2011年 03月 15日

Optician Pride 私達 眼鏡屋にできること

私が尊敬するメガネデザイナー FLEYE 川上さんが動いています。
そして、こう仰っています。

今日はスタッフに川上さんのこの言葉を胸に刻もうと スタッフに言いました、

小売店の皆様は胸を張って商売しましょう。

エンドユーザー様も胸を張ってお買い物しましょう。

悲しむ方々を見て一緒に悲しんでいるだけでは何にもなりません。

是非、よろしくお願いいたします。

※灰色部 転載。


うつむかずに商売をすること

まずはこれが一番。
何も恥ずかしいことじゃない。後ろめたさなんて、どこにもない。


そして「商売以外に、メガネ屋としてできること
何かないだろうか?と探していました。

・・・もし誰も動かないなら、俺一人でも動く
阪神大震災の時、いくら助けて貰った?お前はもう大人だろ!!?
Optician Prideなんて掲げてるじゃないか。
と自分へ。(口語体かつ乱暴な文章で失礼します)


業界の先輩たちが動かない、そんなわけがありませんでした。

コンタクトをとったのは 神奈川県厚木で営業されている ボアール 船津様。
ブログで「眼鏡屋としてできることはしたい、賛同できる方は連絡ください」

個人的に参考にさせていただいたブログの一つだったので目に飛び込んできました。

上司に「やらして欲しい」と相談
「存分にやってくれればいい」と即答の私の上司。
この人も 仁・義・愛の人
だから信頼をもって、部下でいられる。

今朝、船津様に連絡をとると
「福井鯖江自体が動いてくれる」とのこと。先輩達はやっぱり熱い・・・。

このリンクのプロジェクト

株式会社アビット 眼鏡事業部は参加です。

老眼鏡、作って送ります。


同時に参加してくれる眼鏡屋を募集しています。
方法はお伝えしますので、
コメントでも、メールでも、何でも構いません。1本でもいいんです。

また同時に参加してくれる眼鏡系企業も募集しています。(というより声かけまくってますけど)

これを見ていただいた一般のお客様におかれましては
「普通に買い物をしていただければと思います」
メガネに限らず、普通に。
余裕があれば関係各所へ寄付をお願いします。

・平和な場所で普通に生きること
・寄付をすること

何も恥ずかしいことじゃありません。

さぁ、準備するぞ!!

by koji-shibuya | 2011-03-15 12:44 | その他 | Comments(0)


<< 戦う メガネ屋      商品の遅延の可能性について >>