま、いっか」は結果論であって、経過で生まれてはならない。

もちろんわかっていた筈ですが、今一度戒めを受けました。
全員に周知して「ノイエもプロの集団だよね」って言っていただけるよう、頑張ります。

by koji-shibuya | 2011-07-20 12:43 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)


<< メガネが外れることが目的ではな...      7月20日 ノイエキッズのオー... >>