Optician Pride  ~株式会社アビット 眼鏡事業部 代表 渋谷ブログ~

futamineue.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 19日

変わる事、変わらない事 谷口眼鏡 

先日、テレビ番組にて
「秘伝のタレなんておいしいわけがない」
「醤油もみりんも、そんな昔の物より今の物がおいしいに決まってるよ」

と老舗のお菓子屋さんの社長さん(ある程度年配)がインタビューでお話しされていました。

その方も、フォローで
昔ながらのやり方が悪いってわけじゃない。けれどそこに固執すると今に沿った品物はできない
「昔のいいところと、今の技術の革新的なところを合わせて、時代に沿った物を作らなきゃ」

だから"秘伝"と聞いて、とにかく有難がるというのは違う。と。

60歳以上の人の、今言いたい事。みたいなお話しでしたので
"昔は最高で、今はダメ"という方向の番組だろうとみていた渋谷は、びっくりしました。



そしてもう一つびっくりしたのは
全く同じ意味のことを。

a0150916_16225514.png


谷口眼鏡さんが掲げていらっしゃったから。

鯖江最高のプラスチックファクトリーである、谷口眼鏡さんは
「変わらないのは根っこの気持ち、変わるのは時代の工夫」
という、個人的には大好きで、且つ「端的に同社を現した」表現を用いられます


「こちらは、温かみがあるメガネなんです」

等という抽象的な表現を用いることが渋谷はあります。
お客様は「どういう意味?」という顔をされます。

「一度かけてみられてください」

かけていただくと、で多くのお客様は、私の言葉に納得されます。


「お顔に吸い付くような」メガネ
世の中には結構ございます。

が、新しいギミックを用いたものではなく、職人の設計と技量で完結するメガネ


となると、そうはございません。


ノイエ自慢のラインナップの一角。

渋谷はかけています。
二見店長の近藤がかけているメガネもこちらです。
西神戸店長中村も、元町店長清水も口を揃えて「谷口さんのメガネはやっぱりいいですよね」と言います。

弊社に来ている別部門(眼鏡とは関係のない)の営業さんも、
二人とも谷口眼鏡をかけておられます。


ノイエ3店舗すべての店舗にて、品目・品数は違いますが、導入がございます。

是非一度手に取られてください。

# by koji-shibuya | 2017-06-19 16:35 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2017年 06月 11日

男児のメガネとは?(二見・元町)

マイクラでは、ようやく洞穴生活から家の建築に成功した渋谷です。

最初に建てた家は、建築の都合上、真四角。
良く言って「倉庫」という印象だったのですが、

家内が屋根をつけてくれたので、少し家感が出ました。
息子も楽しんでいるようでなによりですが、
次の目標を探さなくてはと、ネット検索中です。






このブログにも検索ワードのランキングというのがあるのですが、
良く上がるのが、「男子・メガネ」

女子のメガネというのは、結構バリエーション豊かにあるのですが、
男子というと少ない印象。

そのボトムラインを支えるべく、登場
a0150916_11175796.jpg

TRUSTY 二見店、元町店に入荷しています。

男子又はこの場合、男児のメガネの条件とは
「若々しく」「華美な装飾がないスタンダード」
何よりも
「丈夫」

もちろん装飾のあるメガネもありますが、こちらは質実剛健の方。

a0150916_112035100.jpg

溶接、マテリアル。

所謂、既存技術の上辺のみを使いましたという形。
これでいい、から、これがいいまで広くカバー。

a0150916_11213834.jpg

色も使いやすい色をチョイス。

眼鏡屋的にはテンプル(弦)の長さが適正化されているのも、ポイント高いです。
(フィッティングの自由度が違います)

男児書いてますが、もちろん女児用もあります。

小学生後半あたりの、あまりないラインの登場です。
是非。

# by koji-shibuya | 2017-06-11 11:23 | 眼鏡(商品) | Comments(0)
2017年 06月 04日

今年こそはサングラスを AKITTO(二見・西神戸)

息子(小2)が欲しがっていた、マインクラフトを買ってみた渋谷です。

「ブロックとか好きだし、クリエティブなゲームっぽいし、絵も可愛いし、いいんじゃないかな」
と、よく知らないまま、思い込みで買いましたが、

呑気に木を伐採していたら、夜はモンスター(主にゾンビ。と言っても可愛い)に襲われる襲われる。

こんなに危険なゲームだったとは。。。。
もっと平和的なゲームだと思ってました。

家内と調べたところ
「夜は外に出てはダメ。が、家をいきなり建てるのは無理だから、洞穴を作ろう」
とのこと。

洞穴を作って、朝になったら伐採・採取に出かけ。
夜は洞穴内で、棒に石をくっつけて、石斧を作り、
また翌朝伐採へ という
"ギャートルズ"ライクな生活を送っています。

いつになったら文化的な生活が送れるのでしょうか。。。

洞穴ほっていたら、中からゾンビ出てきたときは親子で泣きそうになりました。




夏が近づき、日差しは日に日に強くなっています。

「眩しいな」と毎年仰っていませんか?
対策されてますか?

そろそろ、本気でサングラス用意しませんか?


a0150916_1174146.jpg

AKITTOで。


a0150916_1185630.jpg

写真の新型はもちろんのこと。

サングラスをラインナップして、
数年経過しましたので、バリエーションも増えてきました。

かけるなら、気に入った物。
女性の当然の心理だと思います。

a0150916_1138516.jpg


そのままの状態ももちろん良いですが

度入りや眩しさに特効したレンズなど、交換がしやすいのもAKITTOのいい点。
是非店頭にてご相談ください。


今年こそ、
是非。

# by koji-shibuya | 2017-06-04 11:39 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2017年 05月 30日

NHK"あさイチ"で紹介されていたメガネは二見店にございます。

私は出勤してましたので、テレビは見ていないのですが、
NHKの朝の情報番組「あさイチ」で「40代の目のメンテ」という特集があったそうです。

内容は、「斜視」「遠視」「緑内障」と言った話と
並行してメガネの話もされたそうで

その中でseacret remedyのs-010が紹介されたそうです。

a0150916_1182652.jpg

諸事情で、番組の画像はアップしかねるのですが
ご覧になっていた方は「あの女性がかけてた奴だ」となると思います。

ノイエでは、先日の春の展示会の時ももうしあげていましたが
S-010は女性がかけて可愛いクラシックの鉄板中の鉄板品番でして

基本的複数色にての展開をしておりますので
是非二見ノイエで手に取っていただければと思います。

# by koji-shibuya | 2017-05-30 11:10 | 眼鏡(雑事) | Comments(0)
2017年 05月 14日

機能美 DUN 跳ね上げ(二見・西神戸)

「沢山在庫は不要ですが、いくつかは必要」
という商品は、眼鏡屋にはいくつかございます。

その一つが跳ね上げメガネ


a0150916_10303115.jpg

日本最高メタルファクトリー 三工光学が送り出すDUN

入荷しています。


a0150916_10312422.jpg

跳ね上げのギミック部分を、意匠として昇華すること。

足し算の論理ではなく、引き算の論理でプロダクトをする同ブランドらしい。
シンプルかつ、流麗なデザイン。


a0150916_10331721.jpg

かけ心地の良さは、他品番と同じくゴムメタルにてしっかり確保。
しなやかで、腰がある同金属の使い方最適解はこの形だと思います。

弊社のお客様で
「これをかけると他はかけれない」という方はたくさんいらっしゃいます。

柔らかすぎるだけではずれる、硬すぎたら疲れる。
そのマイナスは"かわし切る"

まさに、いいとこどり。

a0150916_10345324.jpg

オープン時もかっこいい事は、
跳ね上げの絶対条件かと存じます。

是非。

# by koji-shibuya | 2017-05-14 10:35 | 眼鏡(商品) | Comments(0)